FC2ブログ

あじさい


10/4(木)小雨~くもり


夕方、着物に着替えて下北沢へ。

「観劇三昧」に行って『ミチカケ』公演のチラシを置いてもらった。

ツイッターでも宣伝していただく。

ありがとうございます。


隣の駅の池ノ上へ移動。代沢東区民館へ。

俳優の下総源太朗氏こと源さんが6日間の集中ワークショップを開催している。

おいらは和の所作で、講師として今日の2時間半を担当する。

源さんは、主役をやるために生まれて来た、エロい俳優。

5年前、ペ・サムシク作『白い桜桃』でご一緒した時も、もちろん主役で物語を背負ってもらった。

今回、このワークショップに女優の桜井昭子さんが参加している。

昭子さんともよくご一緒しているので、楽しみ。。。


久保田万太郎作『あじさい』のあるシーン。

かつて恋仲だった芸者の女と、清元の男が、杯を交わしている。

そのシーンに必要な和の所作を体得するため、まずは足の幅で歩けるようにレッスンを開始。

あぐらや正座ですっと立ち座り、ふんわり斜め座りできるようになった。


様々な年齢の男女がペアを組んで、例のシーンをやってみる。

女が一升瓶でお酒を注ぐのが、結構大変。

舞台上での身体の開き方、重心の取り方、杯を酌み交わす距離感など、細かく詰めてゆく。

袖の使い方なども指南。


改めて、俳優とは様々な要素をその場で体現しなければならないんだなと感心した。

明日からのシーン稽古、観たいわ~。


ワークショップ後、『ミチカケ』チラシを配る。観に来てね。


駅前の居酒屋で談笑。

『あじさい』の主人公の女について、あれこれ語る。

出会ったら最後、男はその女に飲み込まれて、人生の軸を失ってゆく。


源さん、昭子さんは、経験豊かなお方ゆえ、様々な現場の面白い話をしてくださった。

(面白すぎて、ここでは書けず。)


参加者の中でぶっちぎりで上手かった俳優さん、足に大怪我されたことがあるそうで。

なんと、事故で鉄の棒がふくらはぎを貫通。

足が短くなってしまったけど10回手術して、6cm位足を伸ばすことができたのだそうな。

大怪我を乗り越えて、舞台に立ち続ける道を生きている姿に感動。。。

今度、所作のレッスンに来たいとのこと。

あれだけの演技力があるなら、身体の基盤をしっかり作れば、よい流れに乗れるんじゃないかな。

応援したくなる、そんな人。


源さん、講師として呼んでくださり、ありがとうございました。

またご一緒できる日を楽しみにしています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
訪問、ありがとうございます。

日記を書くという行為は、一日一日、己の生を記すということでもあります。

それは、生かされていることの感謝を記すことでもあり
今を大事にすることにつながってゆきます。

日々機嫌よく暮らして、青い星で起きる出来事を記してゆきます。
隣人のあなたの元に、ほっこり時間を届けられたら幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード