FC2ブログ

星のごときもの


4/15(日)くもり


昨日から『宗教を考えるヒント』を読んでいる。

著者の藤原成一先生の言霊はエキセントリック。

3ページずつ、様々な角度からどう生きるかのヒントが綴られている。


室生犀星の詩『何者ぞ』がグッとくきた。

何者か割れたり

我が中にありて閉ぢられしもの割れたり

かれらみな声を挙げて叫び出せり

桃の実のごときもの割られたり

星のごときもの光りだせり


そう。光は自分の中にある。

闇だって、自分の中にある。

光は産声をあげ、隠しておきたかった闇から溢れ出す。


アーティストは闇を見つめる勇気がある。

光は自ずと発光し、沢山の人の内なる光の発光を助ける。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
訪問、ありがとうございます。

日記を書くという行為は、一日一日、己の生を記すということでもあります。

それは、生かされていることの感謝を記すことでもあり
今を大事にすることにつながってゆきます。

日々機嫌よく暮らして、青い星で起きる出来事を記してゆきます。
隣人のあなたの元に、ほっこり時間を届けられたら幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード