FC2ブログ

ゆらぎさえも


4/13(金)はれ


風邪薬を飲んで、おとなしく寝ている。

ベッドの中で『明恵 夢を生きる』河合隼雄著を読了。

感慨深いわ~。

19歳から40年間、夢日記を書き続けた明恵上人。

彼の修行が夢と呼応し、悟りへの道を辿って行くことができる。


臨床心理学者の河合氏が、明恵上人を偉人としてでなく、一人の人としてゆれながら歩んだ様を解き明かしている。


次は、彼の和歌を中心に辿って行くかな。

並行して、仏教、華厳経、鎌倉時代の歴史や法然、親鸞との対比も明確にしてゆかねば。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
訪問、ありがとうございます。

日記を書くという行為は、一日一日、己の生を記すということでもあります。

それは、生かされていることの感謝を記すことでもあり
今を大事にすることにつながってゆきます。

日々機嫌よく暮らして、青い星で起きる出来事を記してゆきます。
隣人のあなたの元に、ほっこり時間を届けられたら幸いです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード