一期一会


3/8(木)雨


友人のヨーコさんと東銀座でランチ。

韓国薬膳料理「尹家-ユンケ-」でご馳走になった。


1月に会う予定だったのだけれど、おいらがインフルエンザになったので、日程をずらしてもらったの。


個室でゆったりと談笑。

女性のシェフが作っているそうで、料理のひとつひとつが美しく、やさしい味で、楽しめた。


彼女には去年の韓国公演の支援をしてもらったので、お礼の台本とフォトブックを渡した。

喜んでもらえて嬉しいわ。

韓国公演での様々な経験を報告。

彼女はソウル公演を観ると言っていたのだけれど、都合がつかなくなってしまって、残念だったな。


イケメンのウェイターさんが台本を見つけて「韓国語ですね」と話しかけてくれたので、ヨーコさんが公演の経緯を説明してくれた。


「軍隊行く前までは、俳優をしていたんです。」と彼。

へ~~!そうだったんだあ~。

テハンノの街で公演のポスターを貼って、警察に捕まって反省文を書いたエピソードや、当時は小劇場が15箇所だったことなどを語ってくれた。

今、テハンノは200余りの劇場がある。

彼のお姉さんが女優さんなのだそうな。


こういう一期一会のやりとりって、胸が熱くなるなあ。。。


カフェ「樹の花」でコーヒータイム。

彼女とは2014年のブラジルW杯、リオデジャネイロで出会ったので、今年のロシアW杯はどうするかであれこれ話した。

世界中を軽々と旅するヨーコさん。

昨年末のクラブW杯をアラブ首長国連邦のアブダビまで観戦しに行ってたそうな。

彼女からはα波が出ているので、とってもいい気分になる。

それを伝えると、面白い話をしてくれた。


気功やヨガ、太極拳などをしている人は、パワースポットに行くと、気が吹き出ているのが分かるんだって。

それは、特別なことではなく、私たちは宇宙の雄大な気の流れに包まれて生きているのだけれど、それに気づいてないだけなのだそうな。


おいらも、場所の気の流れや、生き物の気の流れには敏感な方。

旧東海道沿いに引っ越してきて、いつもふんわりした何かに包まれている感覚で暮らしている。


おいらの着物の師匠は、気功の師範でもある。

出会ったばかりの頃、十年以上前かな。京都で一緒に飲んでいたらこう言われた。

「気功でマスターできてない部分があったのだけれど、あなたと話しているうちに解決した。繋がった。ありがとう。」と。

嬉しかった。

それは、ヨーコさんと話している時と同じ感覚で、お互いのエナジーが無限のゆりかごのような音楽を奏でている。至福の時空。


優れたダンサーや俳優は、気配を消すことも出すことも自在で、舞台に様々な模様を描き出すことができる。

おいらは演劇の現場にて、気の流れで作品世界を構築することをやってきたんだなあ。


気づいて生きるか。

気づかないまま生きるか。

動物的なこの感覚、大事にして生きて行こうっと。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード