スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しわしわの手


4/9(日)雨

昨日はあれから小雨が止んだので、午後、権現山公園で友人らとお花見をした。
満開の桜が散る中、のんびり過ごすことができた。

今日はザーザー降り。
週末に着物レンタルの問合せがあったお客様から「またの機会に」と返信が。
そりゃそうよね。

化繊の着物を着て、クロモンカフェへ。
店主の薄葉さんに挨拶。のんびりモード。

小学4年生になった男子は、お母さんと袋詰めのお手伝いをしている。
寄付でいただいたお菓子を「子ども食堂」で配るんだそうな。
お裾分けでチョコをいただく。わ~い!

耳かき部屋をセッティングして、ランチもぐもぐ。
今日は商店街で「おばちゃんち」主催の子どもたちの忍者修行のイベントがあったのだけれど、中止になったそうな。
しながわ運河まつりも、野外ステージはずぶ濡れで大変だろうなあ。
アンティーク着物の骨董市のお知らせもらってたけど、行けなかったな。

薄葉さんのいい話を聞いて、涙ぐむ。
今は書けないけど、そのうち形になるときが来るので、お楽しみに。。。

薄葉さんの古いお知り合いの家族がご来店。
「モヤさま観ましたよ」とお父さんがニッコリ。
小さな娘さんが、チョコのついた手で、おいらをポンポン叩いて笑っている。
大丈夫。今日は化繊の着物だし。
心を開いたまんまで、自分は帯をポンポン叩いて笑っている。

薄葉さんの旦那さんが到着。
娘さんが彼の元へ行き、腕をポンポン叩いて笑っている。
何でもかんでも「これ何?」と訊く娘さん。
答えの中でじんときた台詞。

娘「これ何?」
旦那「しわしわの手」

しわしわを言葉にできるって、年を重ねることを受け入れているから。
そういえば、明治生まれの祖母は、おいらの記憶の中で、すでにしわしわだった。
瞳は薄く濁り、背中は少し曲がっていた。
でも、そこにマイナスの感情は入らなかった。
祖母のことが大好きだったから。

生き物は平等に死に向かって老いてゆく。
魂は、それを受け入れながら旅を続けている。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。