スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うねり


12/18(金)はれ

なでしこジャパンを牽引してきた澤穂希選手が引退を発表したわね。

「苦しい時は私の背中を見なさい」
とメンバーを引っ張り、2011年の女子サッカーW杯ドイツ大会で
初優勝を果たしたキャプテン。

「やり切ったので悔いはない」と澤選手。

それを言えるって、すごいことだな。
おいらからも「ありがとう」と言わせていただきます。


夕方、着物で根津駅へ。
この町、やっぱり好きだなあ。。。
根津教会へてくてく。サイレント映画上映のお手伝いで。

映画『極北の怪異』

Silent Cinema Night at Church vol.9 聖なる夜の上映会

1922年製作 監督:ロバート・フラハティ
カナダのエスキモーの生活を、サイレント映画専門の伴奏ピアニスト
柳下美恵さんの演奏で楽しむ。
http://mie7thheaven.tumblr.com/post/131615799111

相方の愛ちゃんがキモノブカフェを運営しているので
売り子のお手伝い。
根津教会は、大正時代に建てられた趣のある教会。
ついつい、響きのチェックをしてしまうわ。

カフェの一番人気はジンジャーハニーミルク。
他にも、根津界隈の古本屋さんらが出店していて、いい雰囲気。
お客さんもゆったりとしたステキな人ばかりで、働いていて楽しい。

牧師のウイットにとんだ説教の後、上映が始まった。
客席は満員。おいらも後ろの方で鑑賞。

しまった。字幕が見えない。
(おいらはガチ目で眼鏡が必要なのに、なしで生活してて
 映画などは最前列で観る派。サッカー観戦はコンタクトを使用。)

まあ、字幕はいいや。映像と演奏を楽しもう。

マイナス30度の極北の地を、犬ぞりで移動しながら生活する一家たち。
生きるために他の生き物の命を奪う日々。

彼らは仕留めた獲物を解体する前に、祈りのような仕草を行っていた。

後で調べたのだれど、衣服はカリブーの毛皮を二枚重ねにして
(表と裏に毛が出るように)、ブーツはアザラシの毛皮を
使っているそうな。

カマクラのような家を小一時間で作って、寝泊まりすることもあれば
吹雪の中、風よけもない白い大地の上で、眠りにつくこともある。
雪の上に、木切れのようなものを敷いて、大きな毛皮のシーツを敷き、
裸になって家族が並び、衣服や毛皮の布団をかけて眠る。

彼らには「怒り」という感情がないと聞いたことがある。
生きるために家族で団結し、助け合って暮らしている。

100年前に、この生活が当たり前だったことに敬意を
感じずにはいられない。

上映後、ピアニストの柳下美恵さんと談笑。
地球のうねりを想わせる、素晴らしい演奏だったな。
これを機に、いろんな無声映画観てみたくなったよ。

いい経験ができたなあ。
愛ちゃん、ありがとうね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。