スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪と犬


8/15(土)はれ

今日は太平洋戦争が終わった日。
家族を守るために、他国の人を殺す行為が成立するのが戦争の正体。

安部首相の談話を読んだ。
世界中で戦う流れになってゆく時代があったからこそ
これからは国々が互いに助け合いながら歩んで行けるよう
国民ひとりひとりの言動が大事になってくるな。


夕方、KAIDO books&coffee へ。
舞台美術家の杉山氏、奥さん、娘さんに遭遇。
偶然会えるのって、何とも嬉しい。

ここ数日、井戸と座敷の位置的なことを考えてたのよね。
さっそく杉山氏に相談。

しながわアーティスト展2015の中で、杉山氏の舞台美術(土蔵相撲)
で上演する団体の方々と、近々打ち合わせすることに。
今日、直接話せてよかったわ。

昨日から読んでる本を手に取る。
江戸時代の旅籠屋で詠まれた川柳集。品川宿編。

『川柳江戸四宿考』佐藤要人著/太平書屋

やぼと化けもの品川に入みだれ

やぼ(野暮)とは薩摩藩士のこと、化けものは坊主のこと。
品川の客層の中身は、坊主五割、藩士三割、町人&旅人が二割
だったそうな。

おもしろエピソードふたつ。

江戸時代、頭を丸めてるのは、坊主と医者だったので
坊主は医者に化けて旅籠屋に通ったんだそうな。
ところが、刀を差し慣れてないので、座敷に忘れて帰ることも
しばしばだったとか。

薩摩藩士は「猪の肉食わせろ」と横暴に振る舞うので、こっそり犬肉を
出したら「さっぱりして美味い」と平らげたそうで。
おかげで、品川近辺の野良犬がいなくなって、大崎まで探しに
行ったとか。

猪は‥‥山の近くに行かないと、会えないよね。。。

ふと、昔、春日大社の茂みで、猪が通り過ぎてゆくのを目撃した
ことを思い出した。
大きかったなあ。。。

よっし。読了。
明日は、他の宿場町のことを調べようっと。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。