海道


8/12(水)くもり

午後、KAIDO books&coffee へ。
二階の、自分の棚に置いてあった数冊の本を手に取って
テーブルにつく。

今日は、親子連れがいた。
席が空くと、入れ替わりでお客さんがやってくる。
これが品川宿の風通しの良さなんだろうなあ。。。

品川宿の旅籠屋の本を読み始めた。

『品川宿遊里三代』秋谷勝三著/青蛙房

幼少時、かっちゃんと呼ばれていた作者の想い出話が面白い。
明治生まれの貸座敷屋の息子、かっちゃん。
朝四時から聞こえてくる魚屋のかけ声から、眠りにつく火の用心の
拍子木の音まで、細やかに生活の音を記していたり。
店に出入りしていた職人さんや、商人とのやりとりが丁寧に
描かれていたり。

情に厚い町だったことが、ひしひしと伝わってくる。
ニコニコして読書していると、ワクワクエネルギーを感じた。
顔を上げると、店主の田中氏が沢山の本を抱えて
品出しに精を出している。
観光でふらりと訪れたおじさんが、地元の本のコーナー前で
語り出している。

今日中に読了したかったけど、いい時間になったので帰ることにした。
今日も、自分用の棚に本を仕舞ってっと。

スタッフさんに挨拶して、店を出た。
は~~。明治~大正時代の品川宿、歩いてみたかったなあ。
すぐそこの海で泳いでたんだもんなあ。。。

明日は、新宿で衣裳の大西氏と生地探し。
良い生地を見つけて、夕方にはかっちゃんの世界に入って行こうっと。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード