スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥獣戯画展


6/5(金)くもり~雨

午後、雨が激しくなってきた。
友人が知らせてくれた「鳥獣戯画展」を観に、東京国立博物館へ。
京都・高山寺の秘宝、鳥獣戯画の絵巻物目当ての人々がわんさか。
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1707

おいらが敬愛する明恵上人が開いたお寺。
上人が大事にしていた石や、子犬の彫り物も間近で観られてハッピー。
上人の肖像画は、松の木の幹で瞑想しているところを、上の梢の方から
リスが見つめている。
(キュン。。。)

上人が天竺に行こうとして、春日明神様に止められて断念する絵巻物
にもぐっときた。

おいらの前にいるカップルが、なぜ上人は右耳を切ったのか
話し合っている。
「うっかりなんじゃない?」
いやいやいや。うっかりは切らないよ。と心の中で応える。

書物では「仏道に邁進する決意として」と記されている。
大学時代の日本文化史の授業では、藤原先生が
「上人は美形で、お寺に身を寄せていた未亡人に恋われることが多く
 カタワになれば修行に集中できると思い、耳を切り落とした。」
って言ってたな。
(衝撃だったぜ。。。)

上人が19歳の時から記していた夢日記の中で
「夢の中で女性と危うくなっても、それを避けることができた。」
と記されていたな。

友人が「善財童子」が良かったって言ってたのを思い出しながら
そのコーナーを鑑賞。
上人が善財童子を愛し、善財童子のように一生謙虚に勉強を続けた
ことが伝わってきた。

第一、第二展示室を回り終わって、いよいよメインの
鳥獣戯画コーナーへ。
その列に並んだものの、ここから150分待ちとな。
ふ~~~。

人酔いしたのと気圧の関係で、偏頭痛がやってきた。
しばし踏ん張っていたのだけれど、頭痛には勝てず脱落。
無念でござる。。。

休憩コーナーで、画集をパラパラと観て良しとした。
またの機会があるさ。きっとある。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。