山伏→天狗


5/3(日)はれ

冷蔵庫から、文旦を取り出して、剥いている。
表皮はくたびれてシワシワ。
中身は甘酸っぱくてジューシー。

春に柑橘系の果物をしっかり摂取しておくと
夏バテしないんだって。
今から夏の身体をつくっておこうっと。

てくてくと近所の図書館へ。
フロアに入った瞬間に喉が苦しくなった。
広いんだけど、酸素が少なくて乾燥してる~。
移動して、水分補給。

再びフロアの中へ。
最近、感覚が開いてるから、ほどよく閉じないとな。

ノートパソコンが使える席につく。
(貧乏ゆすりをしている人や、キーをバシバシ叩く人からは
 距離をとる。)

いつもなら、サッカー雑誌を手に取るのだけれど
今日は情報を入れたくないと脳みそが言っている。

先日、益子の友人から聞いた、山の中で天狗に遭遇した話を
思い返している。
(鳥肌が立つ程怖いので、ここには書けなくてすまぬ。)
劇作家として、心の闇をどう抽出するかなあ。。。

書きかけの日記を読み返し、形にしてゆく。

書く作業は、心が落ち着くなあ。
落ち着くって、生き物として幸せな状態だよなあ。。。

「自分をご機嫌な状態にできる方法をたくさん持っている人は
 自立している人だ。」

って、ある舞台監督さんが言ってたな。
自分の命を自分で立てられる人ってステキ。

彼をキャラクター化するとしたら、しなやかな山伏に近いかも。
(岩場をひゅんひゅん飛びながら、あらゆる現場を成功に
 導いてゆく。)

そういえば、天狗という妖怪は、山伏が修行してゆく中で
自分の能力を鼻にかけた成れの果てと聞いたことがある。

それって、何のための修行なんだろう。
修行の先に見えてくるものって、エゴじゃない。

秋の公演に向けて、妖怪のこと、もっと色々調べなきゃな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード