ヌイヌイ


3/30(水)はれ

昨夜のサッカー観戦で怪我をした山口選手の状況をチェック。
ダイジェストの映像もチェック。

ロシアワールドカップ最終予選は9月から始まる。
12ヶ国が6チームずつ2グループに分かれてホーム・アンド・アウェイ
で対戦し、各グループ上位2チームが本大会出場権を獲得。
3位同士の勝者はプレーオフで北中米カリブ海地域の4位と残り1枠を
懸けて戦う。

最終予選の組み合わせ抽選会は4月12日(火)に行われる予定だそうで。
日本とシリアの他、サウジアラビア、オーストラリア、カタール、
イラン、タイ、韓国、ウズベキスタン、中国、アラブ首長国連邦、
イラクが進出を決めている。
北朝鮮は残れなかったのね。
タイが食い込んで来たのが興味深い。

アジアの戦いは簡単ではない。
選手たちの更なる成長を期待しているわ。


キモノ時間「ソレカラ」の着物レンタルに向けて下着類の整備中。
二部式の襦袢の半襟を新しいものに付け替えている。
ひたすら縫い針を動かす。

ここ数回で、だんだん襟付けが上手くなってきたな。

襟はうなじを美しく見せる大事な部位。
丁寧な準備は、ハレの場を美しく演出することになる。

アドレナリンが出てるから、夏の襦袢の半襟も換えちゃおうかな。

去年は、浴衣ばかり着てたから、絽や紗の着物をもっと着よう。
気持ちは夏へと飛んで行くのだった。。。


スポンサーサイト

祝・100回


3/29(火)はれ

夕方、しっかり花粉&防寒対策をして、埼玉スタジアム2002へ。
浦和美園駅は青い人々でいっぱい。
早足で歩いて、スタジアムの南門へ。

友人のヨーコさんと待ち合わせ。
今日はサッカー日本代表のシリア戦。
彼女がメインスタンドのいい席を取ってくれて、嬉しいなあ。
スタジアムの雰囲気、ワクワクする~。

席に着くと、選手のアップが始まった。
シリアの選手は、がっしりしてるなあ。

選手紹介の後、選手入場が始まった。
ん?岡崎選手が先頭だ。そして、キャプテンだ!
共に国歌斉唱。
シリア用のアウェイ席は、5,6人のシリア人が旗を振っている。
「大使館の人たちかな。」とヨーコさん。


試合が始まると、日本が攻めているものの、シリアの固い守備で
0-0の時間帯が続く。
前半終了間際に、相手選手のオウンゴールで先制。

後半、山口選手がシリアの選手と接触して、担架で運ばれた。
遠目から見ていても、危険な競り合いだった。
6万人近くの観客が山口選手の名前を連呼している。

交代で原口選手が入り、ボランチながらドリブルでグイグイ攻め入る。
流れが変わって、香川選手、本田選手、香川選手、原口選手と
ゴールラッシュ。
シリアにカウンターを狙われてヒヤリとするシーンもあったけど
5-0で勝利。
ロシアワールドカップ2次予選のグループEを首位で通過することが
できた。
(シリアは2位通過で、日本と共に、最終予選に進む。)

試合後、代表出場100回となった岡崎選手のセレモニーが始まった。
観客の拍手に包まれ、岡崎選手が感謝の気持ちを言霊にした。
彼は、プレミアリーグのレスターで優勝争い中の身。
進化と勢いに乗った彼の今後から目が離せないわ。

は~~やっぱりスタジアム観戦はいいなあ。
帰宅に時間がかかるけど、この楽しさはやめられないわ。


記念品


3/28(月)はれ

デパ地下で、お菓子を物色。
キモノ時間「ソレカラ」のアトリエ周辺のお宅に
開店の挨拶をするため。
パンフレットも出来たし、怪しい者ではないことを知らせておかねば。

洋菓子にするか、和菓子にするか。
甘いものにするか、しょっぱいものにするか。。。
一通りお店を見て、揚げ餅に決定。
賞味期限も長いし、パッケージが桜色で華やか。

のし紙をもらって、帰宅して筆ペンで清書。
「記念品」と記す。

よっし。週末に挨拶に行くわよ。。。


キモノ時間「ソレカラ」


3/27(日)はれ

お昼前、自転車で品川インターシティへ。
広場で大々的にフリーマーケットが行われている。

友人夫婦&坊やと待ち合わせ。
二人とも、この間のキモノ時間「ソレカラ」のオープンアトリエに
来てくださって、普段着の着物デビューをしたいとのこと。
まずは古着からということで、アドバイスすることになりまして。

三箇所、着物のお店があって、その中で一番大きなお店にGO!
お~~!今日はいい物がたくさんある~!

まずは男性の着物を物色。
丈やしみ、ほつれをチェック。

女性の着物や帯もチェック。
おいらが細かい説明をしながら物色していると
他のお客さんに、お店の人に間違えられた。えへ。

キープした着物を羽織ってみる。
男性の着物は丈が短かったり、背中の穴(虫食い)が気になったり。

女性の着物は、小紋で品のいい物が見つかった。
友人もニコニコ。
おいらも「妖怪耳かきババァ」用の地味目の着物をゲット。

また来ようねと笑顔で別れた。

おいらは渋谷にお買い物。
兄夫婦へのプレゼントを買いに。

帰宅すると、友人から着物写真付きのメールが。
彼女のお姉さんが着物好きで、帯を貸してくれたので
早速さっきの着物を着て、近所にお買い物に行ったのだそうな。
よく似合ってる~~。

キモノ時間を楽しむ友が増えるのは嬉しいな。
またサポートさせてね。


旅好き


3/26(土)はれ

午後、着物に着替えてテクテクと御殿山へ。
「御殿山さくらまつり2016」に顔を出しに。

桜はまだ二部咲きといったところ。

磯崎新氏作の茶室「有時庵」でのんびりしていると、舞台美術家の
杉山氏&娘さんに遭遇。
奥さんは今、舞台に出演中なのよね。
杉山氏は二級建築士でもあるので、建築家の視点から色々説明を
してもらった。
へ~~え。また見る目が変わって面白いわあ。

この辺りは、江戸末期に台場(砲台を置く場所)を造るため
山が削られた所。
庭に出て、彼の説明を聞きながら、当時の景色を想像した。

メイン会場へご一緒させてもらった。
たくさんの屋台が出ていて、お客さんもいっぱい。
少し前に、花魁道中が終わったところなんだって。
(もうちょっと早く来れば良かったな。)

いろんなイベントもあって、楽しそう。
でも、おいらは耳かき屋があるから帰らなきゃ。

杉山氏と別れて、クロモンカフェへ。
満席なので、近所の親子に混じって一緒にモグモグ。
男子が、炭酸飲料をプレゼントしてくれた。
わ~~!ありがとう。

忙しいランチタイムが終わって、若い男性の耳をかきかき。
彼は最近、着物デビューしたばかりで、丸屋に雪駄を買いに
来たんだって。
お~~!着物男子が増えるの、嬉しいなあ。
着物談義で盛り上がり、耳かき後、購入した雪駄を見せてもらった。
うわ~~、竹皮の品のいい雪駄。

「今度は着物で耳かきに来てね」とお願いした。

イラストレーターの深沢ユリコさんの耳もかかせてもらった。
彼女はクロモンカフェのロゴや看板、襖のペインティングを
担当している。

旅好きの彼女は明日から与那国島に行くそうで。
旅の話で盛り上がった。
ユリコさんとゆっくり話せて、よかったな~。
気をつけて行ってらっしゃい。



3/25(金)はれ

夕方、着物に着替えてクロモンカフェへ。
夜担当のトチアキ氏に挨拶。

耳かきのお客様がもうお待ちで。
そそくさと「妖怪耳かきババァの耳かき屋」の準備をする。

若い女性のお耳をかきかき。
近くのゲストハウス品川宿に宿泊して、今夜、夜行バスで
四国に帰られるそうな。
笑顔のステキな女子大生。
就職活動中だそうで、またお店にも来てくださるとのこと。
いい仕事先が見つかりますように。

あ!耳かきババァのステッカー渡すの忘れた~。
またいらしてくださいますように。

「うなぎのねどこ」の田邊さんが、メイクアップアーティストの
ユミさんと談笑している。
さっき、御殿山さくらまつりに行って来たんだって。
寒くて凍えてしまったとのこと。
おいらも明日、行かなきゃな。

お二人とも、耳かき部屋に来てくださった。
楽しく会話しながら耳をかきかき。

耳かき後「ほこほこあったかい」とニッコリなお二人。
エロ着付けの話で盛り上がっていると、近くの席の女性客の方も
会話に入ってきてくださった。
今度、キモノ時間「ソレカラ」のアトリエに来てみたいとのこと。
ぜひぜひ~。

顔を合わせて、こうしてご縁がつながってゆくのが嬉しいわ。

耳かきのスタンプカードが残り少なくなってきた。
海丸ちゃんがデザインしてくれた新しいカードを印刷せねばな。


未知


3/24(木)雨~くもり

午前中は、女子大生の着付けレッスンだったのだけれど
体調を崩してお休みになった。

時間が空いたので、ヤフーオークションで草履をチェック。
これから、レンタルで草履が必要になるから、何足か揃えないとな。

午後、中年の男性がアトリエにいらっしゃった。
昨日、呉服店「尾張屋」に置いてあったパンフレットを見て
連絡をくださった。
お子さんの入学式で、奥さんの着物を着付けてほしいとのこと。
以前、買った着物(加賀友禅)があるとのことで、見せていただいた。

薄黄地に桜模様の美しい訪問着で、仕付け糸がついている。

着物を着るのに必要な小道具の用紙(イラスト入り)を渡して
他に何が必要かを説明した。

着物に詳しくない人からしたら、何が必要なのか、未知の世界よねえ。

奥様の容姿を訊いて、合わせる小道具の色を想像。
手元に写真がないとのこと。

「妻と相談して、また伺います。」とのこと。

おそらく、奥さんは乗り気じゃないんだろうけど、ご主人が猛プッシュ
してるんだろうな。

いい入学式になるよう、心を尽くしてサポートさせていただきます。


祝・卒業


3/23(水)はれ

早起きして、キモノ時間「ソレカラ」のアトリエで着付けの準備。
慈愛プロジェクトの相方、愛ちゃんも到着。
今日は彼女のお友達、ララさん(インドネシア人)の着付けをする。
彼女は美大の卒業式に着物&袴スタイルで出席したいとのこと。

まずは、髪結いから。
スッキリとアップにして、髪飾りは後でつけることに。

着付けは、愛ちゃんにサポートしてもらいつつ、いい感じに
仕上がった。
ララさんの好みで髪飾りの位置や角度を決めて、完成!
すらっとした美人さんだから、様になってるわ~。

拍手をして、彼女の出発を見送った。


午後は、しながわアーティスト展の関係者で、品川宿の史跡巡り。
総勢10人で4時間ほど、あちこちを見て回った。
(それについては後日アップしますね。)


夕方、卒業式を終えたララさんがボーイフレンドと来店。
洋服に着替えてから、今日の写真を色々見せてもらった。
美大生の彼女はテキスタイル専攻で、卒業制作の作品にうっとり
してしまった。
バティックと独自の世界観が融合した、美しい色や曲線。。。

故郷のインドネシアから、ご両親と妹さんも来てくれたそうで。
皆の笑顔がステキで、ニンマリしてしまった。

外国の大学で学んで卒業するということは、大変なことだよね~。
おめでとうございます!

ララさんは卒業後も日本で活動してゆくそうで。
ゆくゆくは、キモノ時間「ソレカラ」とコラボして着物や浴衣を
作っていこうねと話した。

ボーイフレンドの彼も、着物に興味津々とのこと。
『坊ちゃん』の主人公が務まりそうなイケメン。
ぜひ今度着付けさせてほしいわ。

大切な日に着物を着る。
そのお手伝いができて、嬉しい一日でした。


翌日


3/22(火)はれ

ベルギー・ブリュッセルの空港と地下鉄で、爆破テロが起きた。
世界をひとつの思想で支配しようと、破壊や殺戮を繰り返す
人間の歴史を憂う。
テロに巻き込まれて亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。


昨日のオープンアトリエで、お客樣方が着た着物が15枚。
陰干ししておいたので、畳むとしよう。

ここにある着物は、ほとんどがいただきもの。
干してある着物たちがニコニコしているような心地がする。
箪笥の中に眠っていた着物たち。
着物に包まれた人々は、皆笑顔になった。

一枚一枚の着物に、物語がある。
ここで新たな出会いがあり、様々な物語が生まれてゆく。

そこに立ち会える歓び。


明日の着付けで使う長襦袢に、半襟を縫い付けている。
うす桃色の半襟は、大学の卒業式を迎えるララさんが身につける。
黙々と針を動かす。
襟がビシッと決まると、うなじのカーブも決まる。

よっし!できた!
襟芯を入れて、襟元のカーブをチェック。
うん。いい感じ。

明日は早起きなので、早く寝ようっと。


オープンアトリエ


3/21(月)はれ

今日は、キモノ時間「ソレカラ」のオープンアトリエ。
相方の愛ちゃんと、いそいそ準備を進める。

オープン前に、クロモンカフェの薄葉さんが様子を見に来て
くださった。
ご自身のお店が開店する前に、顔を出してくださる心意気に感動。。。

オープンの11時から17時過ぎまで、引っ切りなしにお客樣がいらして
くださった。
ご家族連れやお友達同士、クロモンカフェからいらしてくださった方など。
お花や差し入れ、ありがとうございます。

着物羽織り体験が大人気で、総勢15名様に好きな着物を着ていただいた。
みんな、着物を着ると、とってもいい表情になる。
(その人の本来の美しさが立ち現れるというか。。。)

友人のピエールさんのご両親がフランスから来日中で、アトリエに来て
くださった。
お母様に着物を選んでいただいた。
なんと、おいらが勧めようと思っていたのと、お母様が選んだ着物が
同じで興奮!

お母様が
「ホテルに着付け体験ができるパンフレットが置いてあればいいのに。」
とのこと。
「フランス語に訳す時は、僕がやるから。」とピエールさん。
ありがとうございます。

お客様に「ごっくん馬路村」をお渡ししていたので
残った瓶を数えると、40名様以上いらしてくださったことになる。

おいらは、ずっと着付けに専念していて、さすがに疲れたな。

いい出発の日となって、皆様に感謝です。
ここから、また少しずつ形にしてゆくぞ。


暖簾越し


3/20(日)はれ

午前中、キモノ時間「ソレカラ」のオープンアトリエに向け
あちこちピカピカにお掃除中。
明日は晴れるようだし、よかったよかった。

午後、ソレカラのポスターを尾張屋さん横の木壁に貼る。
よっし。いい感じ。

クロモンカフェで耳かきタイム。
ご新規さんと常連さんの耳をかきかき。
常連さんがおいらに耳をかかれながら、薄い暖簾越しに店主の
薄葉さんと話している。なんとも幸せな時間。

夕方から夜クロモンの宴会のお手伝い。
夜担当のトチアキ氏に挨拶。
ほんとは、お手伝いしている場合じゃないんだけど
助け合いということで。
店主の薄葉さんも乾杯まで手伝っている。

今夜は、ママとお子様の総勢20数名様。
ママたちはカシスオレンジがお好みで、たくさんおかわり
していただいた。
デザートまで出たところで、おいらは帰らせてもらった。

よっし。
アトリエオープンの準備に向けて、もうひとふんばりしよ。

誕生日


3/19(土)はれ

午前中、キモノ時間「ソレカラ」のオープンアトリエに向け
せっせと着物を棚に陳列する。
ほとんどの着物が、お知り合いからいただいたもの。
ありがたいなあ。。。

午後、クロモンカフェで耳かきタイム。
常連さんの耳をかきかき。
店主の薄葉さんの肩ゆるめもさせてもらう。

昼クロモンが閉店後、薄葉さんがアトリエに観葉植物を運んでくれた。
ありがとうございます!

夕方、夜クロモンで、近所の男子、ハル君の誕生日会に参加。
みんな、いろんなプレゼントを渡している。
男子はスターウォーズが好きねえ。。。

おいらは、いつでも耳かきできる耳かき券とお菓子をプレゼント。
(彼は耳かきの常連なのだけど、子どもは無料のため
 大人のお客さんが来ると後回しにされるので
 いつでも使える券を渡したというわけ。)
喜んでもらえて、よかったわ。

誕生日っていいものだなあ。
自分の記憶を辿ると、台風で雨戸を閉めてゴーゴー音がする中、
ケーキのロウソクが灯っていた画が浮かぶ。

ケーキのろうそくを吹き消すハル君。
みんなにお祝いされて、にっこにこ。
君の成長を近くで見ていられるのが楽しみだよ。

よし、これからキモノ時間「ソレカラ」のポスターとパンフレットを
印刷しに、キンコーズに行くぞ。




夜クロモン


3/18(金)くもり~雨

夕方、着物に着替えてクロモンカフェへ。
夜クロモン担当のトチアキ氏に挨拶。
もう、耳かきのお客さんが来店していた。
すみませぬ!

常連さんで、出張帰りとのこと。
今日のお仕事内容を、ノートパソコンに入力中。
お疲れさまでございます。

耳かき部屋の準備ができたので、さっそく耳かき開始。
彼は転勤族で、日本各地の話で盛り上がる。

以前、彼が上海に住んでいた時、公園に耳かきおばさんが
来たりしてたんだって。
(金属の耳かきを打ち鳴らしながらやって来るのだそうな。)

上司に「衛生上、勧められない」とアドバイスされたので
やりたい気持ちをぐっと押さえたのだそうな。
うお~~!どんな耳かきしてくれるんだろう。
青空耳かき、気持ちいいよね。。。

耳かきの情報、色々知れて楽しいな。


海丸ちゃんが来店。
ご飯食べながら「妖怪耳かきババァの耳かき屋」ポスターの
打ち合わせ。

と、星の王子様のような男性が来店。
あまりにもキャラが立っていて、うちらは彼に興味津々。
その方は、トチアキ氏のお友達だそうで。
とあるサイトを運営しているお方で、海丸ちゃんは
「面白いですよね。」と即答していた。

トチアキ氏を交えて話しているうちに、彼がこっちのコタツに
来てくれて、トークに花を咲かせた。

彼は頭の回転が早く、創造性豊かで、うちらもアドレナリン出まくり。
あっという間に閉店時間になってしまった。

文化を生み出してゆく人って、魂がやわらかいよなあ。
いい刺激を受けたよ。


シンプル


3/17(木)はれ

近所のカラスが機嫌良く鳴いている。
というか、鼻唄を唄っている感じ。

夕方、キモノ時間「ソレカラ」のアトリエにララさんが来た。
彼女は慈愛プロジェクトの相方、愛ちゃんの友達で美大生。
インドネシア人の彼女は、来週の卒業式に日本のスタイル
(着物&袴)で出席したいとのこと。

袴は友達に借りたそうで、その袴を持ってきてくれた。
紺色の袴なので、どんな着物にも合うわね。

アトリエの着物を借りて、ここで着付けと髪結いをすることに。
何枚か着物を羽織ってみる。
うん。紫が似合うわ。

そうこうしているうちに、ララさんのボーイフレンドが到着。
絞り込んだ着物を着てみて、二人で相談。
あっという間に決まった。
赤紫地の変わり矢羽根で、大胆な柄。
これかまたよく似合うんだな。

次は、半幅帯の色をあれこれ提案。
これもすんなり決まった。

半襟は、刺繍入りにするか、無地にするかでディスカッション。
着物が派手なので、襟はスッキリ無地で行くことに。

伊達襟を入れるか訊くと「シンプルがいいのでいらない」とのこと。
二人の潔さに、こっちまで清々しい心地になったよ。

よっし。衣裳が決まって一安心。
来週の卒業式、晴れますように。。。


ようこそ


3/16(水)はれ

札幌在住の遠藤さんから、着物や帯が送られてきた。
ありがとうございます。

袷、単衣、浴衣などを分類した。
いろんな色や柄があって、楽しいったら。

絣の着物の襟元に、名前が書いてあるのを発見。
そっと発音してみる。

その方に会ったことはないけれど、縁あってこの着物が
うちにやって来た。
誰かを包み込んで、誰かを笑顔にしておくれ。

心の底がホクホクしている。


解き放つ


3/15(火)はれ

この間の宴で、このブログの話題が出たときのこと。
知人にこう言われた。

「日記の中で、自分のことを-おいら-と表現しているのが
 ひっかかります。-私-でいいんじゃないですか?」

自分の中におじさんがいることを説明したのだけれど
外見と合わないとのこと。

もちろん、エッセイや原稿では-私-を使っている。
「三日間ぐらい-おいら-について考えてみます。」と返事をした。

ちなみに自分の中には、おじさんと少女が同居している。
日記を書くという行為は、自分の中のおじさんを
解放できる場でもある。

そういえば、昔から「話さなければ美人なのに。」
なんてことを言われてきたなあ。。。

このブログを仕事として書くならば-私-と表記した方がいいのかもね。

己の魂に問いかけると、答えが返ってきた。
「ことばに捕われることなく生きよ。」

そうね。
大空を舞う鳥は、ことばで世界を切り分けたりなどしない。

魂とは、自分でも他者でもない、もっと大きな何か。
「何か」とは何だろう?
ということを「ことば」で表して、生きている。


LED


3/14(月)雨

世の中はホワイトデー。

キモノ時間「ソレカラ」のポスターの原稿を作っている。
相方の愛ちゃんにチェックしてもらったらOK出た。
原稿を海丸ちゃんに送って、デザインの出来上がりを待つ。

部屋の照明の電球をLEDにしてみた。
蛍光灯の白色は苦手なので、電球色というタイプのにした。

ひゃっは~~!明るい!

40Wということなんだけど、明るくてクラクラするよ。

これを機に、他の照明もLEDにしようかな。
電球が切れたら、そうしようっと。


板挟み


3/13(日)くもり

今日は冷えるなあ。。。

午後、海丸ちゃんと、尾張屋へ。
尾張屋横の木塀に、キモノ時間「ソレカラ」のポスターを貼らせて
もらえることになりまして。
彼女の希望で、鶯色のペンキで塗ることにした。

彼女はつなぎスタイル。おいらは割烹着。
さっそく塗り塗り。
ところが、あと少しというところでペンキが無くなってしまった。
むは~~~!
また後で塗り直すことに。

二人で自転車を走らせ、六尺堂へ。
今日は舞台装置を作る人たちがいっぱいだ。
は~~、物を作る現場ってワクワクするなあ。
舞台美術家の杉山至氏に挨拶。

「ソレカラ」の開店に向けて、杉山氏が案内の看板の板を
作ってくれている。ありがとうございます!
さっそくクリーム色のペンキで塗り塗り。

乾かしている間に、入口の看板の木材を選んだ。
杉山氏が面取りをしてくださり、立体感が出た。わ~い。
木目がいい味出してるので、薄くペンキを塗って
さらに布で拭き取った。いい!すごくいい!

おいらは彼のことを「至さん」と呼び、海丸ちゃんは「先生」と呼ぶ。
杉山氏は、海丸ちゃんの美大時代の先生。
北品川商店街を歩いていたら、再会したんだそうな。
縁って、おもしろいなあ。。。

看板が乾いたので、帰ることに。
続きは、海丸ちゃんが自宅で行うそうな。

クリーム色のペンキが余ったので持ち帰って、尾張屋横の壁を塗った。
今度は全体を塗ることができた。
よっしゃ~~!いい下準備ができたぜ。
後は頼んだよ。

追記:海丸ちゃんの自転車は、前後にカゴがついている。
二つのカゴに、大きな板を乗せて走る姿が愛らしい。
「これがまさしく板挟み」と言い放つ彼女の笑顔にキュンキュンした。



スポーツ三昧


3/12(土)はれ

着物に着替えてクロモンカフェへ。
今日はのんびりモード。

常連さんの耳かきをさせてもらう。
スタンプカードは、お客様持ちでも、こちらの預かりでもOK。
最近は「預かって」と言うお客様が多いかな。

今日は、一時間早めに終わりにしようと思ったら
常連さんがいらしてくださった。
ありがとうございます。

店じまいをして、帰宅。
洋服に着替えて、お台場へ。

今日は、友達とバルーンサッカーをするんです!
施設の受付で待ち合わせ。
総勢9人の大所帯。
何と、バルーンサッカーのバルーンが修理中で、今日はできないですと!
む、無念。。。

気を取り直して、バスケットやバレー、バトミントン、サッカーを楽しんだ。
おいらは、明らかに下手なので声出しをして盛り上げた。

下手なんだけど、身体を動かすのって楽しい!

ミニバイクのレースにも参加。
おいらは超安全運転でのろのろ走行。
ギャラリーのみんなが大笑い。

2時間くらい遊んで、おいらはお暇させてもらった。
他のみんなは、これからボーリングだそうで。
あ~~楽しかった。

今度はバルーンサッカー、体験してみたいわ。


黙祷


3/11(金)くもり

毎朝の楽しみ。
窓のカーテンに鳥の影がさっと写るのをキャッチすること。

午後、東北大震災が起きた時間に黙祷をした。
地球は生きている。
災害はこれからも起きる。
先人の知恵を敬いながら、被害が最少になる町づくりをと想う。

今夜は、夜のクロモンカフェがお休み。
よって「妖怪耳かきババァの耳かき屋」もお休み。
なので、書きかけの日記を書くとする。

海丸ちゃんから、キモノ時間「ソレカラ」のパンフレットの
原稿が送られてきた。
チェックして、修正点を送信。

花粉の時期は、カフェに行く気分にもならず。
おうちでじっとしているのが一番いい。
(もしくは、南の島へ。。。)


人形遣い


3/10(木)くもり

昨日は激しい雨の中、着物で東銀座の和ライブレストラン
「無玄流」へ行った。
食事と文楽体験が楽しめるとのこと。
知人や音楽家の方々と談笑した。

「無玄流的~文楽体験~」
http://www.tsukiji-mugenstyle.com/news

「寿式 三番叟」の翁の舞、は力強くてユーモアたっぷり。

「艶姿女舞衣」のお園のさわりは、帰って来ない夫を想い嘆く姿の

いじましさに胸締め付けられ。。。
義太夫や三味線の解説があり、人形遣いの体験もできて
楽しい時間だった。

文楽、久しぶりにじっくり鑑賞したくなったよ。
誘ってくださった遠藤さんに感謝。


シルバー割


3/9(水)雨

てくてくと海丸ちゃんちへ。
足ツボマッサージの先生が来ているので、施術を受けに。
全身を一時間かけてじっくり調整してくれる。

ワンコと海丸ちゃんのお母さんが迎えてくれた。
(今日は海丸ちゃんいないのね。)

先生は今日もキューピーちゃんのようにツルッツル。
ずっと右肩の調子がよくないので、念入りに調整してもらう。
ふ~~ゆるんだ~~。

先生は、おいらが耳かき屋をやっていることについて
色々アドバイスをくださった。

子どもは無料だという話をすると、ご老人も割引があると
いいねとのこと。
耳垢が詰まってくると耳が遠くなって、ボケやすくなるんだって。
いつまでも元気でいる秘訣が耳掃除なのね。

よっし、シルバー割引をつくろうっと。

施術が終わり、ホコホコ状態でワンコを抱っこして、お母さんと談笑。
お母さんは、右指が固まってしまって困っていたところ、音楽家の
友人も同じ症状だったのが先生の施術で良くなって、また演奏できる
ようになったのを訊いて、自分も治療を始めたんだって。
お母さんの手も、すっかり良くなったとのこと。

おいらも、まだ二回しか来てないけど、指が吊る感じがなくなった。
月一のメンテナンス、大事大事。。。

よし、これから着物に着替えて、雨の中銀座に行くぞよ。


着物で動く


3/8(火)くもり

週一回の「私と着物」シリーズ。

高校時代、演劇部で着物生活をしていた私は、日本大学芸術学部
演劇学科に入学。
幼稚園児の頃から大学に行きたいと思っていたので、大学では演劇を
学ぶことにした。
クラブ活動を何にするか、あちこちの部を見て回りながら考えた。
空手部、殺陣同志会、ミュージカル研究会、歌舞伎・舞踊研究会‥‥。

自分の顔や体型を客観視すると、歌舞伎・舞踊研究会(歌舞研)が
よいと思い、入部した。

歌舞研の稽古は、もちろん着物か浴衣。
日々の稽古は、正座で『絵本太功記』十段目 尼ヶ崎閑居の場の
台詞の稽古。
稽古は三年生や四年生が指導してくださる時と
顧問の先生やOB・OGの先輩が指導してくださる時があった。

いろんな学科の学生が集まっていて、いろんな性的嗜好の人がいて
楽しいクラブだった。

台詞は上手い方だったのだけれど、所作は軽かったので
日本舞踊コースの先輩宅で習い始めた。

夏の合宿を経て、秋の公演の稽古が始まった。
『義経千本桜』鮨屋の段で、私は一年生ながら、若葉内侍を
演じることに。
武家の妻なので、着物はお引きずりで、打ち掛けの扱いも必要。
自分でお引きずり用に、裾に綿を入れて、裾さばきの練習をした。

ゲネプロで本衣裳を着た時の衝撃は、帯の面積が広過ぎて
思った動きができなくなったこと。
呼吸も浅くなってしまい、危機感を覚えた。

ゲネプロで鬘がずれてきたので、床山さんに綿を入れてもらって
本番は無事に芝居をすることができた。

今なら、着付けをされている時に、自分の胴体を最大にしておくことも
できるし、帯の中で身体を泳がせることもできる。

歌舞伎という「様式美」の世界に飛び込んで、身体で経験したことが
着物で美しく動く基礎になっている。

歌舞伎・舞踊研究会では、二年時は黒子と小道具係を担当。
三年時は『絵本太功記』十段目「尼ヶ崎閑居の場」の操を勤めた。
四年時は黒子を担当。
黒子の経験は、気配を消して仕事をする術を学ぶことができた。

四年生の春から、近所の日本舞踊教室に通い始めて
すっかり日本舞踊の世界にハマっていくことになる。

着物での動きを磨く日々が続いてゆく。

つづく

触れる


3/7(月)雨~くもり

雨の音で目覚める。
今日は身体が重いなあ。

昨日作ったチョコをモグモグ。
カカオの香ばしさをじっくり味わう。

午後、美容院へ毛繕いに。
店長と引っ越し後の生活についてあれこれ話した。

月一で会うお客さんの情報をしっかり覚えていて
相談を持ちかければ、アドバイスをくれる店長。

客からすると髪に触られるというのは、信頼関係あっての
ことでもある。
美容師がモテるというのも納得できるわあ。

いつもきれいにしてくれてありがとうございます。

帰りにデパート寄って行こうっと。
(屋上でのんびりするのが好き。)

カカオ三昧!


3/6(日)くもり~雨

お昼、着物で愛ちゃんと「うなぎのねどこ」へ。
お抹茶をいただきに。

田邊さんが着物で迎えてくださった。
入口のフロアでは、ワークショップが行われるそうで
うちらは奥の和室へ。

桜餅をいただいて、お抹茶を堪能した。
春だなあ。。。

二人でタクシーに乗って、品川フードサロンへ。
クロモンカフェの子ども食堂で仲良くなった
和智あさみさん主宰のサロン。
彼女が「本当のガーナチョコを作るプロジェクト」スタッフの
大学生と組んで、カカオ豆からチョコを作って
美味しいドリンクと共に楽しむ会を企画。
https://www.facebook.com/realghanachoco

そこに15人の食いしん坊たちが集まった。

おいらは、大のチョコ好き。
食べるのはもちろん、植物園の温室で、カカオの花や実を
うっとり眺めたりする性質。
カカオのことをもっと知りたい!
どうやってチョコレートが作られるのか、五感で味わいたくて参加した。

煎ったカカオ豆を皆で剥く。いい香り~。
剥いた豆を集めて、スタッフの岸さんが粉砕器で細かくしてくださった。
豆の中の油分が出てきて、だんだんしっとりしてきた。
やがてトロトロのペースト状に。
皆、歓声をあげたり、写真を撮ったり。

乾燥したカカオの実にも触らせてもらった。
外側は、カボチャみたいに丈夫。
(今度はもぎたての実に触ってみたいなあ。。。)

チョコが固まるまでの間、いろんな国のチョコを食べ較べながら
カカオ講座を聞いた。

カカオはギリシャ語で「神の食べ物」=Theobroma と呼ばれている。
種類は三種(クリオロ種/フォラステロ種/トリニタリオ種)

カカオの生産地はカカオベルトと呼ばれている。(北緯南緯20度)

花の1%が実になる。実は長さ15~30cm。

岸さんのお気に入りチョコ ブロンド
http://www.cuoca.com/item/102996.html

立花商店(カカオの専門商社)
http://tachibana-grp.co.jp/index.html


いよいよ、出来上がったチョコを味見。
まだツブツブしてるけど、美味し~い!

「本当のガーナチョコを作るプロジェクト」は、カカオ農家の長男
ジョン君(優秀)が高校に行けるよう、日本で販売する仕組みを作った
のがスタートなんだって。
大学生パワーに、勇気をもらったよ。

おいらは、隣の席のマナさんとすっかり仲良くなってしまった。
なんていうか、大地の匂いのするお方なの。
最近、着物の着付けを習い始めたそうで「ソレカラ」のアトリエに
遊びに来てくださることになった。

周りの方々も
「あさみさんと組んで、着物と美味しい食べ物の企画やって。」
と、ノリノリ。

わ~~それは楽しみ。
出会いは、こうして広がり、つながってゆくのね。

帰りに、あさみさんに挨拶し、お礼を伝えた。
「またクロモンで会いましょう。」

濃密な時間だったな。
3/21のオープンアトリエに向けて、いい準備して行くぞ。


ここから


3/5(土)はれ

午前、着物姿の愛ちゃんがアトリエ「ソレカラ」に到着。
着付けレッスン希望のお客さん、ミキコさんも到着し、レッスン開始。
https://www.facebook.com/sorekara.kimono/

彼女は、浴衣は自分で着れるけど、着物も着れるように
なりたいんだって。
今日は着物や小物をレンタルしての参加。
最近までチアリーディングをやっていたそうで、身体能力が抜群。
腰巻きを巻いた瞬間から、エロいラインをつくり出したので
おいらも愛ちゃんも大はしゃぎ。

着物を二回脱ぎ着して、最後に着物を畳む練習もした。

ミキコさんの「キモノ時間」がここから始まる。
そのお手伝いができて、嬉しいな。

おいらと彼女は、その足でクロモンカフェへ。
ランチしながら、これからの着物ライフに必要な小物の
購入などをアドバイス。

始めに色々を揃えるのは大変だけど、揃えちゃえば
ず~っと使えるのでね。
次回は、自分の着物や小物を揃えてからレッスンすることに。

「家で、浴衣で練習します。」と彼女。
着物は慣れ。いいラインを色々試してほしいわ。


流れで「妖怪耳かきババァの耳かき屋」開店。
常連さんのお母様の耳をかかせていただいた。
その後、彼女のお孫さんの耳もかきかき。
親子三代の耳をかかせてもらい、おいら感激っす。

店主の薄葉さんが作ってくれたチロルチョコ「妖怪耳かきババァ編」
を渡すと、二人ともめっちゃ喜んでくれた。
食べた後、包み紙はとっておくよとお孫さん。
ありがとね。

この時間、アトリエ「ソレカラ」では、愛ちゃんプロデュースで
海丸ちゃんが半襟の絵を描いている。
3/21(月・祝)にオープンアトリエのイベントで飾れるといいな。

出来上がりが楽しみ。。。


座敷童


3/4(金)はれ

午後、アトリエ「ソレカラ」に舞台美術家の杉山氏と
奥さんのクマちゃんが来てくださった。
着物棚の設置と、舞台で使った箱形の椅子を寄付してくれることに。
ありがとうございます。
「ソレカラ」アートディレクターの海丸ちゃんも到着。

「空気がほわほわしていて、いい気が流れてるね。」と杉山氏。
でしょでしょ。
海丸ちゃんは「座敷童に頭をちょんちょん触られた。」とのこと。

「この窓の向こうは海だったんだね~。」と微笑む皆の顔に胸キュン。

キモノ時間「ソレカラ」の立て看板や表看板は
杉山氏のアトリエ「六尺堂」の材木をいただけることになった。
これまたありがとうございます。

来週、六尺堂に伺って、看板を作ることになった。
よっし。いい看板ができますように。


夕方、着物に着替えてクロモンカフェへ。
夜クロモン担当のトチアキ氏に挨拶。

今週末の「妖怪耳かきババァの耳かき屋」一日目。
クスクスを食べて、のんびり待機。

と、「うなぎのねどこ」の田邊さんがイケメンとご来店。
https://www.facebook.com/unaginonedoco


彼は今度、植木のワークショップを開催する、田口氏だそうで。
肩ほぐし&耳かきをオーダーしてくださった。

田口氏は、木に登るのがお仕事だそうで。
鎖骨付近の筋肉が発達していて、感動してしまった。
思わず、仙骨を締める方法も伝授。
耳かきをし終わって談笑していると「いつもより長い」と
トチアキ氏に釘を刺された。
えへへ。

田邊さんの肩もゆるめさせてもらった。
話せば話すほどに面白いお方。

田邊「今度、エロ着付け習いたいんです。」
みょ「ぜひぜひ。」

お茶をたしなむ彼女は、足の痺れに悩んでいたので
座骨をずらす方法をいくつか伝授した。
そして、発想の転換で「静という動きをやる」という意識の
仕方を話した。

相方の愛ちゃんが来店。
田邊さんらに合流して、ワイワイと盛り上がった。

おいらも植木のワークショップに参加したいな。
またの機会を楽しみに。。。


ひな祭り


3/3(木)はれ

夜、てくてくとクロモンカフェへ。
子ども食堂は、今日も満席。
https://www.facebook.com/北品川-クロモンこども食堂-1539184119728931/

今まで、男子率が高かったのが、女子もいっぱい。
そして、またまた電気あんまをかけられている現場に遭遇。

女子は、雛あられをみんなに配ってあげたり。

鯛の炊き込みご飯、美味し~い。
家族連れが帰った後、相方の愛ちゃんと
キモノ時間「ソレカラ」の打ち合わせ。

愛ちゃんのヒラメキは「ソレカラ」の未来をワクワクさせる
ものばかり。テンション上がるわ~。

店主の薄葉さんは、商売の先輩なので、アドバイスのひとつひとつが
うなずけるものばかり。

話しているうちに、ディープな恋バナになり
人を許すということについて、しみじみ考えることになってしまった。

心を裸にすることが、人と向き合うということなんだなあと再認識。
店を出て、夜空を見上げながら家路へと向かう。


相棒


3/2(水)はれ

キモノ時間「ソレカラ」のパンフレット第一号が出来上がった。
やった~!
午後、それを持って呉服の尾張屋さんへ。
お店の律子さんに挨拶。

以前、出張着付けをして欲しいとお客さんから問い合わせがあって。
また三月に見えるとのことだったので、急ぎパンフを作りましたの。

アトリエ「ソレカラ」まで来てくださる方はもちろん、
私がお客さん宅まで訪問するのも、キモノ時間を豊かにしてゆく方法。

「ソレカラ」は、おいらと愛ちゃんのユニットだったのだけれど
漫画家の海丸ちゃんがアートディレクションで加わってくれる
ことになった。心強すぎるぜ!!

ということで、近いうちに海丸ちゃんがチラシのデザインも
してくれることに。

まずは今日、まだ見ぬ誰かと出会うための一歩を
踏み出したことが大事。



3/1(火)はれ

夕方、クロモンカフェ夜担当のトチアキ氏より
ヘルプメールが届いた。
今日は近所のマサル君の誕生パーティで貸し切り。
助っ人で海丸ちゃんが手伝っているはずなんだけど、忙しいのね。

ということで、急いでクロモンカフェへ。

二部屋は、大人と子どもにくっきり分かれて、前菜を食べているところだった。
マサル君が「あ、妖怪耳かきババァ」とみんなに紹介してくれた。

海丸ちゃんにドリンクの作り方を訊きながら、料理を運ぶ。
子ども部屋は弱肉強食で、大皿のソーセージにありつけない子もいた。

ゲーム大会やら何やらで、子ども部屋は大盛り上がり。
大人部屋は飲み放題ゆえ、いい感じに酔っぱらっている。

鶏の丸焼きが出て来て、みんな歓声を挙げる。
子どもに鶏の切り分けは難しいので、おいらがお手伝い。

マサル君のお母さんのノゾミさんに、旦那さんとの出会いを訊いた。
祭とな。
「ヒャー」と喜ぶ海丸ちゃん。

今日は、ノゾミさんが懸命にふんばってマサル君を産んだ日でもある。
その日のことも話してくれて、胸が熱くなったよ。。。

マサル君、イケメンで面白くて、友達いっぱい。
いい子に育ってるなあ。。。

「あさって、子ども食堂だよね」とクロモン事情に詳しいマサル君。

帰り際、ノゾミさんが「二人に飲み物を」とドリンクをごちそう
してくださった。かっこいい~~!
ありがたき幸せ。

クロモンカフェ。
人と人が家族のような距離で心のやりとりをする処。
みんなの家なのかもしれない。

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード