スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真


10/30(金)はれ

さて。
ずっと先延ばしにしていた、スナップ写真を半分にする計画開始。
幼少の頃から今までの、自分やその周りの人々の写真を減らすぞ。

昔のアルバムは、場所とるなあ。。。
高校時代のおいらが、写真の隣にコメントやイラストを添えている。
自分のまとめ上げる力にびっくり。

幼稚園時代、クリスマスの劇で天使の役をやって微笑んでいるおいら。
小学校の修学旅行の船の上で、帽子を押さえているおいら。
中学校の修学旅行は、友達とパジャマで押し入れに入っている。
高校時代は演劇づくし。全国大会で名古屋に行ったときの
想い出がいっぱい。

大学時代は、歌舞伎・舞踊研究会で仮装した写真がわんさか。
日本舞踊に没頭していた頃は、よく奈良に通っていたな。
レディオ湘南でパーソナリティをしていた頃のおいらは
迷った顔をしている。

そして、27歳でポかリン記憶舎を始めることになる。

改めて、自分は愛嬌たっぷりの生き物だったんだなあと感じた。
おてんばでテンション高い子だったなあ。。。

たくさんの人に可愛がられて、見守られて育って来たんだな。
感謝の気持ちがムクムク湧いてきたよ。

お。この写真、自分は映ってないけど、はっきり憶えている。
今は亡き祖母と妹の写真。
小学生のとき、一眼レフカメラを使いこなせるようになったのが
嬉しくて、おいらが撮ったんだったな。
そして祖母の遺影に、この写真が使われた。

写真って、沢山のことを思い出させてくれる装置なのね。

おいらもおばあちゃんになるまで生きたい。
まだまだこの身体で生きて行きたい。


スポンサーサイト

撮影


10/29(木)くもり

午後、着物でクロモンカフェへ。
今日、街歩き番組の撮影がありまして。

耳かき体制を整えて、常連のユキさんの耳をかかせてもらって
いるうちに、撮影隊やタレントさんが到着した。

流れの中で、耳かきをさせてもらった。
楽しい時間だったよ。。。

詳細は、放映日が決まってからお知らせしますね。


琥珀色


10/28(水)はれ~くもり

午後、久しぶりに、KAIDO books&coffee へ。
WEBの支援サイト、キャンプファイアーでお店の立ち上げに支援
したので、コーヒー無料券が届いていたのを思い出し、使ってみた。

コーヒー1杯と、持ち帰りのコーヒーパック2種類がもらえるのね。
何飲もうかな。。。

お兄「ビールでもいいですよ。」
みょ「う~ん。お腹冷えちゃうからなあ。コーヒーください。」

コーヒーは4種類の中から選べる。
お兄さんと話しながら、豆の種類を決める。
今日は、酸っぱめの豆がいいな。

前に飲んだ豆のことを憶えてくれていたりするのが嬉しい。

ドリップの仕方も4種類。
ひとつひとつ説明を聞いて、金属のこし器を使ってみることに。

二階でゆったりコーヒーを味わう。
書きかけの日記をちょこちょこ整理。

コーヒーと本の匂いが混ざって、なんとも幸せな時間。
琥珀色の温かい飲み物に、しみじみと秋を感じる午後。
遠い国からやってきた豆たち、それを収穫した見知らぬ人の汗を
想いながら。

満月


10/27(火)満月

夕方、自転車でお買い物。
大きな満月を見上げながら、自転車を走らせるこのワクワク感。。。

ふと、あの時の感覚を思い出した。

宮古島を自転車で北上しているとき、流れる雲と一緒に走った楽しさ。
真っ直ぐに伸びる道に映る雲の陰を追いかけたり、追いかけられたり。

空とつながっている感覚、今日、思い出せてよかったな。



10/26(月)はれ

近所の小型犬たちが吠える声で目が覚めた。
吠えるってことは、何かを発信しているんだよな。。。

鳴き声が、この間死んだ実家の犬に似ているなあ。
いろんな場面で吠えていたことを、布団の中で思い出している。

来月の頭、帰省する予定だけど、その時にはいないんだなあ。。。
相棒を失った片割れの子は、淋しくしているだろうなあ。

なので、その子をいろんな処に連れて行ってあげよう。
色々想いを巡らせていると、すっかり目が冷めてしまった。


慈愛


10/25(日)はれ

お昼過ぎ、近所の愛ちゃんが、うちに来てくれた。
いらっしゃ~い。

先日開店したピザ屋のピザを買って来てくれた。
ありがと~。あの店、気になってたのよね。

シンプルなマルゲリータをパクリ。
なかなか美味しい。

もぐもぐしながら、来月のお互いの予定を確認。
北品川商店街が、着物の人が溢れている情景を実現させるため
二人でやれることをこれから具体化してゆくのだ。

正式なプロジェクト名はまだ決まってないけど
仮の名前は、二人の名前をくっつけて「慈愛プロジェクト」
と呼んでいる。
愛ちゃんは知的でバイタリティに溢れてて、実行力があるので
きっと、この町が面白いことになってゆく。
そう感じずにはいられない。

まずは、いろんな処へ出かける計画。
来月が楽しみだな。。。


初コラボ


10/24(土)はれ

今日は耳かき屋はお休み。

自作の漫画本を整理。
小学校、中学校時代に、おいらは大量の漫画を描いている。
思春期の少女が描く漫画は「○○君が好き」で溢れている。
くすぐったいなあ。。。

ページをめくっていると、兄が乱入している。
描きかけの漫画の続きが、兄のタッチになり、これがなかなか
上手いのだ。(ちゃんと少女漫画してる。)
やがて、兄のタッチは劇画に変化して、漫画の世界をぶち壊している。
面白過ぎて、吹き出してしまった。

おいらは、兄がぶち壊した展開の後、そのショックを語りながら
また自分の世界に戻って、物語をつないでいる。
兄の襲撃は何度もあって、その度においらは軌道を整えている。

これって、人生初のコラボレーションかも。。。

自分の世界を何度壊されてもへこたれず
物語を描き続けているパワーに、改めて感心した。

好きなことって、どんな邪魔が入っても続けていけるものなんだな。
それを再認識させてくれて、ありがとう。

漫画の数々は「ありがとう」と言霊にして、紙ゴミに出した。


誠意


10/23(金)はれ

夢を見た。
ある若手監督の映画に、ちょろっと出演することになった。

顔合わせに行くと、沢山のスタッフたちが席についている。
監督らしき人に挨拶し、自己紹介した。
監督は覇気がなく、目も合わせず、ああと受け流すだけだった。

直感で「この現場に、自分はいなくてもいい」と感じた。
撮影現場はどんな事故が起こるかも分からないからこそ
信頼関係が大事。
その前に、まともに挨拶できない人は、社会人としてもどうかと思う。

俳優だったら、このチャンスをうまく使うこともあるかもしれない。
でも、おいらのモチベーションは、出演することよりも
スタッフ&出演者全員で、作品へどう向かってゆくかの中で
自分にできることを精一杯務めることにある。

なので、この現場に関わる時間がもったいないと感じた。

隣の席にいる知り合いの仕事仲間に
「ごめん。降りることにするね。早い方がいいだろうから
 言ってくる。」
と伝えて、席を立った。

監督を捜しているうちに、目が覚めた。

淡々とリアルで、細部まで鮮明な夢だった。。。
そして、あの監督はどんな作品を創りたかったんだろう?
と想いを巡らせてしまった。

作品で人の心を動かしてゆくのが、監督や演出家の仕事だもの。
何をするにも誠意を伝えられる人であろうと、布団の中で反芻した。


予防


10/22(木)はれ

夕方、近所の病院へ。
インフルエンザの予防接種を受けに。

値段が3500円になっているので、受付で「高くなりましたね」
と言ってみた。
「ワクチンが三種類から、四種類に増えたんですよ」とのこと。
あ~増えたんだ。

順番待ちをしている人たちも、予防接種待ち&注射後の待機組みたい。

女医さんに注射してもらって、おいらも15分待機。
先生に変化なしを報告して、帰宅した。

そういえば、去年インフルエンザにかかった時
ワクチン打ってたのに、ちっとも軽くなってなかったなあ。
全身の骨が砕けるかと思うくらい痛かったし、期間も長かった。

ネットで調べてたら
ワクチンは打たなくてもインフルエンザにはかかるし
病状も軽くはならないんだと。

確かに。。。

来年打つかどうかは、考え直そうかな。
普段から体温高く、免疫力高めに暮らせるようにしようっと。


予防


10/22(木)はれ

夕方、近所の病院へ。
インフルエンザの予防接種を受けに。

値段が3500円になっているので、受付で「高くなりましたね」
と言ってみた。
「ワクチンが三種類から、四種類に増えたんですよ」とのこと。
あ~増えたんだ。

順番待ちをしている人たちも、予防接種待ち&注射後の待機組みたい。

女医さんに注射してもらって、おいらも15分待機。
先生に変化なしを報告して、帰宅した。

そういえば、去年インフルエンザにかかった時
ワクチン打ってたのに、ちっとも軽くなってなかったなあ。
全身の骨が砕けるかと思うくらい痛かったし、期間も長かった。

ネットで調べてたら
ワクチンは打ってもインフルエンザにはかかるし
病状も軽くはならないんだと。

確かに。。。

来年打つかどうかは、考え直そうかな。
普段から体温高く、免疫力高めに暮らせるようにしようっと。



10/21(水)

いい天気なので、カーテンを洗濯中。
とても日当りのいい住まいなので、カーテンを外すと
眩しいったら。
眩しいと伏せて、ゴロゴロしたくなるな。。。

午後、自転車で区役所へ。
住民税の書類で、確定申告書を提出する必要がありまして。

窓口のお姉さんがとっても親切で、いい感じだった。
よっし。これでややこしい書類の提出は終わり。
(国勢調査の書類も、郵送したし。)

区役所の敷地内に、リサイクルショップがある。
どんな品揃えなのか、覗いてみた。

家具と、食器類が多い。
食器は、いつの間にか増えるよね。。。
使わないものをうまく回していくのは、いいことだな。

今まで、食器類にあまり興味なかったんだけど
いい物が欲しくなってきたのよね。

また来ようっと。

帰りに、気になっていた「たこ焼き屋」に寄ってみた。
美人なお姉さんと、ヤンキーなお兄さんが焼いている。
おいらは醤油味が好き。
丁度焼き上がったところで、できたてをゲット。

たこ焼きって、お祭りの時に食べることが多いから
テンション上がってきた。。。

近くの公園でハフハフいただく。
遠くで、烏の鳴き声がする。
ここの箱ブランコに乗って、台本のプロット考えたり
おいらにとっては創作の場でもある。

山芋たっぷりで、美味でございました。
今度は店内で食べてみようっと。


みかん


10/20(火)はれ

高知から山北みかんが届いた。
秋の恵みを、ありがとうございます。

食べてみると、酸味と甘みのバランスが良くて美味しい。

皮の表面に、水分を含んだつぶつぶの模様が並んでいる。
保湿たっぷりの皮で、中身の鮮度を守っているのね。

みかんの剥き方について。
昔は、バナナの皮を剥くような感じで、花びらのように
剥いていたんだけど、ここ数年、真っ二つに割って
さらに半分に割っている。

みかんの剥き方って、その人のちょっとした習性が出てるかも。

住まいに庭があって樹があったら、枝にみかんを挿して
小鳥を呼びたいな。
秋の恵みを鳥たちにも、お裾分けしたいな。。。


午後、クロモンカフェへ。
ちょっと遅めのランチ。

おいらはカレーが大好き。
なので、ここで90%の確率でカレー食べてる。
注文を待っている間に客はおいらだけになって、貸し切り状態。

店主の薄葉さんに、みかんを差し入れ。
手が空いた薄葉さんが、みかんをパクリ。

「みかんらしいみかんの味ね~」と喜んでくれた。

確かに。懐かしい味だなあ。。。

ほっこりしたところで、帰るとするかな。



10/19(月)はれ

午後、品川のカフェで打ち合わせ。

先日の「しながわアーティスト展2015」の反省会に行けなかったので
制作の清水さんが、その内容を話してくださるとのこと。
ありがとうございます。
音響の牛川氏も来てくださった。

おいらは、コーヒーを注文。
酒好きの二人は、生ビールを注文。
(清水さんは、終電を逃しておいらの家に泊まったこともある。)

もっと良くなるための、様々な提案を出し合ったとのこと。
ふむふむ。。。

来年は、会場の規模や予算も増えるとな。
発展してゆくのは、いいことだ。
やってみたいこと、色々あるからさあ。

面白いもの創りたいから、予算の確保、頼みます。。。

帰り道、広い空を見上げながら歩いている。


色とりどりの


10/18(日)はれ

朝からお洗濯~。
クロモンカフェの店主、薄葉さんに手拭を沢山いただいたので。

耳かき屋で、膝に敷く手拭のバリエーションが増えて嬉しいな。
慈愛プロジェクト(旧東海道を着物の人でいっぱいにする)でも
レンタルする着物に手拭をつけて、食事のときにナフキンとして
使ってもらおう。

鮮やかな色や柄の手拭が、部屋中に並んでいる。
北品川の町内会のお祭りの時の手拭なので、毎年いろんなデザインや
色で新調するのよね。
おいらもすっかりお祭り気分。

午後、ハンガーから外して、せっせと畳む。(鼻唄フンフン)
手拭大好きっ子としては、畳んだ時に、どの柄をうまく
出すかに気を使う。
(これを見た人が、手に取って広げたくなるように。)

は~~うっとり。。。
おいらも自分の手拭、作りたいな。
何パターンかデザイン考えておこうっと。



10/17(土)くもり

午後、着物を着てクロモンカフェへ。
今週も友人の愛ちゃんの写真展『カンザスの空はここにある』開催中。

愛ちゃんの学生時代のお友達がいっぱい。
小さなお子さんたちもいて、ワイワイと。

カフェの一角に「ご自由にどうぞBOX」がある。
そこに、公演で使わなかったガラスの器(新品)の数々を置いてある。
今日チェックすると、半分位減っている。
(うちで眠っていた器たちが、他の人の家で活躍している。)
嬉しいな。

店主の薄葉さんの同級生のタブさんが来店。
北海道土産を持って来てくださった。
定番の白い恋人。ありがとうございます。

タブさんはいつも耳かきをリクエストしてくれる。
今日は耳かき+肩をゆるめるとのこと。やったね。

彼は、マッサージなど体験したことがないそうで。
ここで他の人がゆるんでいる姿を見て、やってみようと
思ったんだそうな。
初体験に立ち会えるなんて、幸せ。

今日は、他にもセットのお客様が続いた。
もちろん、個展の主の愛ちゃんもゆるめさせてもらった。

愛ちゃんのお客さんに触れられて、おいらも幸せ。
触れるって、その人の心に触れるってことなんだな。。。




衣裳


10/16(金)くもり~小雨

夕方、六尺堂へ。
舞台装置を作るアトリエ内に、青年団の衣裳部屋がある。
『逃げ水』公演の太田宏氏の衣裳を青年団からお借りした。
それを返しに。

昭和の匂いがする半袖開襟シャツと、タックの入ったスラックス。
買おうとして、あちこち探したけど見つからなかったの。。。

衣裳ボックスには、各公演毎にネームが貼付けられている。
おいらが借りた衣裳は、現代男性白シャツ、現代男性ズボンの箱に
しまい込んだ。
お陰様で、いい公演になりました。ありがとうございました。

ポかリンの衣裳は、現代の作品が多いので俳優さんにあげている。
保管は、場所もとるしね。。。
抽象的な作品や着物類は、おいらが管理している。

抽象的な衣裳、そろそろ処分しどきだよな。。。
着物も随分減らしたけど、もう少し減らしたいな。


その足で、税務署へ。
遅ればせながら、去年の確定申告書を提出しに。
春頃、提出したと思い込んでいたら、計算の途中で忘れてしまってた。
てへへ。

保険料の計算の仕方がややこしくて、職員さんに手取り足取り
教えていただいた。ありがとうございます!
は~~、やっと面倒な作業が終わってホッとした。

そうそう。自分のメンテナンスもやっておかないとな。
年内に健康診断受けに行こうっと。

なにせ、今年もあと二ヶ月半。
やっておかねばならないこと、先延ばしにせず、やっとこう。



10/15(木)くもり

本棚をチェックして、本を減らす作業をしている。
手放す本を抜き出していくと、結構な山になった。

そして、いろんな人に借りっぱなしの本が目につく。

郵便局に行って、レターパックを購入。
手紙を書いて、ちょこっとお菓子を入れて、お返ししよう。
先日、後輩の舞踊家に借りた紀貫之関連の本、8冊もお返しせねば。

本棚を眺めると、読もうと思いつつ読んでない本がいっぱい。
(鶴屋南北に関する本多数や、友人や家族がくれた本など)

最近も、友人から本を数冊借りたばかり。
でも、今月末まで忙しいから、読めそうにないな。。。

本って、開かなければ、ただの紙の塊なんだな。
集まると、案外重い。
開けば、そこからいろんな景色が見えてくる。

来月から少しずつ、読んでいこうっと。


ツケ


10/14(水)はれ

午後、cafe La capi でのほほん。
ネムノキが満開。秋なのに。。。
店主のお姉さん曰く、一年に何回も咲くんだって。

書きかけの日記を整理中。
(益子公演の詳細、やっとこさ書き上げたよ。。。
 あの頃は体調がギリギリで、日記を綴る体力がなかったのよね。)


昨日は、サッカー日本代表の親善試合、イラン戦だった。
結果は1-1のドロー。
イランの選手は、大きくて身体もガッシリしてて、コンビネーションが
良くていいチームだったな。

ハリルホジッチ監督は、前回のメンバーから5人を変更してきた。
そして6人の選手交代をし、若い選手も試していた。
日本の選手たちは、怪我を恐れずしっかり身体でぶつかっていた。
今まで、これができてなかったから、大きな進歩といえる。

ラグビー日本代表のワールドカップでの大躍進のニュースを見ていると
命懸けで選手たちが体当たりしている姿が印象的だった。
世界中の人たちが、小さな身体の日本人たちの勇姿に感動した。
サッカー日本代表の選手たちだって、心の火がつかずには
いられなかっただろう。

スポーツ選手に怪我はつきもの。
怪我を恐れていると、気持ちで負けてしまい
強くなってゆくチャンスを失ってしまう。

恐れを捨てて、新たな領域にチャレンジしてゆくこと。
彼らは短い選手生命の中で、行動でそれを示してくれる。


カフェの窓際の席で、常連のお客さんらしいおじさんが
BGMに乗って鼻唄を唄っている。
(上手いなあ。。。)

おじさんが帰るとき、支払いでスイカをタッチしたら0円で大慌て。

おじ「明日払うね。ツケにして。」
店主「はい。」
おじ「ごめん、ママ、煙草代貸して。」
店主「ええ?」
おじ「明日返すから。」

なんて平和な町なんだ。。。

さてさて。日も暮れたことだし、帰るとするかな。
日記の推敲は、家でやろうっと。


耳かきの画


10/13(火)はれ

午後、てくてくとクロモンカフェへ。
妖怪耳かきババァが、テレビの取材を受けることになったので
その打ち合わせのために。

お散歩番組なんだって。
北品川商店街のあちこちのお店が紹介されるみたい。

耳かき部屋のセッティングをして、店主の薄葉さん、
常連のユキさんと世間話。

そうこうしているうちに、制作部の方々が四人でやってきた。
話をしつつ、まずはスタッフのひとりに耳かきを体験してもらう。

耳かきしつつ、撮影の画を決めていった。

あさっての午後、撮影に来るそうな。
どんなタレントさんが来るのかしら。

耳かき屋が多くの人に知ってもらえるのが、楽しみ。。。



10/12(月)はれ

三連休の最終日。
ゆったりおうちで衣替え。

ポストカードの整理をしていたら、高校時代の美術の先生の
絵葉書が出てきた。
抽象的で不思議な奥行きのある色彩の森。
若い頃は、そんなにビビッと来なかったんだけど、
まさに今、深い感動に震えている。
わ~~~、とっても好きだ。生で観たい。

先生、元気かしらとネットで検索してみると
去年、神戸で個展をやってらっしゃる。

今度、高知に帰ったときに、先生に連絡してみようかな。

実は、おいらは高校時代の成績で一番良かったのが美術。
子どもの頃から絵を描くのが大好きで
小中学校時代、漫画もいっぱい描いていた。
美術室にいるのが大好きだったし、よく先生の処に遊びに行ってたな。

心の底が、温かい。

今年は、小学校時代大好きだった担任の先生に再会できたり、
大人になって親交を温める年なのかもなあ。



出世


10/11(日)雨~くもり

午後、電車で美容院へ。
ヘナ染めとカットをしてもらいに。

おいらの担当のお兄さんは、来月から店長に出世して
他の店に移動する。
もちろんおいらは店長について行くよ。

お兄さん曰く
「今の店の方が駅から近いから、こっちに残る
お客さんもいますよ。」
とのこと。

まあ、人それぞれよね。
おいらは、お兄さんの技術はもちろん、鈴がコロコロ転がるような
陽のエネルギーが気に入っている。

今日もきれいにしてもらって、ありがとう。

来月は、新しい店に行くことになりそう。
それはそれで、新たな環境が楽しみ。。。


電車で友人宅へ。
久々に会うと、彼女ったらなんだかスリムになっている
ではないか?
前から体操教室に通っていると聞いてたけど
さらに家でエクササイズをやっているんだって。

足腰鍛えたかったから、それ、おいらもやってみようかなあ。

自分が新たに挑戦してみたいと思っていることを話した。
おいらの歩みを、二十年以上見守ってくれている友。
ありがとうね。。。

これからも、よろしくね。


心の中の空


10/10(土)くもり~小雨

午後、着物に着替えて、クロモンカフェへ。
途中、花屋で深紅のバラの花束を購入。
花を贈るって、いいものだな。

今日から、友人の愛ちゃんの写真展『カンザスの空はここにある』
が始まる。さっそくお花をプレゼント。
喜んでくれて、嬉しいわ。

ささっと写真を鑑賞して、まずはランチタイム。
愛ちゃんのお母さんが合流したので、一緒にもぐもぐ。
『花音』鎌倉公演に二人が観に来てくれたので、まずはお礼の挨拶。

近くの席のお客さんが、愛ちゃんの写真を観て楽しんでいる。
そして、耳かきのポスターを見つけてくれたので
「ここでやってます。」と伝えた。
赤ちゃん連れの若い女性が「背中が痛くて」と背中&腰コースを
することに。
丁度いいタイミングで、赤ちゃんが座布団の上で寝始めた。
いい子ね~~。

いつもがんばっているお母さんに、心を込めてゆるめさせてもらった。
「力が抜けて楽になった」
「今度は耳かきもやってみたい」とにっこり。
ぜひぜひ。

愛ちゃんのお母さんが「耳かき&全身コース」をリクエストして
くださった。
ゆっくり話をしながら、心の交流をした。
愛ちゃんを生んでくれて、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

改めて、愛ちゃんの写真をゆっくり鑑賞した。
何というか、不思議な温かさがある。
前に見せてもらったときに、止まった時間が動き出しそうな
画の奥の世界に入って行けそうな感覚があった。

彼女が学生時代を送ったカンザス。
彼女のことを知らない人が、カンザスの空を見て
「初めて見る色だ」と話していた。

それぞれの人の心の中に、それぞれの空がある。
そしてその空は、すべての人とつながっている。


好きな花


10/9(金)

公演が終わると、自分へのご褒美で、温泉や岩盤浴に
行くことが多い。
でも、今回はちっともそういう気分にならないなあ。

ならば、お花を買いに行こう。
その足で、近所の花屋へ。
大好きなトルコキキョウを購入。
紫がかったピンクと、薄いピンクの二種類を混ぜてみた。

早速、家に帰って花瓶に生ける。
バラのように華やかだけど、やわらかい花びらが何ともやさしい。

そういえばこの間、昔の作文の整理をしていたら
トルコキキョウのことが書いてあったな。
高校時代、絵の展覧会を観た時の感想文だったかな。

棚から出して、読んでみる。
花と花瓶が描かれた絵について「トルコキキョウは好きな花だ」
って記してある。

昔も今も、変わらず好きな花。

好きな花の近くにいると、心がふんわりする。

やさしい気持ちにしてくれる花に感謝。
花たちを精魂込めて育ててくれた農家の方々にも感謝。



シリア戦


10/8(木)はれ

鎌倉公演のときにいただいたお花が、寿命を迎えたので
「ありがとう」と言霊にして、片付けた。

公演の差し入れは、花より団子だったおいらが
しみじみとお花に心寄せて、公演の余韻を楽しむことができた。

命の限り、おいらの部屋で咲いてくれて、ありがとうね。


夜。サッカー日本代表が、オマーンでシリアと戦う。
ワールドカップロシア大会のアジア二次予選。
現地は17時キックオフだけど、気温35度。
両選手たち、暑そう~~。

本来なら、シリアで試合なのだけれど、内戦中なので
中立国のオマーンで開催。
スタジアムはガラガラで、日本のサポーターの応援の声が
目立っている。

シリアの選手たちは、海外のクラブに所属している選手たちばかり。
国のために戦う強い気持ちが動きに表れている。

ボールがあちこちにバウンドして、どっちもつなげない時間帯が続く。
前半は0-0で折り返し、後半になってから状況が動き出した。
岡崎選手がPKを獲得し、本田選手が落ち着いて決めた。
シリアは日本を追う側になったので、前がかりになり
隙ができ始めた。

後半、選手たちの足が止まり始めたところで岡崎選手と
宇佐美選手が得点。
3-0で勝利した。は~~、ホッとした~。

これで、二次予選E組の1位が日本になり、シリアが2位に。
1位は、三次予選に進み、2位は他の2位8組のうち
得点の多い4組が進む。

この後日本はイランに移動し、来週の火曜に親善試合を行う。
イランは、昨年ワールドカップ出場しているアジアの強豪。
日本は完全アウェイの環境で、しっかり気持ちを入れて
戦ってほしいな。

ハリルホジッチ監督の手腕も見所になるだろう。


もう一歩


10/7(水)はれ

もっと休みたかったのに、いろんなことが次の展開へと
動き出している。
まだ詳しくは書けないけど、いずれ言葉にしますね。

先月の『花音』益子公演で、皆で瞑想した体験をきっかけに
自宅でも朝晩、短時間だけど瞑想をするようになった。
目を閉じると、脳内から騒がしい思考が溢れ出すけれど
続けていく中で、見えてくるものがあるのだろう。

今までも、自分と向き合う作業を真摯に行ってきた。
もう一歩、踏み込んでみよう。
その段階に来れたことが、ほんのり嬉しい。

この生を生きる。天と地とつながって。



10/6(火)はれ

夜、友人の愛ちゃんと KAIDO books&coffee で打ち合わせ。
週末から、クロモンカフェで愛ちゃんの個展(写真)が始まる。
https://www.facebook.com/ai.iwasaki.1293?fref=ts

個展名は『カンザスの空はここにある』。

その文章のチェックをしている。
彼女はプロの写真家ではないけれど、いくつもの空の写真たちに惹かれた。
アメリカのカンザスは、彼女が学生生活を送った、大切な場所。
彼女が伝えたい世界に共感しているので、文章をシンプルにしてゆく作業は
スイスイ進んだ。

出来上がった文章を音読する愛ちゃん。
「言霊にするって大事なんですね。」
とホクホク顔。

今年、かの地の友人が二人、亡くなっているとのこと。
彼女の写真展は、旅立った友人たちへのレクイエムでもある。

様々な記憶の欠片と、あの空とをつなぐ写真展。
お近くの方は、ぜひ観にいらしてくださいね。


休日


10/5(月)はれ

たっぷり寝た。。。
夏から休みなしに、三公演を立ち上げてきた自分。
この一ヶ月、体調不良のままよくがんばったな。

お世話になった人たちに、お礼のメールを書いている。
もっと惚けていたいのに、次へと進みたがっている自分がいる。

ああ、自分は創り続けていいんだな。。。
それを実感できた公演だった。

来年は、さらに新しい形態に挑戦してゆく。
これから少しずつ、その準備をして行こうっと。


楽日


10/4(日)はれ

しながわアーティスト展2015、二日目。
朝11時からの公演に、足を運んでくださるお客様たちに感謝。

「もののけ東海道」の四団体の作品内容をちょっと紹介。

しながわ半熟ボーイズの『元禄マーメイド』は、ミュージカル。
人魚を食べると永遠の生を得る代わりに、何を捨てなければ
いけないかがつきつけられて、ぐっときた。

ttu の『品川宿散策記-月の岬-』は、歌手と摺り師の二人が別次元で
かつての品川の心象風景を描き出す、秀作だった。
演出の山田真美さんの世界、めっちゃシンパシー感じる。好きだわあ。

稲田和浩氏の落語『品川の怪談』は自作だそうで。
幽霊の遊女を集めて商売するって発想が面白かった。

ポかリン記憶舎は『逃げ水』で、遊女と客のやりとりを
しっとり描いた。
みんな、低予算でがんばったよ!

舞台美術家の杉山至氏が
「シリーズ化しようよ。」と言ってくださった。
彼の舞台セットを軸に作品が立ち上がるシリーズ。
男と女の様々な物語、また書いてみたいわ。

終演後、イベント「しながわDeepカフェ」でパフォーミングアーツの
団体全員が舞台に並び、作品のコンセプトや品川の魅力を語った。
来年は、どんな風に広がってゆくのか。楽しみ。。。

装置のバラシが始まった。
スタッフの皆さんに、挨拶。
館のスタッフ、他の展示のアーティストさんたちにも挨拶し、
ポかリン組は駅近の居酒屋でプチ打ち上げ。

今回、台本を稽古初日二日前に書き換えたので、顔合わせ飲み会が
できてなかったのよね。
俳優陣、音楽家の木並氏らとワイワイ飲んだ。
深イイ話がいっぱいできて、心の底から熱いものが溢れてきて
楽しい時間だった。
また、面白い作品、一緒に創ろうね。

おいらはクロモンカフェに移動して「もののけ東海道」チームと飲み。
うちの台本(第一稿)は、品川宿と桑名宿を結ぶ、宿場町のスケールを
感じてもらえるものだった。
予算の都合もあって急遽、抽象的なものに書き換えたけど、
今後、品川宿と東海道五十三次の宿場町がつながってゆく企画や
作品になってゆくと面白いのでは、と提案した。

制作の清水幸代さんは、肝の座った京美人。
今夜は、終電の新幹線で京都に帰るとな。
五十三次の終点は京都。
いずれは、この企画が京都に渡ってゆくのが想像できた。

低予算公演の中、衣裳費をサポートしてくれた友人に
心からお礼を申し上げます。

目の前のひとつひとつの作品と向き合っていると、
ひとつずつ、次の扉が開いてゆく。

演劇は、おいらを未知の場へと誘ってくれる装置。

初日


10/3(土)はれ

無地の着物を着て、メイプルカルチャーセンターへ。
今日明日と、しながわアーティスト展2015が開催される。
他の展示室のアーティストさんたちにも挨拶。

三部構成で、四団体が「もののけ東海道」をテーマに上演。
おいらは、演芸作家の稲田氏と、司会進行も担当。
今回は、公演終わりに、他のアーティストさんたちを呼んで
作品の紹介をしてもらっている。
これがなかなかいい感じ。
しながわアーティスト展の作家たちの意識がつながって来たのが
実感できる。

演目は順調に進んでゆく。
と、ポかリンの『逃げ水』公演中、隣の部屋から大音量のBGMが
流れて来た。
うっそ~ん!音を出す時間の打ち合わせ、してたのにぃ~。
作品の三分の二がポップになってしまった。無念。。。
俳優陣は、よく集中を切らさずに演じ切ってくれたよ。

そういえば、過去に『回遊魚』という作品をフリースペースで
上演したとき、上のフロアのサルサパーティの音が
肝心なシーンで降り注いで来て心で泣いたことを思い出したよ。

先日、『花音』公演でご一緒した鶴田真由さんと井上幸太郎氏が
観に来てくれた。
そして、おいらの意識が一歩進んだ時空に立ち会ってくれた。
時空を超えた「何か」を感じてくれて、嬉しかった。。。

批評家の堤広志氏が
「大人の演劇、いいわあ。語らずして語る、観客が余白を想像
 できる作品は、貴重。」
と褒めてくださった。
これからも、しっとり大人路線で参りますとも。

三部の終演後、隣の東京タンバリンの公演『続・福笑い』へ。
茶道のお稽古場で、女四人なのに、男の匂いたっぷりの物語に
泣き笑い。公演後のお茶会も満喫した。

夕方から全体で懇親会。
新館長と熱く語ったり、交流を深めた。

さあ、明日もいい公演になりますように。


稽古六日目


10/2(金)はれ

今日は、お昼から四団体が順番に場当たり&ゲネプロを行っている。
ポかリン組は、二番目。
四団体の共通のテーマは「もののけ東海道」。

一番目だった稲田和浩氏(品川の怪談)と打ち合わせ。
稲田さんとは、去年に引き続き、二人で司会進行をすることになっている。
(見た目は、狐&狸コンビ。)
その構成台本を渡し、他団体の作品内容を説明し、当日の役割を確認した。

音楽家の木並和彦氏が、できたてホヤホヤの音源をもってきてくれた。
ありがとうございます!
場当たりしながら、照明と音楽を合わせてゆく。
ラストの音楽が足りなくなったので、明日までに作ってきてくれることに。

舞台下手にある、提灯式の満月のオブジェについて。
うちらは、昼のシーンもあるので、黒幕で隠すことに。
(その黒幕を、シーンの変わり目で舞台監督のそまや氏が
 シュッと抜く技が素晴らしい!)


別室で稽古して、細部を調整。
(なんちゃって殺陣のところは、何気に見どころ。)
明日は初日。やれることはやった。

帰りに、上演団体のひとつ、 ttu の台本を受け取る。
(昨日、スタッフさんが「まだ半分までしかできてない」って言った。)
帰りの電車で読んで、ニンマリ。

いよいよ明日、幕が上がる。
みんな、なんとか間に合いそうで良かった~。

司会進行の構成台本の細部に手を入れて、明日に備えるぞよ。


プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。