みたててみた


3/27(金)はれ

フェリーで小豆島へ。
ギャラリーメイパムの「みたててみた展」を観に。
http://meipam.net/mitatetemita/

アーティストが古民具の使い方を妄想し、それをイラスト付きで展示。
一般の方々も、壁にアイディアをどんどん貼っていける仕組み。

おいらは、四角い木箱を担当していた。
他の古民具がどんなものかも楽しみにしてた。

メイパムスタッフの照美さんが案内してくれた。

六つの古民具のうち、四つは本当の使い方を当てることができた。
自分が担当した物と、もうひとつが分からなかった。
(ここで種明かしができなくて残念。。。)

各アーティストさんたちの妄想が面白過ぎて爆笑。
一般の方々の発想も自由奔放で、体温上がってしまった。

4/19(日)までやってます。
中四国にお住まいの方、ぜひ行ってみてください。
温泉もあって、のんびりできますよ。

カフェメイパムで、妖怪画家の柳生忠平氏とランチ。
おいらがモデルになったときの画は、秋に銀座で展示予定だそうな。
ここ最近の画家としての挑戦の話が聞けて、大いに刺激を受けたよ。

おいらも、自分のペースで進んで行こうっと。

さて。これから、高知に帰省します。
桜吹雪の中で母の三回忌を行う予定です。
帰京したら、また日記再開しますね。

スポンサーサイト

城崎温泉WS2


3/26(木)はれ

城崎温泉の朝。
女優陣は早起きして、外湯に行った。
おいらは、朝キビキビ動くのは苦手なので、内湯で温まる。
湯巡りする人々の下駄の音が、なんとも心地よい。

朝ご飯、しっかり食べて満腹。

女優陣が近くのカフェに行っている間に、ゆっくり荷造り。
この宿、三木屋は、志賀直哉氏が愛用していた老舗旅館。
志賀氏が宿泊していたお部屋を若旦那に見せていただいた。
二階の、中庭が見渡せるいいお部屋。
長編小説『暗夜行路』に、この部屋のことが出てくるとのこと。
今度ゆっくり読んでみようっと。

チェックアウトして、温泉寺へてくてく。
女優陣と合流。

薬師堂で「古式入湯法」の講座があるので、それに参加する。
住職がつやつやしたお方で、お話も面白かった。
入湯法のイラスト付きの手拭を購入。

和田さんの迎えで城崎国際アートセンターへ。
温泉レンジャーのショーを鑑賞。
なんと、中身を演じていたのは、三木屋の若旦那。
温泉レンジャーの中身は、若旦那衆が交代で入っているそうな。
胸熱。。。

ダンスカンパニー・モノクロームサーカスのワークショップの後、
お昼休みの時間帯に、うちらの浴衣ワークショップ。
参加の方々の着付けを手伝って、ワークショップ開始。

いろんな旅館から老若男女が集まってくれた。
三木屋の女将さん、若旦那や従業員さんたちも。。。
みっちり身体を動かして、楽でしなやかに動けるコツや
着付けの手直しポイントも伝授。

「もっと早くに知ってたらなあ~。」と参加者の方々。
十年前に一緒に仕事してた、モノクロームサーカスのダンサー、
森さんも参加してくれて、嬉しかった。

また旅館の方々と交流したいな。
この町がすっかり好きになってしまった。

洋服に着替えてから、ホールを見学。
平土間式で、天井も高く、充分な広さ。
いつか、創作でここに滞在できますように。

心の豊かさをあちこちで実感できた滞在だった。
この出会いに感謝。。。


城崎温泉WS1


3/25(水)はれ

昨夜は、一の湯に行ってきた。
外観はレトロで、内装は現代的。
噂の洞窟風呂は、男湯とつながっていて、男子が大騒ぎ。
ゆったりできず残念だった。。。
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/information/yumeguri/4.html

今日の朝風呂は、三木屋の内湯でのんびり。
朝食をいただいて、お部屋でゴロゴロ。

お昼を食べに外出すると、若者がいっぱい。
昨夜も浴衣に丹前を着た若者たちが温泉街をカラコロと歩いてた。
活気があって、いい温泉街だな~。
うどんをつるっといただいた。

旅館に戻って、一息。
ワークショップは16時から。
アシスタントの女優二人が到着。
ポかリンメンバーの中島美紀と、フランス在住の寺内亜矢子さん。
亜矢子さんはSPAC(静岡)公演で丁度帰国していたので
ご一緒できた。

部屋で一息ついて、浴衣に着替え。
和田さんのお迎えで、城崎温泉駅前の「さとの湯」へ。

地元の女性や、外国人女性、観光客の男子たちと浴衣の着方から
レッスン。
1時間でやれることは限られているんだけど、
粋な所作も交えて、楽しい時間になった。

夜は、小料理屋「とみや」でしっぽりと。
もちろん蟹もいただきました。
http://tabelog.com/hyogo/A2808/A280801/28004434/

そして亜矢子さんの誘いに乗って、コウノトリダンスにも参加。
コウノトリのかぶりものを頭につけた瞬間に、スイッチオン!
しなやかな三人の舞は大評判。
酉年だけに、心の翼広げてノリノリで楽しんでしまったわ。

その足で城崎国際アートセンターで開催中の「若旦那バー」へ。
この町の若旦那力、なんとも頼もしいったら。
http://www.kinosaki-wakadanna.com/blog/

若旦那たちが、明日の旅館の方々向けのワークショップに来てくださるとのこと。
濃密な一日だったわ。
明日の展開も楽しみ。。。


ジェット機とプロペラ機


3/24(火)雲の上

午後、羽田空港へ。
雲だらけで、地上の様子が観察できなくて残念。
伊丹空港で乗り継いで、但馬空港へ。
35人乗りのプロペラ機に、乗客が4人だけ。。。

「但馬空港の視界が悪いと、戻って来るかも」とアナウンス。
ゆ、ゆれる~~。
無事、着陸。
空港のお兄さんに標高を訊くと「300m」だそうな。
滑走路に雲がかかっちゃあ、着陸は厳しいわね。

バスで、城崎温泉へ。
豊岡市役所の和田さんが迎えにきてくれた。
ありがとうございます。
温泉街は川沿いに柳があって、いい風情。

老舗旅館「三木屋」へ車で送っていただいて、明日のワークショップの
打ち合わせ。中庭があって、ええ感じ~。
http://www.kinosaki-mikiya.jp/

アシスタントの女優二人は、明日城崎入り。
(おいらは自腹で前泊して、土地のエネルギーに慣れてから
 仕事したいの。)

七つある外湯が無料で入れるチケットをいただいたので
後で行ってみようっと。
霰が降って来て、めっちゃ寒いけど。。。

かぐや姫


3/23(月)はれ

緑茶に柚子酢をたらすと、す~っとして美味しい。

友から勧められていた映画、高畑勲監督アニメ『かぐや姫の物語』
を観た。
http://kaguyahime-monogatari.jp/

美しい自然の描写、登場人物の個性が色濃く出ていて
面白かった。
自分の心に正直に生きようとする姫の葛藤が何とも切ない。

月から迎えが来た時に、姫は地球に残りたいと訴える。
月で罪を犯した姫が、罪を償うために地球に降ろされたというのに。

子どもの頃に読んだかぐや姫は、他の星の人としての距離を
感じていたけれどこの映画では、何人であろうと
心を通わせた者たちの情を愛おしく感じた。

声は、声優ではなく、俳優の方々が担当している。
声優の言霊は、うねりが大きいけど、俳優は、淡々としている。
好みは別れるだろうけど、おいらは淡々としている方が
心地よく感じる。

まだ観てない人は、ぜひぜひ。


妖怪キモノブカフェ2


3/22(日)はれ

暖かいな。。。

「妖怪キモノブカフェ」の二日目。

お昼過ぎ、クロモンカフェへ向かっている道で、キモノブの
女子二人に遭遇。
ええ感じのカップルにチラシを配ったり、宣伝活動をしてる。
旧東海道に妖怪チックな着物女子がいるのが自然。

お店に入ると、仕事仲間が来てくれていた。
ポかリン記憶舎第一回公演『畳屋の女たち』でご一緒した、
照明家の矢口氏。

お互いの近況を話しつつ、耳かきさせてもらった。
『畳屋の女たち』の中で、耳かきをするシーンがあって。
懐かしいね~と話せることが、何とも幸せだった。

好きなことを続けていけることに感謝。

夕方前、お客さんがふっと途絶えて、みんなでお茶タイム。
集合写真を撮ったり、和気あいあい。
お店の内装、茶器などのアートディレクションをしている原ちゃんの
他の作品の写真を見せもらったり。

女子高生のなるみちゃん登場。
このカフェのお客さんで、昨日もお手伝いをしてくれためんこい子。
今日は着物&袴に着替えるので、おいらが着付ける。
その可愛さに、みんな歓声をあげる。

再び、お客さんの流れが続く。
以前、耳かきにいらしてくれた方が、また来店してくださった。
これは嬉しい!
スタンプカードに、耳の判子を押す。
ぜひまたいらしてくださいね。

この二日間で、いろんな出会いがあったな~。
これからも季節毎に開催するそうな。
楽しみ。。。

妖怪キモノブカフェ1


3/21(土)くもり

春分の日。。。
午後、ちょっとお昼寝。
幸せな時間。

よっし、妖怪耳かきババァに変身だ。
入念に眉毛をつぶしてっと。

夕方、クロモンカフェへ。
キモノブの女子たちが、土日に「妖怪キモノブカフェ」を開店する。

女子美出身のキモノブの四人と、フードアーティストの西村隆之氏
とのコラボ。
お茶を点てるコーナーがあって、あちこちに作品が展示してあったり
雑貨が販売されていたり。

お店は常に満席。
お着物のお客さんも多くて、熱気ムンムン。

耳かき屋の準備を終えると、さっそくお客さんが。
ええ感じのご夫婦の、旦那さんがチャレンジしてくださった。

いつも奥さんに耳かきしてもらうんだって。
近所にお住まいで、またいらしてくださるとのこと。
嬉しいな。

耳にホクロがある人が多いので、ホクロ占いの知識が
あってもいいなあ。勉強しとこう。

次々とお客さんが続いて、あっという間に閉店時間。

用意した食材はすべてなくなったそうな。
すご~い。
合間においらも「泥団子」を食べた。
三種類のお味が楽しめて、美味しかった~。

よっし。明日もいい流れになりますように。


新月にすること


3/20(金)新月

来週の浴衣ワークショップの準備をしている。
絞りの浴衣を出して、帯を何本か出して、帯締めはどれにしようかと
考える。

こういう時間、結構好き。


今夜は、皆既日食で新月なのだそうな。
(残念ながら、日本から皆既日食は見れず。)

月一回の新月の日にやっていること。
新月の目標立て。
二~十個の目標を箇条書きにする。

書き方にはコツがある。

「私が心身共に健康に暮らせますように。」
と、願っている状態を書くのではなく、
「私は心身共に健康に暮らしています。」と、現在形で書く。

月の周期で生活するのは、生きものとしてしっくりくるし、
毎月、どう生きたいかを認識できるのは、初心に帰ることができて
とってもいい。

興味のある人は、ぜひ習慣にしてみてね。
(メルマガに登録しておくと、新月の前に知らせてくれます。)

http://melma.com/backnumber_113800/


招集


3/19(木)くもり~雨

サッカー日本代表の三月末の親善試合の代表メンバーが発表された。
いつもは23人の選手が選ばれるのだけれど、今回は31人
(3人の怪我中の選手含む)。
さらにバックアップメンバー12人の選手も公表された。
(たくさんの選手を呼ぶのは、監督が自分のやり方を知って欲しいと
考えているため。)
http://www.jfa.jp/national_team/news/00005764/

会見動画を観た。
ハリルホジッチ監督は、立ち上がってスタンドマイクで語り始めた。
プロジェクターに、選手ひとりひとりの顔と名前が映し出される。

とうとうFWの宇佐美貴史選手が2年半振りに招集された。
(攻撃には優れているけれど、守備は‥‥という評価が続いていた。)

監督は、全員で攻守をすることを掲げているが、
一芸に秀でた選手にも光を当てる人。
監督が選手のいい所を伸ばしながら、全員で戦えるチームにして
ゆくのが楽しみ。

思い入れのあるFWの大迫勇也選手は、去年の10月以来の招集。
所属クラブのケルン(ドイツ)では途中出場で得点をあげたりしてる
けれど、まだレギュラーは掴んでいない。
海外組の招集は、協会が主に呼んでいるとの情報なので
今回の合宿でいいアピールができるといいな。

監督は、選手ひとりひとりと面談する時間を設けるとのこと。
怪我をしている選手も含めて、その状況も直接訊きたいのだそうな。

新たな出発の顔合わせ合宿、大事よねえ。
23日の合宿開始で、27日にチュニジア戦、31日にウズベキスタン戦
を控えている。
監督はもちろん勝利のために全力で取り組むとのこと。

初戦は、どんなメンバーで、フォーメーションはどうなるのか。
まずは合宿がいいスタートを切れますように。


青い炎


3/18(水)はれ

美容院へ毛繕いをしに。
今日は、空いているのね。

お店の名前が変わったのだそうな。
スタッフや運営はそのままだそうで。
‥‥承知致しました。

担当のお兄さん、アシスタントのお兄さんと
サッカー日本代表ハリルホジッチ監督の話題で盛り上がった。

通訳の樋渡群氏の面構えの良さを伝えると
ヘナ染めの最中に、お兄さんがiPhoneでググって画像を入手して
「おお~~!」と歓声をあげている。

ハリルホジッチ監督と樋渡氏のコンビが、練習場でどんなエネルギーを
出すのか、今から楽しみ。
(二人共、瞳の奥に青い炎を感じるわ。。。)

職業柄、ここ最近の日本代表監督の生え際話でも盛り上がり。。。

杉花粉の時期は、ヘナ染めのとき、頭皮がヒリヒリするんだけど
アドレナリンが出てるのか、平気だった。
(サッカー話が楽しくできる環境に感謝。。。)

よっし。毛繕いして心も軽やか。
アクセサリー店で、ピアスでも見て行こうかな。

見覚えのある


3/17(火)

図書館へ。
たまっている仕事を黙々と片付ける。
家だとゴロゴロしちゃうんだよな。
仕事部屋(事務所)が別にあるといいのにな。。。

向かいに座っている中年の女性が使っているA4のクリアファイル、
見覚えがあるなあ。。。
白地に、青・赤・緑で草花の細かい模様が描かれている。
おいらはA5サイズのを持ってる。

どの美術館で買ったんだっけ?
韓国だったかなあ。。。

訊きたい。見知らぬ女性に話しかけてみたい。
電子辞書を片手に、集中して勉強している彼女に隙はない。

帰宅したら、引き出しを開けて、調べてみようっと。


どなたから?


3/16(月)

鳥の影が窓に映ると、ラッキーな気持ちになる。

読もうと思って机に置いてある資料に、なかなか手が伸びず。。。

それにしても、迷惑メールの多さに思考が止まっちゃうわ。
会員情報を確認してねと言いつつ、送り主の正体は不明だったり。
(ひっかからないぞ~。)

いろんなスパムメールの中で、最近の流りのシリーズは。。。

「余命わずかなので、私の代わりに幸せになってください。」

で、サイトに誘導する流れになっている。

知らない人からのメールが毎日こんなに沢山届くことが
なんとも不思議。

「君子危うきに近寄らず」
と心の中で呟きながら、迷惑メールのフォルダに振り分ける。
人を騙して利益を得る仕組みには、近づかないぞ。

幸せは、日々の中でいくつでも見つけることができる。
電車の中でご機嫌な赤ちゃんがいたら、周りのみんなが
ニッコニコになる。

日が射す場所へと意識を向けて生きようっと。


みたててみた展


3/15(日)

「志賀直哉集」筑摩書房の短編を少しずつ読んでいる。
短編小説って、強烈だなあ。。。

余談だけど、奈良の志賀直哉旧居、いい処だったな。
また行きたい。
http://www.kasugano.com/kankou/shiganaoya/

小豆島のギャラリーメイパムから「みたててみた展」
のチラシが届いた。
http://meipam.net/mitatetemita/

島の古民具に、6人のアーティストが自分の視点で
使い方を妄想する企画。
おいらも関わらせてもらってる。
お客さんも自分の見立てを展示室に貼付けられるように
なっているそうな。

これは、ぜひ島に行って、いろんな人の想像力に触れたいな。
4/19(日)までやってます。
春休みはぜひ、小豆島へ。。。


週末といえば


3/14(土)くもり

今日は耳かき屋の日。
午後、着物を着て、クロモンカフェへ。

ほどよいお客さんの入りで、ちょこちょこと運ぶのをお手伝い。
おいらが耳かき部屋(床の間スペース)に居ると
店主の薄葉さんが「妖怪耳かきババァさ~ん」と呼んでくれるので
お客さんに耳かき屋の存在がじわじわ伝わっている。

それを見ていた五歳の男の子が
「どうして運んでるの?」と問うてきた。
「お手伝いするのが好きだから。」と答える。
彼は、何にでも「どうして?」と訊きたくなるお年頃。
お母さんに絵本を読んでもらいながら
「どうして!?」を連発している。

帰り際、男の子のお母さんがトイレに行っている間に、男子とトーク。
「お靴出そうか。どこにある?」
甘え全開の男の子が、自分のとお母さんの靴を出口に並べている。
彼の成長を見守れるといいな。。。また来てね~。

今日は、男女共に、おひとり様も多かったな。
親戚のような気持ちで接客する。
「ごはんおかわり」って言われると、嬉しくなったり。
オープンハートの状態でやりとりするのが楽しいな。

最近引っ越して来たというお客さんも多くて
耳かき屋にも興味を持ってくれてうれしいな。
(種まき種まき。。。)

常連の愛ちゃんが来てくれた。
彼女はキモノブのメンバー。
来週の「妖怪キモノブカフェ」に来ると言ってくれるお客さんも
何人か。チラシを渡して、笑顔でお客様をお見送り。

と、ヤンママと女の子のかしまし団が来店して、賑やかに。
今日は卒園式だったんだって。

耳かき部屋から隣の部屋に移動して、薄葉さんと三人で
来週のカフェ運営の打ち合わせ。

「妖怪キモノブカフェ」では、お抹茶を点てたり、
手作りお菓子や手鞠寿司もあるそうな。
https://www.facebook.com/events/1558210577788188/

やってみないと分からないことがある。
愛ちゃんたちがどんな空間を作り出すのか、楽しみ。。。


新監督


3/13(金)はれ

サッカー日本代表の新監督、バビド・ハリルホジッチ氏の
就任会見があった。
YouTube で2回観ちゃったよ。
https://www.youtube.com/watch?v=wHp87vVkXGo

なんて熱い人なんだろう。。。
自信に満ち溢れ、サッカーにすべてを捧げている人。
ボスニアヘルツェゴビナ出身で、フランス国籍を持つ
ハリルホジッチ氏。
コートジボワール代表、アルジェリア代表を率いた経験もあり、
昨年のワールドサッカーブラジル大会の決勝ラウンドで
優勝国のドイツを延長戦まで苦しめた戦い振りは、世界中を驚かせた。

通訳の樋渡群氏の精悍さにも注目しちゃう。
サッカーのコーチが本業だからこそ、通訳としていいテンポで
監督から選手への橋渡しができるんじゃないかな。
http://wave-news.net/hiwatashi-gun/

監督は、来日してすぐに会見し、明日からJリーグの試合を視察
するそうな。
「まずは、いいチームをつくるために、スタッフらで団結していい
 雰囲気をつくっていくことが大事。」
と監督。
外国(違う文化の国)で仕事をし慣れている言霊の数々に
グッときた。
今後の、監督の言動や仕事ぶりにも注目してるわ。

<余談>
監督がお水を飲んだ瞬間に、エクボがきゅっとできるのが可愛い。


ひなたぼっこ



3/12(木)はれ

近所で買い物の帰りに、ちょいっと路地に入ってみた。
車の下に、白猫発見。
ちょっと遠くから「ニャオ~ン」と挨拶すると、返してくれた。
近づいて手を出すと、こっちに出て来てくれた。

なでなで。

首輪をしてないから、野良なのね。
いくつかの家でご飯もらってるんだろうな。

ゴロゴロと喉を鳴らして、気分を伝えてくれる白さん。
毛並みの感じでは、結構いい年だろう。

なでなでしながら、日差しの強さを実感する。
春だなあ。。。

「また遊んでね。」と声をかけて、立ち上がった。
路地の曲がり角で振り返ったら、白さんがこっちを見てくれた。

小さな出会いに、ほっぺゆるみっぱなしの午後。


信じる力


3/11(水)快晴

今日は花粉飛んでるな。。。

午後、友人宅へ。
西武線に乗ってたら、アナウンスが。

「14:46に、東北大震災の四年目を迎えるにあたり、震災時の
 訓練をします。すべての電車が一時停止しますので
 多少の遅れが出ますことをご了承下さい。」

それを聞いて、その時刻に電車に乗っていたいなと思った。

友人宅で、お茶飲んでほっこり。
やがてその時刻になったので、共に黙祷をした。
目を開けると、友はぐっと目を閉じたまま、祈っていた。
祈るという行為に、大きな力を感じた。

自然災害は、世界中で起きている。
紛争や戦争も、世界中で起きている。

近しい人だけでなく、見知らぬ人々の死を悼む祈りが
世界中で成されたら、人類は次の次元に踏み出すことが
できるんだろうな。

友が言っていた。
「人は信じる力を持っている。できないと信じている人、
 できると信じている人。どちらも自分を信じているのは同じ。」

呼吸を深くして、祈りが世界を包む画を想い描いている。

空から雨


3/10(火)はれ~くもり~雨~くもり

今日は東京大空襲の日。
空を見上げて想う。
雨でなく、焼夷弾が降って来ることが70年前にあったと。
日本国中が焼け野原になり、たくさんの人が炎に巻かれて
命を落とした。

午後、表参道をブラブラ。
春休みだから、平日でも若者がいっぱい。
外国人観光客もあちこちに。

おもしろいビルがいっぱいだな。。。

今日の目的は、古着屋のCHICAGOに、着物チェックしに。
妖怪耳かきババァ用の、地味派手で奇妙な着物、
あんまり持ってないんだよね。
http://www.chicago.co.jp/store_osd.html

地下の店内は、なかなかの品揃え。
一目惚れの子がいたけど、おとなしめ。
持ち主がお気に入りだったんだろうな。
着倒して、ヘロヘロになってる。
羽織ったら袖が短か過ぎて、あきらめた。

全体をくまなくチェックした後、収穫ないので帰ろうとして
最初に見たコーナーに行ったら、まあまあいい子がいた。
ほとんど袖通してないな。
色が強烈だけど、妖怪的には範疇内。

キモノブの「妖怪キモノブカフェ」で着ようかな。
よっし。連れて帰ろうっと。

レジで、金髪のお姉さんがわさっと畳んで袋に入れてくれた。
きちんと畳みたい気持ちをぐっと押さえる。

おうちで広げて、自分で畳もうっと。


よく走る


3/9(月)

太腿の裏が筋肉痛。。。
3月になって、苦手な開脚ストレッチを毎日やってるからね。
片足ずつ伸ばすのは楽チンだけど、両足同時にやるのがキツい。
でも、腰の柔らかさを保つためにも大事なので、チビチビやっている。
今年は、自分の身体を新しく作って、中年期以降に備えていくつもり。


サッカー日本代表監督に、バヒド・ハリルホジッチ監督が内定したそうな。
正式決定は、12日の協会の会議まで待たねばならぬ。
ボスニアヘルツェゴビナ出身のハリルホジッチ監督は、
ブラジル大会でアルジェリアを率いて、決勝ラウンド一回戦で
優勝国ドイツを延長戦にもつれ込ませる名勝負をしたお方。

2006年から日本代表を率いたイビチャ・オシム氏の後輩でもあり
よく走るサッカーをし、戦術家でもある。
http://matome.naver.jp/search?q=ハリルホジッチ

3月末の親善試合の指揮をするかどうかは、ビザ次第らしい。

極東の日本に人生をかけて来てくれることに、感謝でござる。
新監督の来日、首を長くして待ってるわ。


開幕


3/8(日)くもり~雨

昨日からJリーグが始まったわね。
明治安田生命Jリーグに名前が変わった。
そして、2ステージ制になって、チャンピオンズシップで
優勝チームを決めることになる。
http://www.jleague.jp/

去年までは1ステージ、ホーム&アウェイで戦って
勝ち点が多いチームが優勝だった。
2ステージ制は公平性がなくなるから賛否があったけど
観客を増やすための試みが、うまくいくといいな。

ちなみに、明治安田生命の社長が、社員にJリーグ観戦の指令を出し
8600人がJ1~J3の試合を観戦したとか。
社全体でJリーグを盛り上げてゆく姿勢、いいじゃないの。
スポーツ観戦の楽しさ、いろんな人に知ってもらいたいな。

ブラジル旅仲間のことを少し。
ガンバ大阪ファンの女子と、松本山雅ファンの親子がおりまして。
昨日、勿論スタジアムで応援して来たそうな。いいな~。
(耳かき屋の時間帯とドンかぶりだよ。。。)

どちらもドローでの発進。
勝ちたかっただろうけど、まあ黒星じゃなくて良かったね。

ガンバ友は、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の試合を
タイに観に行くそうな。人生を楽しんでるな~。
応援するって、生命力が湧くもんねえ。
相手チームのサポーターとの交流も楽しいしね。

杉花粉が弱まったら、おいらもサッカー観戦行こうっと。

江戸ぱんち


3/7(土)小雨

朝、鎌倉から東京へ電車で戻る。
今日はクロモンカフェで耳かき屋の日。
眉をつぶす時間がなかったわ。

てくてくとカフェへ。
にこにこ歩いてたら、おばあさんに声かけられた。
「風邪ひかないようにね。」
「ありがとうございます。」
と笑顔で返す。
小さくて可愛らしいおばあさんだったな。。。

今日はのんびりモード。
カップルがコタツの板に伏せて昼寝してる。

そこに、杉山夫妻がご来店。
店主の薄葉さんが夫妻の赤ちゃんを抱っこして
その間に二人はゆっくり食事。いい店だなあ。。。

舞台美術家の杉山氏と、秋のイベントの話をして
これからの展開を、だいたい把握した。
杉山夫妻は「今度はぜひ耳かきを」と笑顔で帰って行った。
ぜひぜひ。

地元の漫画家、桐村海丸ちゃんが表紙を描いている「江戸ぱんち」が
漫画棚に置いてある。
さっそく読んでみた。
http://www.amazon.co.jp/江戸ぱんち-春-シリーズ2巻-COMIC江戸日和-ペーパーバックスタイル女性向け時代劇漫画/dp/4785954841/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1425908265&sr=1-1&keywords=江戸ぱんち

画風は男性的なタッチなんだけど、登場人物ひとりひとりが
何とも魅力的。生きてるんだな~。

と、本人が来店。
耳かき屋常連の愛ちゃんも一緒。
店主の薄葉さんが「江戸ぱんち」を五冊も棚に並べてあって
海丸ちゃん、感激してる。

メイプルセンターの大越さんもいらしてくださった。
ダイエットで体重が減って、腰が痛くなったとのこと。
身体のバランスが変わると、腰や膝にくるよね。
下半身をゆるめた後、みんなで立った時の膝の力の抜き方を実践。

いい汗かいたわ~。

北品川商店街の妖怪おじさん&おばさんカルタを作る構想、
大越さんも大賛成してくれてる。
後日、名物おじさん&おばさんのリストをもらえることに。

品川宿からの文化発信、どんどん進んでゆきますように。

鎌倉時間


3/6(金)くもり~雨

夕方、鎌倉へ。
『花音』公演の主催団体、ルートカルチャーのミーティングに
参加する。
メンバーの家で食事しつつ、秋の公演の詳細を確認してゆく。
メンバーの奥さんや子どもたちも集合して、美味しい料理に囲まれて
ワイワイ状態。

総菜屋「オイチイチ」のイクコさんが、牡蠣を差し入れしてくれたり。
http://oicheech.blogspot.jp/

みんなのいろんな差し入れで、次から次へと料理が出て来る~。

テレビで、なでしこジャパン対ポルトガルの試合してて
おいらがチラ見してたら、テレビ消されてションボリしたり。

三年続いた公演を鎌倉で着地させる。
いろんな出会いが繋がって広がって、そして新しい挑戦が待っている。

ミーティングが終わって、今なら終電に間に合うなって時に
「耳かきして」と声がかかったので、鎌倉に泊まることにした。

極細の竹の耳かきを借りて、大人や子どもの耳かきをさせてもらった。
率先して耳を預けてくれた家主の瀬藤氏は、
お父様が耳鼻科医なんだって。そりゃ~耳に明るいよね。。。

鎌倉時間、楽しかった~。


城の崎にて


3/5(木)はれ

図書館にいる。
隣の男子の貧乏ゆすりが激しい。
気になるけれど、ノリノリなんだなあと思えば、まあいいか。
実際、貧乏ゆすりは身体にいいみたいね。
じ~っと座っていると、腰に負担がかかるから
身体を動かすのは理に適っているそうな。

おいらも密かに足先を膝の高さまで上げたり、背伸びをしたり、
ちょこちょこ動いている。

月末に城崎温泉に滞在するので、例の短編小説を読んでいる。
志賀直哉著『城の崎にて』筑摩書房

高校生の頃、読んだんだけど、記憶の彼方だったので再読。

山手線の電車にはねられ、重傷を負った志賀氏は
退院後に城崎温泉で療養する。
蜂、鼠、イモリの死を通して、生と死の間にいる自分に
「ある答え」を見つける。
しんとした淋しさと対峙しながら、温泉地を歩いてゆく
彼の呼吸を想う。

彼が滞在した旅館に泊まれるのが、今から楽しみだな。。。

他の短編も読んでみようっと。

(追記:志賀氏は帰り道、線路内を歩いてたんだって。)

表裏


3/4(水)はれ

最近のおいらのマイブーム。
レギンスを裏にして履くこと。
縫い目が肌に食い込まないので、快適なの。
(外出するときは、しないよ。)

赤ちゃんの衣類は、縫い目が外側になっているんだって。
だよねえ。柔肌に縫い目が当たると、痛いよねえ。

ちょっとググってみると、肌が弱い人用の肌着で
縫い目が表になっているものがある。
それと、アトピーのお子さんは、パジャマを裏にして着ているそうな。

小野小町の歌を思い出したよ。

「いとせめて 恋しきときは むばたまの 夜の衣を 返してぞ着る」

夜衣(パジャマ)を裏返して着て眠ると、夢の中で愛しい人に会えるおまじない。
(中学生のとき、やってた気がするな。。。)

友達の中で、寝る時に裸の人がいる。
寝る時くらいは、下着や衣類に締め付けられたくないんだって。
うんうん。分かるわあ。

同じ理由で、ノーパンでブカブカのパジャマで寝る人もいる。

そういえば、着物って脱いだ時に、身体に縫い目の跡とかつかないな。
改めて心地よい衣だなあと再認識してしまった。。。

小説の力


3/3(火)くもり

ご近所さんに文旦を渡したら、ちらし寿司をお裾分けしていただいた。
ありがとうございます。
そうよね。今日はひな祭りだものね。
具がいっぱいで美味し~い。

沢村鐵著/中央文庫『シュラ』読了。
彼は古くからの友人で、サッカー観戦仲間でもある。
http://k-norita0426.hatenadiary.jp/entry/2014/08/06/185911

闇の中に光が差され、筆は置かれているけれど
登場人物たちの戦いは続いてゆくのだなあと感じている。

筆者はたくさんの武力や権力を描きながら
「人を殺さないで勝つ方法」を模索し続ける人物を柱に、
ぐいぐいと物語を運んでゆく。

殺し合いの連鎖を解き放とうとする友の仕事に、心の中で乾杯をした。
彼は小説家なので、たくさんの人に語りかける力がある。

おいらの仕事は、顔を合わせられる距離感であることが多い。
規模は違うけれど、自分の仕事で「内なる光」を共鳴させてゆける歓びを
重ねてゆこう、と再認識している。


修羅


3/2(月)はれ

いい天気なので、お洗濯っと。

友人の小説、四巻で完結の最終巻『シュラ』を読み始めた。
おいらは、一日に一本しか映画を観られない体質。
なので、演劇をマチネとソワレで梯子するのもキツい。
そして、友人の小説は中身が濃いので、四巻の小説を読み切るのに
一巻読んだ後、一ヶ月以上の間を置いてきた。
彼の作品と対峙するには、おいらにはそれくらいの時間と体力が必要。

沢村鐵著/中央文庫
『フェイスレス』『スカイハイ』『メネシス』『シュラ』
http://honto.jp/netstore/pd-book_26282638.html

午後から読み始めて、日付が変わってしまったので
続きはまた明日。

自分の家族を皆殺しにされた少女がやがて刑事となり
巨大な闇の組織との戦いの中で見つけたものとは。。。

たたみかけてゆくような言霊が増えてきたので
そこから解き放たれる瞬間がくることを楽しみに。。。


城崎温泉


3/1(日)雨

雨の音が大きい。雨粒が大きいってことね。

今朝の夢。
サッカー日本代表のミーティング部屋に「どうぞ入って」と言われて
入ったはいいけど、緊張~。
選手達が席についている中で、おいら場違いだな。。。
と感じているところで目が覚めた。

そろそろ監督が決まるから、夢に出て来たのかもね。


月末の仕事、城崎温泉での浴衣ワークショップのスケジュール詳細を
豊岡市役所のスタッフさんと摺り合わせ中。
http://www.kinosaki-spa.gr.jp/

ワークショップは、一般の方々と、旅館の方々の二種類。
どっちも熱い展開になりそう。

新幹線で5時間、飛行機&バスで3時間強かかる。
おいらは飛行機大好きだから、なるべく空路を使いたい。

宿泊は老舗旅館。
た~の~し~み~。

おいらは、自腹で前乗りする予定。
温泉街を浴衣で粋に歩くためのワークショップを開催するので
前日に現場の雰囲気を掴んでおく必要があるのよね。
地方で仕事をするときは、その土地のエナジーに馴染んでおきたいので
前乗りをすることが多い。
(当日に早起きして大移動して、初めて会う命たちとみっしり対面する
 のが体力的にしんどいっていうのもある。)

ロープウェイがあるのか。高所恐怖症だけど、乗りたいな。
温泉神社もあるから、お参りしておこうっと。

ワークショップの詳細が決まったら、お知らせしますね。

耳かき屋


2/28(土)はれ

今日は耳かき屋の日。
眉をつぶすとき、とっても痛かったんだけど
たった今、痛くない方法を発見した。

着物を着て、クロモンカフェへてくてく。
https://www.facebook.com/kuromoncafe?fref=ts
https://www.facebook.com/mimi1.mimi2.mimi3

今日は比較的空いている。
店主の薄葉さんとお客さんが話している。
「この間、小学生の男の子が耳かきババァのチラシをじ~っと
 視てましたよ。」
うれしい裏情報。
お姉さんの声が、倍音のかかった土鈴のようで、めっちゃ気持ちいい。
友達になりたい。。。

お茶のおかわりついでに、お姉さんと談笑。
「いつか、その男の子が500円玉を握りしめて、来てくれたらな~。」

近くの席で、お互いに好意をもっている男女が「いい人紹介してよ」
と言い合いながら、互いの好みを引き出し合っている。
春だなあ。。。

常連の愛ちゃんがお母様といらしてくださった。
ありがとう~。
お母様は、耳かき屋に行ってみたいと思っていたけど
娘の領域に入ってはいけないと遠慮してたら
娘から誘われてウッキウキで来店してくださった。

二人の食事中に、窓際の席の男性に「耳かき営業中」とアプローチ
したら「やってみる」とのこと。
やったね!
最初は緊張されていたけれど、だんだんいい感じに。
子どもの頃、お母さんにホジホジしてもらった想い出や
耳鼻科でホジホジして、大量の耳垢が出て来た想い出を話してくださった。
スタンプカードを押して「またいらしてください」とお見送り。
もちろん、耳垢は溜めておいてと念押し。

いよいよ、母娘耳かき開始。
まずはお母様から。
やっぱり親子、耳の形がそっくり。
は~~感激しちゃうわ~。
腰ほぐしもされるとのこと。
ゆるめつつ、自分でできる方法をいくつか伝授。
娘の愛ちゃんが、ゆるむ母の画像をラインで家族に送っている。
面白い家族だな。。。

次は娘の愛ちゃんの番。
膝枕したとたんに「ん?肩に違和感」とのこと。
毎週、身体の意識ポイントを色々伝授しているので
力が抜けてないことが分かるようになってきたのね。
いいことだ!
耳かきが終わった後、軽く肩をゆるめて、自分でやる方法も伝授。

「自分が変わってゆくのが楽しい」と愛ちゃん。
おいらも、楽しいよ。

お母様、今度はお友達といらしてくださるそうな。
ぜひぜひ。

明日から三月か。
小さな経験を重ねてゆくのが、楽しいな。。。


プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード