営業


1/30(金)はれ

午後、北品川商店街の美容院へてくてく。
「耳かき屋」のチラシを置かせてもらいたくて。

ボディートリートメントサロンを営んでいる友人が
「美容院にチラシを置かせてもらうといいよ。」
とアドバイスをくれたので、さっそく実践。

一件目の美容院は、三毛猫が受付にいてのほほんな感じ。
店主の方に話すと
「耳かき!?あら。あなたクロモンカフェにいたわね。着物で。」
と返してくれた。
「うちも着付けやってるから。何かあったらどうぞ。」
とのこと。
しっかり宣伝するあたり、さすがだわ~。
ありがとうございます。

二件目の美容院は、店主の方が、困惑しつつ苦笑していた。
「置くとこないのよね~。」
とはいえ、待っているお客さんの目の前で断れないのか
チラシを受け取ってくれた。

う~~ん。引けばよかったのかな。。。
まあ、この商店街で「耳かき屋」ができたってことが
店内の人に伝わっただけでも収穫だ。

くよくよするより、勇気をもって暖簾をくぐったことを
良しとしようっと。

スポンサーサイト

カバー曲


1/29(木)はれ

午後、友人宅へ。
大人四人でお茶菓子囲んでワイワイ。

社会人から美大に入り直した友が、卒業制作で賞をもらったとのこと。
すごいじゃん!おめでとう!
卒制展観に行くのが楽しみだな。。。

みんなフリーランスなので、仕事情報も交換しつつ。
もちろん耳かき屋のチラシを配布。
妖怪耳かきババァの唄を歌ったら大ウケ。

「サイトに音声を貼付けるべき」と勧められた。
うんうん。それいいね。
最後の一節はハモりたいから、誰かに手伝ってもらわなきゃな。

部屋のBGM、はじめはクラシック音楽が流れていたのだけれど
友の旦那さんがスピーカーチェックしつつ、いろんなカバー曲をピックアップ。
演歌歌手が歌謡曲をカバーしているシリーズを聴いて盛り上がった。
美空ひばりの低音の響きにうっとり。
都はるみのソフトなうねりが新鮮。
これは八代亜紀?と思ったら、ちあきなおみだったり。

カバー曲って、歌手の力量がくっきり出ちゃうのね。。。
シビれた~。

何だか久しぶりに、大声で歌いたくなっちゃった。
とはいっても、カラオケはあんまり好きじゃない。
砂浜で波をBGMに、のんびり歌うのがいいな。


名前


1/28(水)はれ

従姉妹が男の子を産んだ。
40代の高齢出産。
無事に元気な赤ちゃんが生まれて来て、嬉しいな。

おいらの周りでは、35歳以上の出産が続いている。
母親になってゆく友や従姉妹の変化に、感動しちゃう。
新しい命を生み育てるって、 小さな命と共に成長してゆくこと
でもあるものね。

お子さんの名前を知ると、親の愛や願いをひしひしと感じる。

自分のことにひっぱってくると、台本を書くときに
登場人物の名前をあれこれ考えてきた。

まず、登場人物の苗字をすべて決めて、名前は後で整えてゆく。
名付け親辞典を片手に、バランスをとりながら音読してみる。

響き、大事よね。。。

おいらの名前「慈」は今まで誰もその通りに呼んでくれたことはない。
数々のエピソードがあるけれど「何て読むの?」と訊いてくれるところ
からコミュニケーションが始まる。

ちなみに『花音』の登場人物に名前はない。
台本には以下のように記されている。

男  そうかもしれない
女  そうかもしれない
男  そうか そうだよ
女  そうよ そうそう

名前がないから、何者にもなれるし、すいすい次元を越えてゆく。
魂の光で曼荼羅を描いてゆくような感じ。

私たちの生活も、俯瞰して観れば
名もなき命の運動体なのかもしれない。


秋の鎌倉


1/27(火)はれ

益子の役場職員さんからいただいた湯のみで、毎日お茶を飲んでいる。
生姜湯も飲んでいる。
ありがとうございます。

『花音』公演は、秋に鎌倉で締めて終わりになる。
9月の秋分の日に鶴岡八幡宮で奉納するのと、もう一箇所で
公演する予定。
来月、下見に行くことになっている。

もうこの企画で3年くらい経つよな。。。
http://www.rootculture.jp/

メールのやりとりを少し見返すと、2012年の春からぼちぼちと
始まっている。
月一で稽古して、短いシーン台本を少しずつ書いてゆく方式が
新鮮だった。
12月に20分くらいの作品を公開稽古で発表して
2013年の5月に浄智寺で公演。

その後、別府、伊勢、滋賀と、西日本を旅してきた。
2015年は、福島、益子と旅して鎌倉に帰ってくる。
再演というより、その土地で新しく生まれる感じ。
こんなに新鮮で、多面的でおもしろい作品に関われていることが幸せ。

某館の建築図面と写真をじっくり観ている。
鶴岡八幡宮の神楽殿の写真と見比べつつ。

おそらく、両公演が近い日程で上演することになるだろうから
フォーメーションを同じにしなくてはならない。
でも、館に入って来る日光を効果的に使いたくなる。そうなると。。。

まあ、今悩んでもしょうがないな。
実際に観てから考えようっと。


噂ちゃん


1/26(月)はれ

台所でゴショゴショしていると、窓に鳥の影がシャワ~ッと映る。
心の中のおいらの翼もシャワ~ッと広がる。

昨日、カスピ海ヨーグルトに、グレープジャム入りのマシュマロを
入れておいた。
冷蔵庫から出してみると、マシュマロがふわっと溶けかけになってる。
さっそく、いただきま~す。
美味し~い。
これは立派なデザートだね。大満足!

今日は、イチゴジャム入りのマシュマロを仕込んでおこうっと。
明日が楽しみ。。。
(その次はカルピス味のマシュマロでやってみよう。)


お知らせをひとつ。
来月、ポかリンメンバーの中島が客演します。
お時間ありまたらぜひ足をお運び下さい。

皿小鉢『噂ちゃん』
2/10~2/15@下北沢OFF・OFFシアター
http://www.pocarine.org/mt/archives/2015/01/2_2.html


餃子会


1/25(日)はれ

和菓子屋に行って、桜餅を購入。
春を感じる。。。

今日は近所に住む友人たちと餃子会。
みんなでワイワイ餃子やシュウマイを作って
いただきま~す!
美味し~~い。パクパク食べちゃう。

赤ちゃんが二人いて、抱っこしたり一緒に遊んだり。
一歳の男の子と、七ヶ月の女の子(昨日も遊んだ)。
かわええな~~。
名前をどうやって決めたかの候補を教えてもらって盛り上がった。

赤ちゃん二人は、今までお互いを牽制し合っていたけど
今日は男子の方から手を握ろうと数回チャレンジしてきた。
みんな胸キュン!
大人が喜び過ぎて騒いで、お互いが泣きそうになって幕引き。
(泣く前の戸惑っている顔も、かわええな。)

幼馴染みとして育ってゆく二人のこれからが楽しみだな。

お土産に、みんなで作った餃子をもらった。
は~~~お腹いっぱい。
楽しい午後をありがとう。


帰りたくない


1/24(土)はれ

目覚めても胸の奥が固まって重い。
ブラジルワールドカップで知り合った友人から
「残念」とメールが届いた。
残念会をやることに。
うんうん。語りたいことがたくさんあるよ。
アジアカップの日本チーム敗退は、他国も大きく取り上げている模様。

気合いを入れて、眉毛をつぶす。
妖怪に変身して、クロモンカフェへGO!

友人が遊びにきてくれた。ありがとう~。
一緒にランチ。
久しぶりに会ったので、おいらの展開に驚いている。
今まで、ず~っと演劇バカだったからね。
もちろん、演劇とはこれからも末永く付き合ってゆくつもり。
彼女は大学の准教授。
お互いマイペースに生きてるので、話してるとホッとする。

「人に触れるってことは、その人のエネルギーをもらってしまう

せっかくなので耳かきも体験してもらった。
彼女の耳はよく伸びる~!
耳マッサージをとっても気に入ってくれて、よかったわ。
「これは自信を持って知り合いに勧められる」と友。
このスッキリしつつ覚醒する感じ、いいでしょ。

近くの席の男性が「次回やってみようかな。」と言ってくれた。
「ぜひぜひ。お待ちしてます。」とおいら。

隣の和室から、度々覗きに来ていた五歳くらいの男の子。
その度に、眉なしのおいらがニヤリと挨拶。

友が帰ると、その男の子のお母さんが、肩をゆるめてほしいとのこと。
男の子は、座布団に伏せて熟睡中。
寝てもらって肩甲骨から肘、手首をゆるめたり、いろいろと。
自分でできる肩甲骨のゆるめ方もアドバイス。

常連の愛ちゃんが来てくれた。
いつもありがとう!
愛ちゃんは全身ゆるめるコースで。
膝が痛くなるとのこと。
膝の裏がピキピキに固くなっている人、多いんだよな。。。
ゆるんだ後、立っているときの膝のゆるめ方をアドバイス。
「ゆるむ!」と喜ぶ愛ちゃん。

たまにお店を手伝っているくまちゃんも、娘さんと一緒に来てくれた。
娘さんは生後七ヶ月。
膝に乗せて遊ばせてもらったり。
は~~かわええなあ。

さっきの男の子、やっと目が覚めたものの
このお店が好きすぎて、帰りたくないとのこと。
しばらくお母さんと持久戦。
お店を出た、と思ったらまた階段を上って来て「バイバイ」と手を振る彼。
みんなで「バイバーイ」と手を振り返す。

おばあちゃんちにいるような、この安堵感。
ここで耳かき屋をやれていることにじんわりと幸せを感じている。


UAE戦


1/23(金)はれ

夕方、近所のカフェレストランへ。
特等席が用意されていた。
うれし~~い。

AFCアジアカップの試合はいよいよ決勝トーナメント。
サッカー日本代表とUAE(アラブ首長国連邦)代表の戦い。
UAEは9年間同じ監督、選手たちで戦ってきたので
阿吽の呼吸で試合を運ぶことができる要注意のチーム。

去年、ブラジルに行く時に使った航空会社「エミレーツ」は
UAEの会社。
トランジットでドバイに一泊したとき、何に驚いたって
夜中の気温が42度と表示されてたこと。風が生暖かかったもんな。
2022年のワールドカップカタール開催は無理だと、肌で感じたよ。

国歌斉唱が終わって、キックオフ。
試合が始まってすぐに感じたのは、UAEの活きのよさ。
前半7分に、UAEがあっという間に先制点をとった。
日本が同点に追いついたのは後半36分。

日本は35本のシュートを打ち、UAEは3本。
店内は皆、一喜一憂しながら応援。
日本はボール保持では圧倒的に支配しながらも、勝ち越すことは
できずに延長戦へともつれ込み、PK戦で負けた。
(PKを外した香川選手は悔し涙を流していた。)

優勝候補の日本が、ベスト8でオーストラリアを去る。
記録は同点として残るけれど、準決勝に進むことはできない。
2017年のコンフェデレーションズカップの出場権を掴めなかったのは
痛いな。。。

10日間で4試合を固定メンバーで戦ったツケは、今日の試合で
岡崎選手と長友選手が怪我をするという形で出てしまった。
他の国は試合と試合の間が3~4日あるけれど、日本は2日だったのも
パフォーマンスの低下や怪我につながっていると言われている。

サッカーの神様は、UAEに微笑み、日本には背中を向けた。
UAEは次戦で開催国のオーストラリアと戦う。
どんな戦いを魅せてくれるのか。

唯一の光は、途中出場の柴崎選手がゴールを決めたこと。
22歳の彼が、この悔しさをバネに日本の屋台骨になってゆく
ことを願う。

はあ。。。しばらく落ち込んじゃうな。
しっかり落ち込んで、また立ち上がろうっと。


La capi


1/22(木)小雨

午後、北品川商店街のちょいと外れにあるカフェ「La capi」へ。
http://www.tokyocafestyle.com/cafe/shinagawa/229

前から気になっていたカフェ。
階段を上って、二階の店内へ。
テラスもあるけど、今日は雨でテーブルを畳んである。

小さな空間だけど、天井が三階まで吹き更けになっていて
ゆったりしてる。白壁に木の床で落ち着く~。
ココアを注文。
砂糖は自分で入れる方式なのがいいわ。

たまにマスコットの小型犬、カフィが近くにやってきて
挨拶してくれる。できた子やね~。
お客さんが帰ろうとすると足元で名残惜しそうに吠える。
かわええな~。

アクセサリーや雑貨が飾ってあって、ひとつひとつを
手に取って楽しんだ。
苺一粒大の一輪挿しに一目惚れ。
ガラスの中に沢山の気泡があって、何ともかわええ。
買って帰ろうっと。

お会計のときに、妖怪耳かきババァのチラシを置かせてもらえるよう
話をした。
マスターがOKの返事をくださった。
ありがとうございます。

「また来ます。」と伝えて店を出た。
今度は、チーズケーキ食べようっと。

文化発信


1/21(水)小雨

霙になったり、止んだり。
寒いなあ。。。

北品川商店街の「ゲストハウス品川宿」へ。
http://shukuba.jp/

店主の渡邊さんに挨拶。
妖怪耳かきババァのチラシを置かせてもらえるよう、ビジョンを説明した。
品川から文化を発信してゆくためのアイディアに大いに共感してくださった。
つぶらな瞳の熱いお方。
店舗が二つあるので、さっそくチラシを置いてくださるそうな。
ありがとうございます!

あそこにも頼むといいよ。
と、カフェ「La capi」を教えて下さった。
あ~~夕方までしかやってない、あのオシャレなカフェね。
明日行ってみよう。

近々新馬場でオープンする旅館にも置いてくださると。
ゆくゆくは外国人の方々に
「日本に旅行したときは品川宿で耳かきするといいよ。」
って認識してもらえるようになると、うれしいなあ。

今度こそ、英語を話せるようにならねば。。。

ヨルダン戦


1/20(火)新月

夕方、近所のカフェレストランへ。
店長が「もっと早く来るかと思った。」とニッコリ。
サッカー日本代表対ヨルダン代表の試合を観戦しに。
大画面は迫力があっていいんだな。

アジアカップは、審判の笛に左右されることが多い。
今日の審判は細かい細かい。

ヨルダンはアジアカップで過去2004年、2011年とベスト8に
進出している。
今年からイギリス人監督レイ・ウィルキンス氏が指揮をとっている。
グループステージ突破に向け、どちらも全力で戦う試合になっている。

蓋を開けてみると、前半24分と後半37分に1点ずつ日本が得点し
2-0で勝利した。
香川選手が得点した瞬間、店長が大爆発。
声がオペラ歌手のように粘り気があって太いので
数人分のパワーがある。

残念なのは、前半のうちに2点とれれば、早々に出ずっぱりの
レギュラーを下げてフレッシュな若手に経験の場を与えられたこと。

決勝トーナメントは中2日でやってくる。
次戦は選手の入れ替えをしていかないと、体力的に厳しいよな。。。

観戦後、次々とお客さんがやってきた。
それまで貸し切りだったことに気付き、いそいそと帰り支度。

店長が「次は23日か。お待ちしてます!」と笑顔で見送ってくれた。

ヨーグルト作り


1/19(月)はれ

腸内の健康に欠かせないのがヨーグルト。
今までは、スーパーで買って食べていたけれど
今年から牛乳を買って、カスピ海ヨーグルトを作っている。

実家に帰ったときに、冷蔵庫にいつもカスピ海ヨーグルトがあって
とろとろねばねばの美味しさにすっかりハマってしまっていた。

種のヨーグルトに牛乳を足して、ヨーグルトメーカーに入れて
待つこと12時間で出来上がり。
発酵するのを待つのって、ワクワクしちゃう。

ソースは大好きなブルーベリージャムをたっぷり。
今度、マシュマロを試してみたい。
(マシュマロが半分溶けて、とろとろになるんだって。)

美味しいな~って感じる物を毎日食べられるって、幸せだな。


Yokai


1/18(日)はれ

「妖怪耳かきババァの耳かき屋」を、外国人観光客の方にも
楽しんでもらいたい。よって、英語の説明文を作成中。

ブラジルワールドカップの旅仲間の堀池氏が翻訳家なので
翻訳を頼んだら、快くOKしてくれた。
おいらがエキサイト翻訳で作った英文をチェックしてもらった。
あちこち手を入れてくださった。
ありがとうございます。

「妖怪耳かきババァの耳かき屋」を自分なりに英訳したのが以下。

[ Ear cleaning by Yokai Earpick Lady ]

妖怪を英訳すると[ghost]になってしまう。
う~~ん。幽霊とも違うし。
[monster]だと、怪物になってしまうし。
結局[yokai]と日本語表記にした。

堀池氏は、それに関してはそのままでいいとのこと。


ドリンクの注文について、堀池氏から以下の提案があった。

「※別途ドリンクの注文をお願いしています。」については、
下記の代案にしてもいいかもしれません。
「代案:* An additional order of a drink is required.」
代案を用意した理由ですが、日本ならば
「Voluntary order of a drink will be appreciated.」
くらいに控えめに言っても、お客さんはほぼ確実にご注文してくれます
が、外国では国によってはこの言い方では注文しない人もいます。
代案ならば、確実に注文してくれます。
代案では口調が強いと感じるかもしれませんが、
少なくとも西洋の方々であれば代案の口調には慣れているので
問題はありません。

へ~え。勉強になります。強気で行きます。

説明文を印刷して、カラーのチラシの隅にホッチキスで留めて
北品川商店街のゲストハウスに置かせてもらうつもり。
浮世絵チックな画だから、目につくだろうし。
旅の想い出に、ぜひぜひ日本文化を体験していただきたいわ。


耳かき道


1/17(土)はれ

阪神・淡路大震災から20年が経った。
西の空に黙祷をして、己の生を全うすることを想う。


「妖怪耳かきババァの耳かき屋」午後の部初日。
https://www.facebook.com/mimi1.mimi2.mimi3

着物に着替える前に、眉つぶし中。
眉つぶしのロウがカピカピに固まって
メイクに時間がかかってしまった。

クロモンカフェに到着。
待ち合わせの女子大生とランチ。
彼女はアメリカの大学を5月に卒業し、日本の大学院で
勉学を続けるとのこと。
(高校生のときに、よくポかリンワークショップに来てくれていた。)

おいらが耳かき屋を始めたことに驚きを隠せない様子。
学生時代からの夢だったことを説明する。

「ワークショップは、やらないんですか?」と彼女。
舞踏もやってみたけど、ポかメソッドは、実生活に直結しているので
すごくいいとのこと。
高校時代は猫背だった彼女が、ポかメソッドを身につけて
背筋がすっと伸びたべっぴんさんになって、おいらも嬉しいよ。

「ワークショップはねえ、企画してくれたらやります。」と返答。
「色々つてがあるので、紹介させてください。」と彼女。
ありがたいなあ。。。
身体の軸をしなやかに使って生きると、楽しくて楽チン。
今年はポかメソッドワークショップ、たくさん開催できるといいな。

食後は耳かきタイム。
くすぐったがりで良く笑うのが可愛い。
耳かきの後、すっきりピカピカ顔で喜んでくれた。
脳がクリアになって、覚醒するんだよね~。
彼女は明日、アメリカに戻るそうな。
大学卒業して帰国したら、また来てね。

近くの席のお客さんが「面白そう。」と参加してくれることに。
やったね。
このカフェの常連さんで、近所に住んでいるそうな。
綿棒派で、耳かきは久しぶりとのこと。
「穫れました!」とおいらが叫ぶと、一緒に喜んでくれた。

帰り際の親子(お母さんと男の子)がじ~っとこっちを見ているので
歌を披露。
「耳の穴ひとつ 耳の穴ふたつ かっかせってや~」
男の子はリアクションに困りながら帰って行った。
えへへ。

漫画家の海丸ちゃんと常連の愛ちゃんが来店。
海丸ちゃんはチラシのイラストを描いてくれたので、ギャラを渡した。
感謝感謝。
愛ちゃんは待っている間に、スタンプカードのスタンプを消しゴムで
作ってくれた。
マークはもちろん耳!ありがと~。
妖怪耳かきババァの手拭、作りたいねと盛り上がる。

さて。お二人の施術の時間。
海丸ちゃんは、手を酷使しているので、手をほぐした。
愛ちゃんは、全身ほぐし。
床の間スペースだとちょっと狭いな。。。
次回は、座布団をセッティングするとき、手前にずらしてみようっと。

二人ともほっこりゆるんでいい感じ。
「あ~~このまま寝たい。」と海丸ちゃん。
「ゆるんで描いたら、いいの描けるよ。」と愛ちゃん。
幼馴染みの二人、いいコンビだな。

三月に、彼女たちの運営する「キモノ部」のお茶会で
耳かき屋をさせてもらえるのが楽しみだ。

そろそろ閉店時間。
店主の薄葉さんと談笑。
薄葉「こんな感じで、やりながらだね。」
みょ「はい。よろしくお願いします!」

2015年の耳かき道、大事な一歩を踏み出したよ。


口コミ


1/16(金)はれ

お昼、クロモンカフェへ。
「となりの八百屋さん定食」を食べてほっこり。
出来立てのチラシを広げると、店主の薄葉さんが喜んでくれた。
さっそくお店のあちこちに貼っていただいた。

来店しているお客さんにも、しっかり宣伝。
常連さんに知っていただいて、口コミで噂になってゆくのがいいな。
心安らぐ土曜の午後。。。

毛繕いをしに美容院へ。
今日はゆったりと時間が流れている。

「土際(ひじさい)読本」を読んでいると
担当のお兄さんが「何々?」と突っ込んでくれた。
先日の勉強会のことをあれこれと説明。
耳かき屋のことも、Facebookでチラ見したとのこと。
このお店を紹介してくれた友のページから知ったそうな。
自分の仕事に興味をもってもらえると嬉しいな。

お兄さんは、インスタグラムをやっているとのこと。
今度覗いてみようっと。

毛繕いを終えて、近所のカフェレストランへ。
大きなテレビがあるので、サッカー日本代表対イラク代表の試合を
観戦した。
特等席に案内してもらった。ラッキー。
試合会場のブリスベンは、気温30度、湿度83%とな。
選手たちの動きがいつもよりゆっくりに見えるのは
蒸し暑さのせいもあるんだろうな。

イラクは過去5大会でベスト8以上に進出の強豪で
2007年のアジアカップで優勝している。
日本が押し気味に試合を進めるも、なかなか得点に至らず。
店長が熱い人で、本田選手がゴールを決め損ねる度に
テレビ画面に近づいてきて、叱咤激励している。
結果は1-0で日本の勝利。
とはいえ、PKで1点しか得点できなかったのが残念。

次は4日後のヨルダン戦か。。。
「また来てね」と店長。
店長が面白いから、また来ようかな。


悶絶


1/15(木)雨

冷たい雨。。。
時々霙になっちゃう。

午後、「妖怪耳かきババァの耳かき屋」のカラーチラシを受け取りに
グラフィックデザイナー松本氏の事務所へ。

チラシを確認して「怖い」を連発して喜ぶおいら。
カラーA3サイズになると、迫力あるわ~。

みょ「いいチラシができました。ありがとうございます。」
松本「ポかリンとは随分テイストが違うからね。」
WEBで宣伝する用のデータも後でいただくことに。

その足で富士見台のファミリーマートへ。
印刷好きの店長は、おいらが大学生の頃からのお付き合い。
ポかリン台本の印刷も、ず~っとここでお世話になってきた。
今回は、一色刷りのチラシを1000枚お願いしている。

店長「耳かきって、演劇じゃないの?」
みょ「私が耳かきします。」
店長「え~~!」

店長、しばらく笑いが止まらない。
カラーのチラシを見せたら、今度は悶絶し始めた。
「カラーで印刷してあげたい!」
結果、印刷代金を勉強してくれた。
ありがとうございます。。。

さらにその足で、キンコーズへ。
A3のカラーチラシをラミネート加工してもらった。

よっしゃあ!
明日、クロモンカフェに行って、チラシを貼らせてもらおうっと。


満ち欠け


1/14(水)はれ

朝、枕元の白い壁に太陽の光と梢の影が
絵画のようにくっきり映っている。
なんて幸せな目覚め。

隣の本宅から、町田氏と奥さんが、朝食セットを運んできてくれた。
ゆったりと流れてゆく時間。

建築家の町田氏が建てた家は、天井が高い。
リビングは二階まで吹き抜けで、開放感たっぷり。
いろんなアーティストが寝泊まりしているんだそうな。

町田氏は妖精のようにふんわりしていて
す~っと風景に馴染んでしまう。
『花音』台本を読んで、共感してくれていることも心強い。
「また勉強会あるから、来るといいよ。」と町田氏。
ぜひぜひ。
公演の前に、ワークショップもやりたいな。地元の人と交流したい。

気がつくとお昼になっていた。

町田氏&奥さんと一緒に「mikumari」へ。
http://cafeandmusic.com/2011/archives/2037

店主の高橋氏が自宅を改装して開店したのだそう。
増築した箇所がいくつかあって、興味津々。

野菜たっぷりのランチ。
美味し~~い。満たされました。

濃い二日間だったな。益子、いい処だな。。。
勉強会に呼んでくれて、ありがとう!
たくさん資料をいただいたので、勉強するぞよ。


土祭2015


1/13(火)はれ

早起きして、電車で益子へ。
『花音』公演の会場下見と、台本書き換えの取材のために。
JR石橋駅に迎えに来てくれたのは、役場の萩原氏。
盆地に入ってゆくとき、山々にかかっている雲が龍のようで
龍神様に歓迎を受けているのを感じた。

役場で「土祭(ひじさい)」事務局のスタッフさんたちに挨拶。
公演担当の増田氏、縁をつないでくれた建築家の町田氏も一緒に
車で出発。
益子の地形は、山から丘につながっている場所が多く、緑が多い。
盆地なので、かつては水不足だったこともあり、池があちこちにある。
古墳もいっぱい。(お墓好きのおいらには、たまらない!)
霜柱をシャリシャリ踏んで、大興奮。
あちこちに足を運んで、風土からのメッセージに耳を澄ました。

土祭 http://hijisai.jp/main/

お昼は、絵里珈で気合いのカツカレー。美味し~い!
http://www.shokokai.or.jp/09/0934210071/index.htm

夕方から参加する勉強会「山本地区風土・風景を読み解くつどい」
の講師、廣瀬氏も合流。
山本地区は、年に九つもお祭りがある、イケイケの土地。
夜の勉強会が楽しみ。。。

食後、町田氏、増田氏と八幡宮へ。
長い長い参道が別次元への筒のように感じる。
地元の方に拝殿の鍵を借りて、中へ。
細かく採寸開始。
レーザーで簡単に計れるのね。感動!
蔀戸はすべて取り外せるとのこと。
いくつか外して、写真をパシャパシャ。

天井に植物の絵がいっぱい。
屋根があって、光と風と緑と融合できる背景。
と~ってもいい。
拝殿の周りに縁側みたいな廊下があるから、アクティングエリアとして
使いたいな。いい予感がするよ~~。

役場で舞台図面をスキャンしてもらってから、町田氏のお宅へ。
同じ敷地内の別宅で仮眠をとらせてもらって、夜の勉強会に備える。
といっても、アドレナリン出まくりなので
目を閉じて身体だけ休めておく。

さて。満天の星空の下、車で公民館へ。
昼間は暖かかったけど、夜は冷えるなあ。。。
勉強会は、地元の方々でぎっしり。

スライドを使いながら、山本地区の土の種類や活断層の状態、
動植物の生態や、歴史など、たっぷりと風土と風景を知る手がかりが
展開されてゆく。
その都度、地元のおじさんたちがざわめいたり
記憶を辿りながら証言してゆく姿に胸が熱くなる。

午前中、実際にあちこち足を運んだから、廣瀬氏の言霊がす~っと
身体に入ってくる。
『花音』台本書き換えのための、いい資料も手に入りそう。
参加して、良かった~。

会の後、廣瀬氏らとお鍋。
陶芸家の若杉氏は自然観察会を実施しているそうな。
うおおお!参加したい。
土祭全体をまとめている箕田さんが、地元話を炸裂させて
面白かった~。

益子といえば、陶器。
どのお店に行っても、いい器が迎えてくれる。
土の化身を両手で包む歓びったら。

9月の公演までに、もう一回訪問したいな。
再会を楽しみに、お開きとなった。

今夜は町田氏の別宅に泊めていただく。
この出逢いに、感謝でござる。。。


アジアカップ


1/12(月)はれ

近所の低い街路樹にメジロ発見。
それも、おいらの目の位置で1メートルくらいの近さで。
かかかかかかわゆ~~い。
二羽が梢をあちこち飛び回ってる~~。
嬉し過ぎて五分以上観察。
気が早いけど、春を感じたよ。

「AFCアジアカップ2015」の日本対パレスチナ戦を
スポーツバーで観戦。
ブラジルワールドカップで仲良くなった仲間とワイワイ。

パレスチナは、イスラエルとの紛争が耐えない中、
AFCチャレンジカップで優勝し、アジアカップ出場を果たした。
国内情勢から、選手が集まるのもひと苦労で、
キャプテンは仕事を休むことができず、今大会に出場できていない。

日本は、恵まれているよな。。。
どの国の選手たちも、サッカーにかける思いは熱かろう。
強かろうが、弱かろうが、全力で戦う選手たちは美しい。

試合結果は4-0で日本の勝利。
パレスチナの選手たちは最後まで足をゆるめることなく走り抜いた。
キャプテン不在の中、ゴールキーパーがキャプテンマークを巻き
果敢にゴールを守っていた。
日本は、あと2点はとれそうだったけれど
パレスチナのキーパーの気合いに弾かれていた。
途中からパレスチナを応援したくなったのは、周りの皆もそうだった。

スペイン料理屋へ移動して、皆と談笑。
日本の選手たちの調子についてや、今回メンバーから漏れた選手たちの
こともあれこれ語った。
日本人選手の短所はメンタルの弱さ。
選手たちの成長を願う皆の気持ちを、心の中で「愛」と変換して
ニンマリした。

夫婦で観戦の友人は、奥さんがガンバ大阪ファンで
旦那さんが浦和レッズファン。
去年のJリーグのレッズ二位落ち、ガンバ三冠で夫婦仲は大丈夫か
訊いたら「今のところ大丈夫。」と旦那さんがニッコリ。
もちろん、スタジアム観戦は別々に行くそうな。
サッカー日本代表の試合は、一緒に応援できるから良かった良かった。
夫婦でサッカー好きって、いいなあ。羨ましい。

「決勝でまた集まろう。」と約束して別れた。
日本が予選を突破し、戦いの中で成長しながら
決勝ラウンドに立つことを、コンフェデレーションカップ(大陸王者戦)
の切符を掴むことを楽しみにしているよ。

チラシ完成


1/11(日)はれ

よ~~く寝た。
目覚めて、お布団の中でゆったり背伸び。
昨日のワークショップ「みくさのみたから」で
体験した動きをやってみる。
身体にいいこと続けようっと。

午後、グラフィックデザイナーの松本賭至氏の事務所へ。
近所の中学校の運動場から元気な声が。
サッカーの試合中みたい。
走れ走れ少年たち。

事務所のチャイムを押すと、松本氏が笑顔で迎えてくれた。
耳かき屋のチラシの画像を見ながら、あれこれとブラッシュアップ。
誤字脱字チェックもしつつ、いい感じのチラシが出来上がった。

A3、A4サイズのカラーと、A4サイズのモノクロを作成。
浮世絵を思わせる迫力があって、ワクワク。。。

クロモンカフェに貼るのが楽しみだし、
北品川商店街のあちこちにも貼ってもらえるよう頼んでみようっと。


mimikaki-A4×1

 ↑
クリックしてね。



続きを読む

みくさのみたから


1/10(土)はれ

最近、朝風呂が好き。
朝から半身浴して、汗をいっぱいかいてスッキリ。


お昼、蔵前の区民施設へ。
飯田茂実氏のワークショップ「みくさのみたから」に参加しに。
https://www.facebook.com/events/304873873004569/?fref=ts

『花音』公演関係者も一緒。
女優の鶴田真由さんは、髪をバッサリ切ってショートカットに
なっていたので、一瞬分からなかった。
たくさんの参加者。女性多め。

飯田氏にあいさつ。久しぶりの再会。
ますます透明感を増して、輝いている。
足の調子が思わしくなかったので、彼がツボ押ししてくれた。
あいたたた。。。
やり方が分かったので、毎日やろうっと。

ワークショップの内容は、心地よく生きる術を
身につけてゆくための色々。
この十年くらい、彼が歩んで来た道を友として知っているので
シンプルな作業に絞り込んだんだなと感じた。
飯田氏の語る時間が長くて、身体が冷えてしまったのは残念。

俳優の井上幸太郎氏は「当たり前のことを言っている。」
と落ち着いていた。
彼は心身が開いていて、野性的で
ダンサー並みの身体能力があるからな。
でも、世の中のほとんどの人が、自分の言動を縛って
頭でっかちに生きている。

ドラマトゥルクの山岸清之進氏は、活き活きしていた。
「活元体操、やったことあるんだよね。」と彼。
参加者の人たちも、ヨガや野口体操経験者など
いろんな人がいたみたい。

ワークショップの後、みんで持ち寄った食材で夕食会があり
その後、輪の踊りへと流れてゆく模様。
うちらは、前半の参加のみでお暇した。

ポかメソッドのワークショップ、やりたくなったよ。。。


カフェで6月の『花音』福島公演の打ち合わせ。
予定していた会場を変えることについて。
フェスティバルのライブイベントの中で上演するより
単独の会場で落ち着いて公演する方がいいから大賛成。
古民家の図面を見ながら、できそうなことをあれこれと。

会場の下見は、2月に山岸氏と行くことになった。
福島は彼の生まれ故郷。
久しぶりに伺えるのが楽しみだな。

しあさっては、9月の益子公演の会場下見。
おいらが単独で伺って、地元の勉強会にも参加する予定。
台本書き換えのための情報が生で手に入るのが嬉しい。

やっと仕事始めの気分になったよ。
いろんな出逢いを大事にしながら、ひとつひとつを
形にしてゆこうっと。

アジアカップ


1/9(金)はれ

「AFCアジアカップ2015」が始まったわね。
16カ国が4グループに分かれて戦い、
予選を1位2位で通過した国が、トーナメント形式で当たってゆく。

初戦は、グループAのオーストラリア対クウェート。
4-1で開催国であるオーストラリアの圧勝。
http://www.legendsstadium.com/news/#!/asiancup/12/

グループDの日本は、12日(月)にパレスチナと対戦する。
前回の優勝国、日本。もちろん連勝してほしい。
現地観戦している人が羨ましいけど、日本から応援してるわ。


沢村鐵著『ネメシス』読了。
http://www.amazon.co.jp/本-沢村-鐵/s?ie=UTF8&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A沢村%20鐵

帯には「人類救済のための殺人を日本警察は許すのか」
と記されている。
サイバーテロリスト対警察の構図から、世界を操る黒幕が姿を現し
自衛隊やアメリカ軍も巻き込んだ戦いへとなだれ込んでゆく。

読後に、どっぷり落ち込んでいる。
多くの絶望にうちひしがれている。
その中に、小さな希望は感じるのだけれど。

四巻で完結するので、あと一巻か。。。
物語は終わっても、描かれている闇は、心の隅から
消えないんだろうな。
小説には、そういう力がある。

眉毛


1/8(木)はれ

「妖怪耳かきババァの耳かき屋」開店に向け
現在チラシを作成中。
クロモンカフェの床の間スペースをお借りして
土曜の午後に営業予定。

漫画家の桐村海丸ちゃんから3パターンのババァ画が
送られて来た。
悩みに悩んで、見返りババァを選択。
これから色入れするそうな。
出来上がりが楽しみだな。

グラフィックデザイナーの松本賭至氏とも電話で打ち合わせ。

松本「けっこう気持ち悪い系なんだけど。」
みょ「そうそう。あえて。」

松本氏がどんなロゴを作ってくれるのか、これまた楽しみ。

さて、自分の容姿について。
妖怪と冠がついているからには、なにがしかのメイクが必要。
海丸ちゃんの提案、おでこに目のシールを貼ってみようかな。。。
ググッてみたけど、いい素材が見つからず。
やっぱり、眉をつぶして「カオナシ」テイストにするのが
似合うだろな。

おいらんちは立派な眉毛の家系。
眉つぶしは、学生時代に歌舞伎・舞踊研究会だったので使ったこと
あるけど、けっこう痛いのよ。
なので、楽な方法をネットで調べて金色のマスカラを塗って
コンシーラーでごまかす方法にチャレンジしてみた。

結果。。。
全然つぶれないし、なんてったって不自然。

作戦は失敗したので、舞台用の眉つぶしを買うことにした。
何事もやってみないとね。


新年


1/7(水)はれ

遅ればせながら、新年のお慶びを申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
2015年が、幸多い一年になりますように。


昨日、実家の高知から帰京した。
飛行機は満席で、窓際の席がとれず、残念だったよ。。。

実家では、家族や犬猫とゆっくりしてきた。
温泉に行って、砂風呂に初挑戦。
砂の重さと熱さは、修行のようでキツかったな。
サウナほど息苦しくはなかったけど。
やっぱり岩盤浴が好きだな。

元旦から続けているのは、ラジオ体操。
去年は第一だけやってたけど、今年からは第二もやることにした。
冬は寒さで身体が縮こまるから、ラジオ体操をやると
あちこちが伸びて気持ちいい。

ラジオ体操は、何気に身体が覚えているので、運動が億劫な人でも
ストレッチぐらいの気持ちでやれて、おすすめよ。
https://www.youtube.com/watch?v=okshAFHVtL8

実家には、ワンダーコアや、乗馬マシーンがあったので
おいらは主に乗馬マシーンに乗って内股を鍛えていた。
内臓がかなり動くので、便秘の人はいいかも。

っていうか、本物の馬に乗ってみたいな。。。
草原を馬に乗って駆け抜けてみたい。

プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード