ご褒美


12/30(月)

友人と「さやの湯処」で待ち合わせ。
夏に一緒に行って以来、久しぶりの温泉。
http://www.sayanoyudokoro.co.jp/

めっちゃ混んでるけど、みんなほっこり状態。
まずは岩盤浴でたっぷり汗をかいて、デトックス。
露天風呂やミストサウナでお喋りタイム。
(岩盤浴通いは、おいらが彼女を誘ったのが始まりで、
 今じゃ彼女の方が常連さん。)

今年を振り返って、自分や周りの人の心の間口が
広がったことを再確認。
お互い、こんなにおだやかな年の瀬を迎えられるなんてね。

おいらは、2月にシアタートラムでリーディング、5月に鎌倉で二人芝居
7月に四国学院大学の学生と公演、9月に品川でパフォーマンス、
11月に二人芝居で伊勢奉納&別府公演と、忙しかったな~。
新しい出逢いと、大変な環境の中で、
演出家としての技量が上がったのを実感した。

年の瀬蕎麦を食べながら、来年の展望を語り合った。
ほろ酔いでいい気分。。。

友曰く、ジブリ映画『かぐや姫』必見とのこと。
(何を幸せとするかについて)
今、上演中だって。久しぶりに映画館に行ってみようかな。

お互い、またいい報告ができるよう、自分の心に正直に生きてゆくよ。



スポンサーサイト

毛繕い


12/29(日)はれ

大晦日に帰郷するので、荷造り中。
約一週間の滞在。
いかに荷物を少なくするかに燃えるわ。

美容院へ。
予約時間に行ったけど、大混雑。
そりゃそうよね。
新年に向けて、毛繕いしておきたいもんね。

担当のお兄さんから雑誌「Number」を受け取った。
11月のオランダ戦・ベルギー戦の戦い方の詳細を熟読。
10月のセルビア戦・ベラルーシ戦から試していたことが
形になりつつある。
遠藤保仁選手のことば「ブレないでやり続けること」にうなずく。
(ワールドカップに三回出場している人のことばは重いぜ。)

W杯出場の32カ国の紹介ページには至らず。
(今度図書館に行こうっと。)

お兄さんは、31日から3日までお休みなのが嬉しいと話してくれた。
お正月に休める美容院、いいわね。
おいらもお正月はゆっくりしたい。
お正月に公演するなんて、考えたことない。

シャンプー&ヘナ染めをしてくれたお姉さんと
温泉話で盛り上がった。
お正月は実家でゆっくりするんだって。
年末のこういう会話って、ほっこりするなあ。

お兄さんのカットは魔法のように早い。
冬だから、長めをキープ。髪って暖かいんだよね。

「よいお年を」ってお互いに言霊にして、店を出る。
師走の街を軽やかに歩いてゆく。




チャリティーマッチ


12/28(土)はれ

年末のお掃除しよ。
前よりも物が減ったので、掃除が楽だ。

先日買った『東京色香』を聴きながらせっせと手を動かす。

化粧品やシャンプーやら、年内で使い切りそう。
友人の中で、シャンプー、石けん、化粧品などを
一切使わなくなった人が何人かいる。
二ヶ月くらい経つと、肌がそれに慣れて、何も必要なくなるそうな。

おいらが髪を洗うときは、二回に一回の割合でシャンプーを使ってる。
(一回はお湯で流すだけ)
髪を洗うとき、シャンプー使わない代わりに
手袋をして洗うと、汚れが取れるんだって。
今度、やってみようかな。


「日本プロサッカー選手会チャリティーサッカー2013」
が開催された。
ユアテックスタジアム仙台で、東日本大震災復興支援の
チャリティーマッチ。3年連続の開催となる。
http://web.gekisaka.jp/410960_130606_fl
http://web.gekisaka.jp/410957_130602_fl

若手中心の東北ドリームズと、大御所のJAPANスターズが対戦。
Jリーグを中心に、人気選手たちが大集合。
5-3で東北ドリームズが勝利。
今回、海外のクラブに在籍する選手たちはほとんど参加
できなかったが、サイン入りのユニフォームなどをプレゼントし
盛り上げに一役買った。
所属クラブの垣根を越えて、ピッチを駆け巡る選手たち。
おいらもその場に居たかったな。

(来年こそはスタジアム観戦だ!)

黄金色の


12/27(金)くもり

高知の親友から、蜂蜜や果物が届いた。
ありがとうございます。
黄金色の瓶を見つめて、しばしうっとり。。。

この蜂蜜、濃密で美味し~い。
彼女の家の周りは、みんな巣箱をもっているそうな。
で、今年、蜜蜂の団体が彼女んちの巣箱に引っ越してきたんだって。
その瞬間を、目撃したそうな。
(働き蜂たちが女王蜂を守りながら、大群で移動。)

おいらも見てみたいよ。。。

一つの巣の中で、新しい女王蜂が生まれると、
古い女王蜂が働き蜂を連れて引っ越し(分蜂)するそうな。

今回は、分蜂ではないとのこと。
近所のおじさんが、蜂のいる巣箱を快適にしてあげようと
一回り大きくしたら、蜂達には居心地が悪かったようで
彼女の家の巣箱にやってきたんだそうな。

良かれと思ってやってみたら、出て行ってしまったのね。
(しみじみ。。。)

働き蜂たちがせっせと集めてくれた花の蜜を
ありがたくいただきます。



相棒


12/26(木)くもり

先日、来年の手帳を買いに行ったら
目当てのデザインが販売されなくなったとのこと。
365日お世話になる手帳だけに、ショック大。。。
他のデザインはピンと来なかったので、出直すことにした。

で、家で、今年の手帳の構造を調べてみた。
外カバー(ビニール)を外すと
手帳の表が外表紙状態で独立している。
やった~!
表のデザインが世界地図で、これが気に入ってるわけ。
(来年、ブラジルに行きたいから
 常に手元で地球の裏側を意識できるように。)
色が銀色なので、MacBook Air のスーさんとの相性もいい。

ルミネの輸入雑貨屋で、同じメーカーの手帳を購入。
そして、外カバーと外表紙を外して
銀色の世界地図の表紙に差し替えた。
うれしいな。また一年、どうぞよろしくね。

手帳に関しては、ひとりひとりのこだわりがあるよね。
そういう座談会を企画したくなってきた。。。


東京色香


12/25(水)クリスマス

夕方、吉祥寺駅で友人と待ち合わせ。
ハモニカクリームズのライブを聴きに、スターパインズカフェへ。
http://harmonicacreams.com/#about

ハモニカ奏者の清野美土氏はパリ在住。
年に一回、彼らのグルーヴに身を置くのが何よりの楽しみ。
(清野氏は、この間の『花音』伊勢奉納に来てくれた。)

ゲストで、ダンスカンパニー・モモンガコンプレックスの
白神ももこさんたちの歌&踊りを堪能。
すっとぼけと本気の狭間を泳いでゆく彼女らがかっこいい!

清野氏と白神さんは、桜美林大学の卒業生。
彼らとの出逢いは、大学の授業で。
(おいらは講師として関わっていた。)

本編のハモニカクリームズはエンジン全開!
バウロン奏者のトシさんが抜けて、新体制でのライブ。
新たな景色に皮膚がゾワゾワしたよ。
後半は観客総立ち&踊りまくり。
この一体感、なんて幸せな時空間。

友人曰く「血がたぎった~。来てよかった~。」とな。
楽しんでもらえて、おいらも嬉しいよ。

CD『東京色香』、買っちゃった。
じっくり順番待ちして、ハモニカクリームズの面々と談笑。

来年のライブが楽しみだ。。。


魂の旅


12/24(火)クリスマスイブ

三連休が終わったね。。。

父方の祖母の俳句集『柚子の香』をじっくり読んでいる。
(今までは斜め読みだった)

その暖かいまなざし、そして豊かな感性に感じ入った。
誠実に生きることの尊さを教えてもらったよ。。。

俳句っていいな。
17文字の言霊が、無限に広がってゆく。

来年からは、日記の終わりに一句アップできるといいな。

そして、今日はフジファブリックのボーカル、志村正彦氏の命日。
富士山の麓の墓前は、たくさんの花に囲まれていることだろう。

おいらが彼の曲に出逢って衝撃を受けたとき、
もう彼はこの世にはいなかった。
彼の魂の旅が続いていることを想いながら
彼がこの世で形にしたバイブレーションを味わっている。


夜、近所の仕事仲間のおうちで宴会。
土器の歴史から、器は身体を模している説まで発展して
盛り上がった。
パフォーマンスできそうな面白い空間について
あれこれ出し合ったり。

来年の創作活動が楽しみだ。。。
この世で挑戦できることは、やっておきたい。


年輪


12/23(月)はれ

今日から日が長くなっていくのね。

Loftに来年の手帳を買いに行った。
ガビ~ン。お目当ての手帳、今年はなくなっちゃったんだって。
う~~ん。。。
他のも見たけど、しっくりこないので、出直すことに。
人酔いして、疲れちゃった。。。


友人の美香さんちへ。
生姜茶を飲みつつ、この一年を振り返った。
自分の器が広がっていくのが実感できると
年を重ねてゆくのが、楽しみになる。

身体的には、無理がきかなくなってきてるから
いろんな誘いもうまく断るようになったし。
基礎体力向上のために、もっと何かやらなきゃな。。。

彼女は最近、老眼鏡を使うようになった。
おいらの周りでも、その話はチラホラ出てる。
老眼鏡は各部屋にひとつ置いておくのがいいらしい。

老眼鏡といえば、太極拳の師範である70代の女性は、
最近、老眼鏡を使わなくてもよくなったんだって。
若々しいし、妖精のように軽やかに歩くお方。
人生って何が起こるか分からないな。

目の前で起きることを、楽しんでいこうっと。


書院にて


12/22(日)冬至

夕方、北鎌倉の浄智寺へ。
明るいうちに来れたらよかったんだけど。。。
今日はルートカルチャーのミーティング。
『花音』公演の今年の三本を振り返りつつ、来年につなげてゆく。

書院の中へ。
住職の朝比奈氏に挨拶。
ここから始まった『花音』公演。
帰ってきたな。。。って胸が熱くなる。
ここに通って、台本書かせてもらったしね。。。

別府公演の収支を共有して、来年の公演の日程を組む。
六月中旬以降に公演が固まってきたので
「あ~~!ブラジルに行けなくなる!」と発すると
「次のワールドカップでいいじゃん!」と諭された。
しょんぼりするおいら。

別府公演では、低予算で会場の下見ができなかったので
次回からは組んでもらえることになった。
演劇公演で、会場の下見をするのは当たり前だから
今回、それがルートカルチャーの人たちに分かってもらえて良かった。

その土地のエネルギーを味わっておくことって大事。
台本の書き換えも、地元の人に伝説を教えてもらった方がいいし。

「Takeru」でテイクアウトしたピザを食べながらワイワイ談笑。
http://www.bing.com/images/search?q=北鎌倉%E3%80%80タケル&qpvt=北鎌倉%E3%80%80タケル&FORM=IGRE

清之進氏が「作品世界が広がったね。今後が楽しみ。」と微笑んだ。
そうだね。場所毎に新しい作品になって生まれるのを実感したよ。

来年の公演、どんな出逢いがあるかな。
楽しみ。。。
(もちろん、ツアーの終わりは浄智寺で締める予定。)

満天の星空を見上げて、鎌倉のご縁に感謝を伝える。



お鍋会


12/21(土)はれ

今夜のお鍋会の準備中。

近所の豆腐屋がお休みだ。
しまった。。。昨日買っておくんだった。

魚屋で「お鍋にするんです」と告げ
今日のおすすめを教えてもらった。
銀ダラ、牡蠣、海老、鰯のつみれ。。。
銀ダラ、お鍋用に切ってくれるって。助かるわ。

一品持ちより制なので、気張らず会ができる。
みんな料理が得意なので、楽しみ~。

夕方、仕事仲間がやってきた。
今回は、従妹も合流。
従妹と友人の間に共通の知り合いがいて、大いに盛り上がった。
そして、家も近所。
縁っておもしろいな。。。

従妹は新婚さん。
結婚式は仕事で行けなかったので
顔を見て「おめでとう」と言えるのがうれしい。
10歳年下の旦那さんの人柄や
結婚に至るまでのあれこれも訊いてみた。
従姉として、ホッとしたよ。
彼女の紆余曲折を知っているから
いいパートナーと結ばれて、嬉しいよ。。。

そうなると、次の矛先はおいらに向かってくる。
友人たちは、おいらの日記を読んでくれていて
「サッカー好きだっけ?何か怪しいぞ!」
と、質問攻めしてくる。

っていうか、小学生の体育の授業のときから、好きだよ。
中学・高校と女子サッカー部があったら入ってたし
今だって、足の怪我がなかったら、フットサルやりたいもん。

そして、ワールドカップでブラジルに行きたい!と言霊にすると
呆れられてしまった。

そこから、従妹のジャニーズ好きが炸裂。
「好き好きパワー」は生きる力だよね~。

2013年のあれこれを振り返り、濃かったね~としみじみ。
そして来年もがっちりタッグ組めるのが楽しみだ。

このご縁に、感謝。。。


陣地


12/20(金)雨
懐かしい友が夢に出てきた。
おいらはイベントが終わって、家で着替えていた。
そこに友が撮影隊を引き連れて押し掛けてきた。
え。何も聞いてないし。
今からここで撮影会をさせてくれ、とな。
おいおい、ここはスタジオじゃないぜ!
断っても家に入って来ようとするので
声を絞り出して、再度説明しているところで目が覚めた。

怒りが身体に残っていて、なんだかなあ状態。。。
現実の彼女は、元気にやっているのかしら。


明日、お鍋会をするので、仕舞ってあるグラスを
ゴソゴソ取り出している。

いろんなコースターがある。
どれにしようかな。。。

一品持ちより制なので、準備が楽。
友人から料理内容を知らせるメールが届いた。
おう、それならクラッカーを買っておこう。

お買い物しながら、師走の町を愛おしく思う。
明日は晴れるといいな。


線香花火


12/19(木)雨

冷たい雨が降っている。
いっそ雪になっておくれよ。

DVDで映画『婦系図』を観た。
マキノ雅弘監督 製作/1942年
http://mitaka.jpn.org/ticket/0907180/

1907年(明治40年)、泉鏡花の小説が話題になり
翌年舞台化され、映画化は5作品が世に出された。

幼馴染みの二人の悲恋を、長谷川一夫と山田五十鈴が演じている。

マキノ監督が撮影した時代は戦時中だったため
ドイツ語の研究者である男の設定を爆薬の研究とし
上演の許可を得ている。
研究に試行錯誤するシーンは、線香花火として描かれ
なんともいい情緒になっている。

こんなに可憐な山田五十鈴は初めて観たよ。。。
中盤から登場する、女学生役の高峰秀子の可愛いこと。

名シーンの湯島天神にお参りしたくなったわ。




12/18(水)くもり~雨

夢に、久しぶりに祖母が出てきた。
長野県の小布施町に行って、お菓子屋さんにいる。
「何食べたい?」と訊くと「おせんべい」と祖母。
お店の人と話しながら、祖母は最終的にリンゴパイを選んでいた。
おいしそうだった。。。

今日は寒いね。

DVDで映画を鑑賞。
溝口健二監督『お遊さま』製作年/1951年
谷崎潤一郎の『芦刈』の映画化。
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/oyusama/

妹のお見合いについてきた姉。
男は、未亡人の姉に一目惚れ。
妹はそれを察して、ある決心をする。

白黒映画って、光と影の印象が深く残るねえ。。。
壮絶な三角関係が、美しい調べのように織りなされてゆく。

それぞれが、いろんな形で「諦め」を体現してゆく。
涙腺崩壊しちゃったよ。。。

姉の田中絹代と妹の音羽信子。
着物の中で溶けてしまいそうに美しい。
端役の女優さんたちの所作、歩く姿も絶品。
着物は、実際の色も想像しながら観た。

久しぶりに『細雪』も観たくなったな。
四人姉妹の恋模様。。。


CL


12/17(火)はれ

図書館でサッカー雑誌を読んでいる。
スポーツライターという仕事に興味を抱きつつ。

UEFA チャンピオンズリーグ(CL)・ベスト16の組み合わせが決まったわね。
http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2038659.html

マンチェスターC(イングランド)vsバルセロナ(スペイン)
オリンピアコス(ギリシャ)vsマンチェスターU(イングランド)
ミラン(イタリア)vsアトレティコ・マドリー(スペイン)
レヴァークーゼン(ドイツ)vsパリSG(フランス)
ガラタサライ(トルコ)vsチェルシー(イングランド)
シャルケ(ドイツ)vsレアル・マドリー(スペイン)
ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)vsドルトムント(ドイツ)
アーセナル(イングランド)vsバイエルン(ドイツ)

去年のヨーロッパ王者は、バイエルン(ドイツ)。
リーグ戦でも、今季無敗で首位を独走している。

ワールドカップは4年毎の開催だけど、チャンピオンズリーグは毎年。
クラブの中にいろんな国籍の選手がいて、面白い。戦い方も様々。
スター選手や監督が、いろんな強豪クラブを渡り歩いているので
古巣対決なんてのもワクワクする。

CL決勝トーナメントに進んだ16クラブのうち、日本人は3人。
マンUの香川真司選手、シャルケの内田篤人選手、アーセナルの宮市亮選手。
(宮市選手は、リーグ戦でもベンチ外が多く、出場は難しそう。)
1月からミランに移籍する本田圭祐選手は、CSKAモスクワで
CL予選に出場したので、ミランでは出場できない。

内田選手は中村俊輔選手を抜いて、日本人歴代最多の22試合出場を達成した。
CLに出場するのは、各リーグで上位にいることが必須。
そして、怪我なくレギュラーとして活躍し続けること。
(彼は前回のCL予選バーゼル戦で、右脛を4針縫う怪我を負い、
 週末のリーグ戦を休場。21日の試合には復帰できそう、とのこと。)
(香川選手も、体調を崩したりと波がある。)

内田選手は、優勝候補のレアルと対戦。
エースのクリスティアーノ・ロナウド選手とのマッチアップが楽しみ。
香川選手も、いいコンディションでギリシャのクラブと戦ってほしい。
ギリシャはW杯で対戦する国だから
肌で選手の情報も得られるだろうし。

決勝トーナメントの1回戦は来年の2月と3月。
ホームとアウェーの2戦で、ゴール数を競う。

強い相手と戦うことで、成長してゆく。。。
日本を飛び出して、挑戦を続けてゆく彼らを、応援しているわ。


トリップ



12/16(月)はれ

朝食をとらずに、胃がん検診へ。
待合のソファにいると「は~い、大きく息吸って~」と
技師の声が聞こえてくる。
やさしそうな人だ。。。

いざ、おいらの番。
バリウムを飲んだ時点で吐きそうになる。
しっかり手すりに掴まって、技師のおじさんの指示に添って
身体をねじる。
(宇宙飛行士になる人たちの訓練に較べたらチョロいはず。。。)

無事に終わってホッとしていると、おじさんが
おいらの顔を覗き込むように話しかけてくれた。

友人が胃がん検診のとき
「いかに俊敏に技師の動きに合わせられるかを実践している」
って言ってたのを思い出した。

今日のおじさんは「ゆっくりでいいからね」って声をかけてくれた。
温かく見守られて、孫気分だったよ。。。

あとはバリウムが身体から出て行ってくれるよう、薬とお水飲む!


記憶


12/15(日)はれ

明日、胃がん検診があるので、飲食に気を使っている。
(気分はボクサー。。。)


高校二年生のときの、高知県美術展覧会(県展)の
感想文を読んでいる。
そして、またもや吹き出してしまった。

中学三年間、担任だった美術の先生の絵について。

ひとめで分かった。
タイトル「少年は今」
少年の苦悩を描いているのは、今も変わっていない。

とな。
初めての担任で、思春期の子どもたちと向き合うのは
大変だったろうけど、いい想い出がないな。。。

先生は、卒業式の日、クラスで私の名前を「あいさん」と呼んで
大爆笑を起こした人だ。
ずっと先生に恵まれてきたおいらにとって
理解してくれない大人がいることを教えてくれた人だった。


高校一年生のときの美術の先生の作品について。

タイトル「モレ駅へもどる」
遠くに続く道とおじさんの後ろ姿、色使いですぐ先生と分かった。

とな。

この作品は、今でもはっきりと浮かぶ。
定年退職直前の先生は、山男のような、温かい土のような人だった。

絵の中に、画家のすべてが表れるな。。。
「少年は今」を描いたあの人は、今、どんな絵を描いているのだろう。

おいらは演劇で、人々の心の奥底の泉の蓋を開けたいな。
あふれてもあふれても枯れることのない泉を、みんな持っているから。




夢=目標


12/14(土)はれ

銀杏並木の落ち葉を、サクサク踏みながら歩くのが楽しい。
約四百年前の深夜、赤穂の四十七士が雪をサクサクと踏み分けながら
吉良邸に討入りを果たした日でもあることを想いつつ。。。


サッカー日本代表「夢を力に2014」特設サイトができた。
http://japandream.jp/

その中に「代表選手の夢」というコーナーがあって。
23人の選手たちが自分の夢を言霊にしている。
ひとりひとりの言葉の選び方が面白い。

大迫選手は
「夢とは目標であり、達成しなくてはいけないもの。」
と発している。
(他にもほぼ同じ内容の選手が数人いた。)

ザッケローニ監督のインタビューにも
夢と目標が同義語で語られている。

「夢は目標であり、達成すべく努力するものです。」

夢を実現させるための人生を、走り続けている人たち。
沢山の人たちに支えられ、応援されて進んでゆく。

ブラジルに行けるのは23人の選手と、
サポートメンバー(若手の選手を練習相手として帯同)4人。
ピッチに立てるのは11人+3人(交代枠)。

現在、ザッケローニ監督は、63人の選手から再選考を始めている。

10年前、日本サッカー協会の川淵会長が
「日本の夢は2050年までにもう一度W杯を開催し、優勝すること」
と宣言した。

選手たちの夢は、世代交代を繰り返しながら受け継がれてゆく。

おいらが生きているうちに、実現するといいな。


更地


12/13(金)はれ

切り株になったキンモクセイが、跡形もなく消えていた。
更地になっている。
土が見れて、うれしいけれど、ちょっと寂しい。
と同時に、北海道の原野を開拓していった人々の苦労を想像する。。。

夕方、うちの近所の居酒屋で、友人二人と飲んだ。
久しぶりだったので、お互いの近況報告で盛り上がった。

親の死を経験すると、自分の時も想像できるようになる。
そして、まだまだ生きて形にしたいことがある。

おいらは80歳まで生きるのを目標にしている。
友人たちは、72歳、60歳と短め。
まあ、寿命は自分で決められるものではないんだけど。。。

二次会は、うちでお茶飲んでほっこり。
みんな旅好きなので、今年の旅のびっくり体験をあれこれ話した。

年を重ねると丸くなるってよく聞くけど
おいら的には、ほぐれていく感じ。
二人とも、いい顔になったなあ。。。
「幸せ」って、何かを受け入れてゆくことなのかも。

しみじみと、心温まる夜でした。


赤と黒


12/12(木)

サッカー日本代表の本田圭祐選手が
モスクワのクラブ、CSKAモスクワで四年間の契約を満了、
かねてから噂になっていたイタリアのACミランに
移籍することが発表された。

「モスクワの四年間で忍耐を学んだ」と本田選手。
エースとしてチームを牽引してきた。
彼の精神的な軸の太さは、外見にも滲み出ている。
性格は関西のあんちゃんだから
イタリアにすっと馴染めるんじゃないかな。

ACミランにアジア人が所属するのは初めてのこと。
彼の背番号は10番、エースナンバーが与えられた。
歓迎ムードの中には「背番号10はユニフォーム売上げのため」
と揶揄する声もある。
現在リーグ戦9位と、低迷しているチームを引き上げることができたら
サポーターも納得するだろう。

新しいチームでレギュラーポジションを確保できなければ
半年後のワールドカップへの試合勘の維持にも関わってくる。

彼のイタリアでの新しい一歩、注目してるわ。



メンテ


12 /11(水)はれ

お月様がふくらんできたな。

インフルエンザの予防接種は、11月中にやってある。

あとは年内に、健康診断受けなきゃな。
がん検診もいろいろと。
書類を熟読。
がん検診を別々の病院で受けなければならない。
合計三つの病院に行くのか。。。
ひとつにまとまってればいいのにな。

億劫に思ってしまうけど、自分のメンテナンス、とっても大事。
各病院に電話予約をば。

健康診断まだの人、まずは年内予約しちゃいましょう。



12/10(火)はれ

Jリーグでは、J2からJ1への昇格プレイオフを勝ち抜いた
徳島ヴォルティスが話題を呼んでいる。
四国初のJ1昇格。
おめでとうございます!
ヴォルティスとは、イタリア語で(渦)のこと。
鳴門の渦潮のような力強さで
観客を興奮の渦に巻き込むチームづくりをしている。

JFLからJ2への昇格で、これまた話題のカマタマーレ讃岐。
うどんの釜たまと、イタリア語のマーレ(海)が合わさった名前。
今年、高松駅のあちこちで、ポスターや幟を見かけたもんな。

愛媛FCは、2006年からJ2にステップアップし、
今季は22クラブ中、17位でシーズンを終えている。
(チーム名はシンプル)

南国高知FCは公募で新しい名前を募集し
来季からアイゴッソ高知に変名する。
土佐弁の「いごっそう」(意味:頑固で気骨のある男)と、
みんなから愛されるようにとの思いが入っている。
三年後、J3への参入を目指している。

J1とJ2はプロリーグ。
JFLはアマチュアリーグ。
J3は来季から始動する、Jリーグ準会員クラブ。
高知は、Jリーグ百年構想クラブの位置にいる。
まだまだ先は長いね。。。

強くなっていくには、地元のみんなに応援されていくことが大事。
スポンサーや施設など、環境を整えていくことも大事。
長~い目で、おいらも応援するわ。



区切り


12/9(月)はれ

今日はうちで、ポかリンミーティング。
なので、お鍋にする。
去年の秋からポかリン主催では公演活動をしていないので
お互いこれからどうするかを話し合うことに。

ポかリン記憶舎は1997年から公演活動を開始。
主要メンバーは就職したり、結婚したり、演劇から離れていった。
2001年から、現在のメンバー、中島美紀、日下部そうが参加。
日下部は、一年前から休団していた。

二人とも、外部で公演活動をしているし
おいらも今年は四公演に関わった。
どこに向かおうとしているのか、それぞれのビジョンを語った。

日下部が、退団することになった。
干支が巡る月日を共にした彼に「ありがとう」と伝えた。
(10代のキラキラ少年だった頃が懐かしい。。。)

彼は俳優を続けていくので、またいい時期が来たら、オファーしたい。

来年は、春にリーディング、冬に新作公演の予定です。
濃密なポかリン時空をお届けしますよ。

これからもどうぞよろしくお願いします。


喜び


12/8(日)はれ

三日連続で、続きものの夢を見ている。
冬になると、冬眠したくなるな。。。
いくらでも寝ていられる。

荷物を減らす作戦、地味に実行中。
先日、高知の実家より持ち帰った、子どもの頃の日記や手紙。
ちょっとずつ読んで、処分するの。

高校一年生の読書感想文を読んでいて、吹き出してしまった。

「私はまだ、人を愛する喜びも、生きる喜びも知らない。」

そんなこと、書くかな~~。

読み進めると、未来への決意が綴られている。
「強い子だな」と過去の自分に話しかけて、紙ゴミの袋に入れた。

小学生の頃に書いていた学園ものの漫画は、いずれ読むとする。


グループC


12/7(土)はれ

Jリーグ、最終節までもつれ込んだ優勝争いは
サンフレッチェ広島がもぎ取った。
2連覇、おめでとうございます。
http://www.j-league.or.jp/standings/standings_j1.html

(おいらの頭の中では、鹿島アントラーズの逆転優勝で
 大迫勇也選手が、冬に海外移籍して、来年のワールドカップまでに
 一皮むける作戦だった。。。)

Jリーグは、クラブの力が拮抗してるから
毎年優勝争いで盛り上がる。

さてさて。
2014年6月、ブラジル開催のワールドカップ。
グループステージの組み合わせが決まった。
日本はC組(コロンビア、ギリシャ、コートジボワール)。
http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20131207/153232.html

試合日程はこちら
http://jp.uefa.com/news/newsid=2033214.html

コロンビア(南米)はFIFAランキング4位。
ギリシャ(ヨーロッパ)は12位。
コートジボワール(アフリカ)は17位。
日本(アジア)は48位。

コロンビアの1位通過は誰もが認めるところ。
2位通過を3ヶ国が争うことになる模様。

試合会場
6/14:VS コートジボワール@レシフェ(高温多湿)
6/19:VS ギリシャ@ナタル(高温多湿)
6/24:VS コロンビア@クイアバ(サバンナ)

赤道直下の高地で、長距離移動しながらの3戦。
どの国も大変だろうけど、面白い戦いになりそう。

観戦チケットの販売や、ツアーの要項もwebで出始めた。
行きたいなあ。。。
(公演とかぶってるけど、コロンビア戦だけでも行きたい。)


夢つながり


12/6(金)はれ

朝方、夢の中で小豆島公演の予算を組んでいた。

午後、友人の美香さんちへ。
その話をしたら、美香さんもおいらの夢を見たそうな。
予算組で悩んでいるおいらに「大丈夫?」と話しかけたんだって。
おもしろ~い。

スタッフの規模をどうするか。
ミニマムにやるのか、大掛かりにやるのか。
二つの会場のどっちで上演するかさえ決まれば
取り組み方も見えてくる。
公演の日程も、年内に決まるし。

ということで、生活におけるお金の使い方についてもいろいろ話した。
身の丈にあったお金の使い方が大事よね。

師走は忘年会シーズン。
なるべくうちでお鍋にして、アットホームに
リーズナブルに行きましょ。


切り株


12/5(木)はれ

近所の工事中エリアの前を通る。
大木の気配が消えている。
覗き込むと、キンモクセイが切り倒されていた。
胸の中で何かがボロボロと落下していった。
背伸びして、切り株を見つめている。

樹齢何年だったのだろう。。。
自分より大先輩だったのは勿論のこと。

真由さんのFaceBookに「千年のオリーブの木」@小豆島の写真が
アップされていた。(さっそくシェア。)
スペインのアンダルシアから貨物船で運ばれてきた老木。
三年前の東北大震災の次の日に、この島に着いた。
今年は百個余りの実を付けたそうな。
https://www.facebook.com/yasu.myojin

実家のヤマモモの木も、大きくなりすぎて切り倒された。
切り株に触っていたら、脇から芽が出てきてた。

おいらも、自分の生を精一杯、全うするよ。


小豆島三日目


12/4(水)はれ

朝、真由さんの部屋にちょろっとお邪魔した。
「いいご縁をありがとう。」と微笑む彼女。
な~んてステキな笑顔。

午前中から会場候補地の下見。
道の駅でお土産を物色したり。
カフェ「メイパム」でランチ。
http://meipam.net/cafe.html

今まで見た会場のどこで上演しようかと話し合い。
劇場でない場所だと、舞台の設備にかなり費用がかかる。
会場を二つに絞り込んで、あらゆる可能性について出し合った。
みんなの顔に「いい公演にしたい」って書いてある。
来年の公演が楽しみだよ。。。

夕方、姪っ子とフェリーに乗る。
妖怪画家の柳生忠平氏と、奥さんの陽子さんが見送ってくれた。
このご縁、ほんにありがとうございます。

俳優二人は、明日まで島に。
ゆっくり楽しんでおくれ。。。

船上で、姪っ子の一人旅の出来事を聞いている。
彼女が来年の小豆島公演に、どのように関わっていくことに
なるのか。それもまた楽しみ。。。


小豆島二日目


12/3(火)はれ

朝、目覚めて、ベランダで海を見ながら歯磨き。
鼻唄フンフン。

午前中は、姪っ子とメイパムのギャラリー四つを鑑賞。
地図をもらって、迷路の町を楽しみながら廻る。
思いっきり道に迷う彼女。
町の構造を楽しみながら作品を味わえるって、ワクワクする。
http://meipam.net/

メイパムのカフェでランチ。
午後から彼女は自転車で島探検。
おいらは、メイパムのスタッフさんたちと港に俳優二人を迎えにゆく。

海風の中で鶴田真由さん、井上幸太郎氏と
『花音』別府公演以来の再会。
来年の公演会場を決めるため、来島した。

さっそく候補地をいくつか訪問。
どこも海を臨む、いい処。

夕方、居酒屋「なぎさ」で飲み会。
無人島に恋人と行ったら。。。なんて話題で盛り上がった。
スタッフさんたちと仲良くなれて、いい夜だったわ。
(姪っ子は食べっぷりのよさで人気者になっていた。)


小豆島一日目


12/2(月)はれ

今日は暖かいな。
高知から高速バスで高松へ。
フェリーに乗って小豆島へ。

来年の『花音』公演の会場決めのため。

バスの中でうとうと。
フェリーでは、ず~っと海や行き交う船を眺めていた。
一番前のいい景色の席を確保。
座席の周りを、あっという間にお年寄りのグループに囲まれた。
男女で楽しそうだな。。。

空の色がうすくなると、海の色もうすくなる。
行く手に次々と現れる島。

「あの島でねえか?」と言い合いっこしている。
「ちょっとちょっと、夕日がきれい。コトンと落ちるよ。」
皆ささっと立ち上がり、夕日を観に行った。

年を重ねて、健康で仲間と旅できるって幸せなことだな。。。

島の人たちは、3~4人がけの椅子にひとりで寝転がっている。
いいブレイクだな。

船内をブラブラして、甲板へ。
ほんとだ~。真っ赤な丸い夕日。

土庄(とのしょう)港に到着。
今回は、姪っ子が合流。
妖怪画家の柳生忠平氏が車で迎えにきてくれた。
ありがとうございます。
(公演の主催は忠平氏の所属するギャラリーメイパム。)
http://meipam.net/

オリーブ温泉でゆったりしてから、食事して
明日の会場下見の打ち合わせ。
宿舎の部屋はすべて海が見える。
はしゃぐ姪っ子。

お布団の中で、女子トークしようっと。


人形


12/1(日)はれ

実家で、自分の荷物の整理&処分中。
大好きだったフランス人形ともお別れすることにした。

小学校一年生のとき、近所の玩具屋の彼女に毎日会いに行っていた。
(お年玉で買える値段ではなく。。。)
ある日、家族でパーラーに行った帰りに、玩具屋へ。
妹が、あるフランス人形を「買って」と言うと
親が財布の紐を解き出した。
「おわわわああ、あたしも買うて。」
便乗して、おいらも彼女を手に入れることに成功したのだった。
めっちゃ嬉しかったし「買って」と言える妹の力に
羨ましい思いもあった。

今、二人のフランス人形を見つめている。
おいらが選んだ娘は、華やかなお姫様風で未来を見ている。
妹セレクトは、ええ処のお嬢様風で、はにかんでうつむいている。
どちらも、女の子があこがれる姿だね。

祖母が大事にしていた日本人形も発見。
ちょっと怖いわあ。

過去と向き合って、未来へ進むなり。


プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード