スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お祭り二日目


9/29(日)はれ

いい天気~。

朝から『品川 浮き世 絵巻』公演の稽古。
今日はお昼から仮装パレードなので、変身した人たちが
楽間に三々五々現れて、写真を撮ってゆく。

なっちゃん、さっちゃんも遊女に変身。
人力車でゆったりと到着。

お祭りの太鼓や辻落語の声が聞こえてくる。
リハーサルをして、段取りを確認。

さて、三回公演が始まった。
お陰さまで各回満員御礼。
遊女たちの喜怒哀楽が浮かび上がった。

手前味噌ながら、いい公演だったな。
元々は花魁撮影会として開催するはずだったのを
美術監督の杉山氏がパフォーマンスをやりたいと提案したのが
今回の形へと発展した。

お客さんに
「来年もやらないんですか?友だちを誘いたい。」
と話しかけられたり。

ポかリンメンバーの中島や、女優の昭子さんも来てくれた。
友人のさっちんも。真由さん夫妻も。
カッキー、堤さん、ありがとう~。

あっという間にバラされてゆく舞台。
夕暮れの東海道品川宿。

たくさんの人がこのお祭りを支え、
たくさんのお客さんが盛り上げてくれた。

感謝の気持ちでいっぱいだよ。。。

「金時」で打ち上げ。
女将の十八番『俵星玄蕃』を聴いて涙腺崩壊。
忠臣蔵の世界に持っていかれたよ~。
http://www.youtube.com/watch?v=fnX1vD0TBJU
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND15512/index.html

その後も都々逸や芸者遊びを教えてもらった。
楽し過ぎて、瞳孔開きっぱなし。
浅草から品川に嫁いだ女将。
今日の公演、観に来てくれたけど
いっぱい人が並んでいて遠慮しちゃったんだって。
観て欲しかったな。。。

皆でご機嫌に東海道の坂道を下る。
今から来年が楽しみ。。。


スポンサーサイト

お祭り一日目


9/28(土)くもり~小雨~くもり

さあて、祭りだ。
お昼、花魁道中の花魁と若衆と締めの台詞稽古。
ええやんか。

楽間でチョコッと明日のパフォーマンスの稽古。
美術監督の杉山氏は、鳥居清長の浮世絵パネルを展示中。

明日、パフォーマンスに出演するさっちゃんは、
今日は花魁の姿で贔屓の店に挨拶回り。(人力車で)
写真協会の方々のために、舞台上でモデルも務めて大忙し。
いや~~~色っぽいわあ。
女優魂を見たぜ。

夕方、花魁道中が始まった。
四組の華やかな道中が約二時間。
うちらは、最後尾をしばらく付いて行って
中継地点に先回りして、飲みながら様子見。
そこから最終地点に先回りして、締めの演出の準備をした。

道中の灯りが近づいてきた~~。

肩持ち若衆四人の台詞の素晴らしいこと。
「隅から隅までずずずずい~と」で、
おばちゃんたちから拍手がわいてたよ。
傘持ち若衆のまっさんが、締めに真っ赤な傘を
グルグル回してくれたのも効いていた。

お客さんも、地元のスタッフさんたちも
「よかったよ~」って声かけてくれた。
いろんなピンチを切り抜けて、
無事に花魁道中が終わってホッとした。。。

楽間で飲み会。
若衆の健闘を讃えつつ、道中のあれこれを振り返ったり。
花魁道中の最後尾に、浴衣のおばちゃんが乳母車に柴犬を乗せ、
豆絞りを首に巻いて行進していた件で盛り上がり。
「おいワン道中だね」ってみんな囁いていたらしい。
明日は午後から千人の仮装行列がある。
その行列が楽間を抜ける頃に、うちらの公演が始まるらしい。

明日の三回公演に向け、二次会は遠慮しとくわ。
お客さん、いっぱい来ますように。。。

舞台稽古三日目


9/27(金)はれ

夕方から『品川 浮き世 絵巻』の稽古。
音楽の木並氏が登場!
音入りで通し稽古できる~~。
始まりは宇宙感たっぷり、中盤から江戸情緒に流れてゆく。
パフォーマーの二人も瞳キラキラ。

動きは、緩急をつけつつ、キメポイントを創ってゆく。
明日は花魁道中。
あさってはいよいよ公演だ。

花魁道中の締めの拍子木は
舞台監督の杣谷氏が打ってくれることになった。
よかった~。
おいらはチャリン棒で退場をアシスト。
いろんなことが起こるだろうけど、杣谷氏がいてくれたら安心だ。

居酒屋「金時」へ。
奥座敷でまったり。
「今日の何か」ってメニューが最高!
木並氏がご機嫌でよかったよかった。


舞台稽古二日目


9/26(木)雨~くもり

夕方から『品川 浮き世 絵巻』稽古。
近所の人が、覗いていってくれて、楽しいな。
(学校帰りの子どもたちが、舞台に入り込んできたり。)

パフォーマーのさっちゃんなっちゃんの身体をゆるめさせてもらった。
ええ感じ~。
(遊女が緊張してると、お客さんも緊張しちゃうからね。)

照明デザイナーの木藤さんが、行灯にちょろっと赤を入れてくれた。
うわ~~~っ、色気のある空間になったよ。
美術監督の杉山氏が月を浮かべてくれた。
(美術補の中村さんが、微調整かけてくれて。)
パフォーマーの二人もノリノリだっ。

中島那奈子さん(ダンスのドラマトゥルク)が遊びにきてくれた。
遊女の手の在り方に、アドバイスをいただいた。

当日は、照明操作はおいらと舞台監督の杣谷氏が担当。
木藤さんは居られないから、おいら、いい闇が創れるよう励むわよ。

しながわ宿場まつり実行委員会の篠原氏から、拍子木を預かった。
28日(土)の花魁道中の締めで
おいらが拍子木を打つことになったのよ。
むむむむ難しいんだから。。。
練習あるのみ。

またまた沖縄料理屋「ゆんたく」で談笑。
このパフォーマンスが面白そうだと、商店街で噂になっているらしい。
明日、さらに密度を深めるわよ。


しながわ宿場まつり
http://shinagawashuku-matsuri.com/


舞台稽古一日目


9/25(水)雨~くもり

夕方、ギャラリー楽間へ。
『品川 浮き世 絵巻』の舞台が出来上がっていた。
すすすすすんばらしい~~!
住みたい!

美術監督の杉山至氏が声をかけた面々が
にっこにこで動き回っている。
「楽しい」とみんな口々に言いながら。

稽古開始。
プロジェクターに月を浮かべることにした。
うむ!こりゃいい作品になるわ。
なんとか作品の流れを完成させることができた。
やったね!
照明デザイナーの木藤歩嬢と、しばっちが明かりを調整してくれた。
おお~~、一気に奥行きが出た。

音楽の木並和彦氏は、脳みそグツグツ状態で帰宅。
音楽は、公演当日の通し稽古に間に合わせる予定。

沖縄料理屋「ゆんたく」で談笑。
いい予感がする。。。


しながわ宿場まつり
http://shinagawashuku-matsuri.com/



休日


9/24(火)はれ

ホテルをチェックアウトして、俳優陣を見送った。
今日は昭子さんと、五台山の牧野植物園へ。
http://www.makino.or.jp/

温室で花々の香りを堪能。
花の色、形、葉っぱの模様、なんてなんて美しいんだろう。
(昭子さんもピョンピョン楽しんでいる。)
昭子さんが可愛らしすぎて、心の中のシャッターを何度も押す。

園内を散歩して、世界的な植物学者・牧野富太郎氏の展示室へ。
牧野氏の情熱がぎゅんぎゅん伝わってくる。
敬愛しております。。。
(昭子さんの感嘆詞やコメントがいちいち面白い。)

ここは、おいらが小学生の時に何度も遠足で訪れた場所。
植物大好きのおいらの聖地でもある。

カフェでランチ。
それにしても、高知はどこで何を食べても美味しいよね~。

お隣の竹林寺へも訪問。
(四国八十八ヶ所三十一番札所)
http://www.chikurinji.com/

書院の畳で足を伸ばす。
風を感じながら、目を閉じる。
昭子さんとは、初夏に善通寺もお参りできたし。
縁に感謝。。。

もっとゆっくりしたかったけど、帰京せねば。
濃密な三日間だったな。
来月の訪問が楽しみ。。。

高知WS二日目


9/23(月)はれ

お昼、ひろめ市場で集合。
安倍先生が迎えに来てくれた。

農協でコスモスの花を購入。

今日は安倍先生も参加。
昨日欠席だった部長が参加している。
二年生は積極的だけど、大多数の一年生はぼんやりしている。
今、どんな音が聞こえてくるかをそれぞれ伝える。
俳優の必須条件は耳がいいこと。
いろんな音のグルーヴをスルッと出せるのはプロの俳優陣ばかり。
生徒たちは(漫画の吹き出しみたいな)使い古した
擬音語しか使えない子がほとんど。
自分の耳でつかまえた音を、自分が感じたエネルギーに近い感触を探してゆく。
やがて体現できるようになってゆく生徒たち。

唇にコスモスの花を乗せて、やわらかい集中を体験する。
命を宿した美しい乙女たち。

『花音』台本を立ち上げる時間がなくなったので
俳優陣だけで立体化。

ことばとことばの間にあるねっちりとした空間を体験する生徒たち。
贅沢なワークショップだね~。

三週間後のワークショップで、彼女たちがどう変化しているのか、楽しみだな。
熟成させる時間、大事大事。

帰りの車中で、俳優陣が「この面子で公演したい!」と提案してきた。
わおう、いいね~~。
来年、高知発で公演できるといいな。

濃密な二日間だったよ。
(五台山のカフェで夜景を眺めつつ。。。)


高知WS一日目


9/22(日)はれ

今日から二日間、高知のワークショップ。
羽田空港で集合。
みんな、テンション高い!

アシスタントのメンバーは去年も参加して下さった方々。(敬称略)

桜井昭子
古屋隆太
笠井里美
三村聡

今回、新たに友人の石川直子さんがサポートしてくれる。
みんな、高知でのワークショップを楽しみにしてくれていて、嬉しい。
高校生たちとの出逢いも、これまた楽しみ。

飛行機の窓から、富士山の噴火口を眺めている。
空からの景色、見飽きることがないよ。。。
今日の太平洋は青のグラデーションが美しい~!

着陸。
春野高校演劇部顧問の安倍先生が迎えに来てくれた。
海岸通りを走って、ランチして、高校に到着。
山本先生にも挨拶。

演劇部はみんな女子ばかりで、ほとんどが一年生。
じっくり歩いて、舞台に立つために必要な感覚を開いてゆく。

あっという間の三時間。
肩でバランスをとっていた子たちが
下半身から動けるようになっている。
素直だな~~。
取り組んでいる最中、互いにじゃれ合って
集中できてない子たちがいる。
今日の進行は楽しく展開したけど、明日はピリッと締めていくわよ。

夜は、二件のお店をはしごして、日本酒三昧。
塩タタキの香ばしさにうっとり。。。



9/21(土)はれ

今日は半袖でも汗ばむわ。
洗濯物があっという間に乾いてしまった。

あちこちで、彼岸花の蕾を確認。
お彼岸の頃にピタッと合わせて咲く灯籠花。
死者が迷わずこの世に帰ってこれるよう、目印になって咲く花。

明日の高知ワークショップの荷造り中。
何着ようかな。。。
頭の回転がいまひとつで、なかなか進まない。
スイッチで簡単に切り替えできたらいいのにな。
演劇やワークショップで、すっとスイッチ入るみたいに。

必要最小限の荷造りが完了した。
のど飴やチョコも完備。
明日はいい天気みたいだし、楽しみだ。


新しくする


9/20(金)はれ

週末は、高知だな。
身ぎれいにしとかないと。

午後、美容院へ。
今回はヘナ染めのみ。
(前回、かなり短く切ったので、髪を結うのに苦労した。)
お兄さんと談笑。
とってもご機嫌な訳は、近々引っ越しするんだって。
「いい物件が見つかってね~。」

住まい、大事だもんね。
お兄さんは、平成生まれの物件って決めてるんだって。
それも、住宅会社が立てたしっかりした構造の。
おいらは昭和テイストの一軒家がいいな。
幸せオーラ、分けてもらったよ。

あと、新しいiPhoneを買うために、
お店前に十日前から並んでいた男性の話で盛り上がった。
いろんな価値観の人がいるんだな~。

帰りに、ビックカメラのiPhoneコーナーに立ち寄ってみた。
ドコモも参入したし、頑固なドコモユーザーも
いよいよ手を出すかもね。
(おいらのことです。。。)


満ちる


9/19(木)満月

満月なので、散歩に出た。
空が広くなる処までてくてく歩く。

夜風が心地いい~。

道路の向こう側で、お月様の写真を撮っている人がいる。
川沿いのベンチに座って、のほほ~ん。
柳がゆれている。

そういえば、しながわ宿場まつり実行委員会の篠原氏の奥さん、
そろそろ出産予定日だな。
満月に生まれることが多いっていうし。
お出ましになってるかも。。。


景色


9/18(水)はれ

台風、日本列島を這い上がって行ったね。。。

今日からパフォーマンス『品川 浮き世 絵巻』の稽古が始まる。

9/29(日)13時/14時/15時@ギャラリー楽間

http://shinagawashuku-matsuri.com/rakuma.pdf

二人の遊女が艶やかに舞う予定。
観に来てねん。
(無料&写真撮影OKです!)

昨日は、照明デザイナーの木藤さんと楽間で打ち合わせだった。
夜は、舞台美術家の杉山氏と打ち合わせ。
杉山氏がタイムスリップして会いに行きたいと語る、
浮世絵師・鳥居清長。
清長の傑作「美南見十二候」は、品川の遊郭の四季を描いている。
遊女たちの日常が、遠浅の海を背景に展開してゆく。

これがね~~、いいのよ。
潮の香りがしてきそうなのよ。
で、今回、
「美南見十二候」の艶やかな遊女たちの姿態を軸にしつつ
パフォーマンスに昇華させてゆく。

夕方、浴衣で北品川商店街の尾張屋さんへ。
呉服屋の店の奥に、四十畳の広間がある。

主人の大橋さん(父)に挨拶。
ダンサーのなっちゃんと奥へ。
女優のさっちゃんは遅刻とな。
稽古初日、出演者二人の稽古場に遅れてくるのは、どうかと思う。

なので、稽古内容を変更。

浴衣の上に、お引きずり用の着物を着て歩く歩く歩く。
しなっと座ったり、振り向いたり。
彼女らにとっては、座る・立つが大変な作業。
この基本動作をしっかり身につけてもらって
来週の怒濤の三日間稽古+本番に備えねばね。

大橋さん(息子)が花魁の高下駄を持って来てくださった。
漆塗りの高下駄にうっとり。
二人とも履いて歩いてみたり。
(景色が変わった瞬間の表情がとってもステキだった。)

舞台監督の杣谷(そまや)氏、舞台美術家の中村さんも合流。
舞台の立体模型を見ながら、いろいろ明確にしてゆく。

沖縄料理屋「ゆんたく」で、なっちゃんと談笑。
ダンサーは、むき出しの魂で舞台に立つから
俳優が「嘘を生きて真実に昇華させてゆく」立ち方とは仕組みが違う。
今回のチャレンジで、互いに発見があるだろな。

楽しみ。
そして、おいらがんばる!


馴染む力


9/10(火)はれ

今日も早起き。

ENBUゼミナール「身体と向き合う」講座の二日目。
今日は、USA・ミネソタ州の大学に留学中の
ミワちゃんが見学に来てくれた。
(彼女が高校生の時、よくポかリンワークショップに参加していた。)

と、男子生徒がひとり欠席。
偶数でやりたかったので、ミワちゃんに「混ざって」と声をかけた。
着替えを持っているところが流石やね~。

常時うつむいてしまう女子が混ざっているので
軸を育てる作業がなかなか進まない。
(無意識にうつむくのは、周りを観ようとしていないことでもある。)
彼女と組んだ生徒が入れ替わりアドバイスしているけど、
変化が起きず。

なぜここに居るのか質問してみた。
俳優になりたいんだって。
「何でもできます」と宣言するので「じゃあ見せて」と返すと、
泣きそうな顔でうつむいて固まってしまう。

昼休みを挟みつつ、彼女が開き直る瞬間を待ったけどタイムアウト。
周りを観察してほしかったので、見学してもらうことにした。

終盤のシーン発表のところで、彼女が「やりたい」と名乗りを挙げた。
待ってたよ~。
演劇が好きなんだなってことは伝わってきた。

ミワちゃんはすっかり馴染んでいた。
砂場で、いつの間にか一緒に遊んでしまう子どもたちみたいに。

彼らはこの後、自主発表会の稽古だそうな。
一年間を共にする仲間と、いろんな瞬間を乗り越えてゆくんだろな。
皆の未来に幸多いことを。。。


<報告>
一週間ほど、日記お休みします。
次は「しながわ宿場まつり」の稽古場から始まる予定です。
夏の疲れがじわじわ出てくる頃。
お身体、ご自愛くださいませませ。



覚醒


9/9(月)はれ

肌寒いなと感じて目が覚めた。
電車で中野坂上駅へ。

ENBUゼミナールで「身体と向き合う」四回講座がありまして。
https://enbuzemi.co.jp/

いつもは四日間、今回は二講座×二日間でぎゅぎゅっとやるわ。
生徒は八人。
(少数だと丁寧に対応できるから、よいわ~。)
午前中は、彼らの志望や、将来に向けてのプランを
書き出してもらってから、皆に語ってもらった。
語るときに出る仕草の癖や、語調の癖を自覚してもらう。
(自分が何を話しているのか分からなくなる子もいる。)

午後は身体を動かして、体重のかけ方、軸のたたみ方を実践してゆく。
劇作家志望の男子が、みるみるコツを掴んでゆく。
覚醒してゆく人を見守るのは、この上ない歓び。

『花音』台本を渡した。
明日、好きなシーンを立ち上げてもらうわよ。
フラフープが回せるように、宿題も出した。

若者たちよ、まだ使ってない底力を見せておくれ。


ライバル


9/8(日)雨降ったり止んだり

部屋に威勢のいい蚊が一匹いる。
いつの間にか、手首に刺され痕が。
全く気付かなかったぜ。

2020年のオリンピックが東京で開催されるとな!
驚いた~!
世界中の人を迎え入れる、いい準備ができますように。

サッカー日本代表の選手二人が離脱した。
ボランチの青山敏弘選手が虫垂炎の疑いで。
フォワードの岡崎慎司選手が左膝痛で。
岡崎選手、前半始まってすぐ、ファールを受けて倒れてたもんな。
軽い怪我でありますように。。。
青山選手、後半の出場時から痛かった模様。
ガーナ戦でもアピールしたかっただろうに。。。

岡崎選手と交代で入った工藤壮人選手はゴールを決めた。
彼は、岡崎選手のむき出しの闘志と泥臭いプレースタイルを
継ぐ選手と言われている。

誰かのピンチは誰かのチャンス。
ライバルがいることによって、チーム全体のレベルが上がってゆく。

10日のガーナ戦は横浜国際総合競技場(日産スタジアム)にて。 
ザッケローニ監督の采配やいかに。



大蛸


9/7(土)はれ

アイスクリーム食べようかちょっと考えて
ヨーグルトにしておいた。

サッカー日本代表のグアテマラ戦を観た。
親善試合なので、6人の選手交代が可能。
ベンチスタートの選手たちからも闘志が伝わってくる。
ザッケローニ監督は、前半と後半に新メンバーを折り込んで
フォーメーションも2パターン試していた。
(4-2-3-1/3-4-3)
フル出場したセンターバックの森繁真人選手、攻守が冴えてる~。

前半出場したワントップの大迫勇也選手。
積極的にミドルシュートを放つも、得点にはつながらず。
アナウンサーが「オオタコ」「オオサカ」と名前を創作していた。
今後、彼が大活躍すれば、こういうこともなくなるんだろうな。

後半、ワントップで出場した柿谷曜一朗選手。
自分のアピールよりも他者を生かすプレイができてる。
名前は陽のエネルギーなのに、佇まいに陰を感じる。

グアテマラは国内の強豪クラブ「コムニカシネオス」から8人を起用。
フィールドプレーヤー10人中、8人が同じチームメイトとなれば
意思疎通はバッチリやね。
地理的には、メキシコの下のくびれのところ。
マヤ遺跡があちこちに残っているそうな。
1960年から1996年まで続いたグアテマラ内戦により
未だに不安定な社会情勢なんだって。

前半は0-0。後半に日本が3得点。
グアテマラを無失点に抑えて、久しぶりの白星を得た。
10日のガーナ戦は主力メンバーが来日しないけど
格上のチームゆえ、全力で挑んでいただきたい。

グアテマラ代表の方々、はるばる日本まで来てくれて、ありがとう。
今日、M6.5の地震があったそうで。
被害が少ないことを祈っています。


新しい世界


9/6(金)はれ

そろそろ七部丈のシャツを着ようっと。

夕方、六本木の音楽実験室「新世界」へ。
オーナーのみはるさんが『花音』公演を観て気に入って下さって。
「新世界」でやりませんかと誘われたの。

元、オンシアター自由劇場のアトリエ劇場で
いわゆるアングラ劇場のときに行ったことはある。

ライブがあるときに観に来てと誘われたけど
あえて何もない日にお邪魔することにした。

ルートカルチャーの山岸氏と訪問。
印象が全然違う。
アドレナリン出まくり~!
面白い使い方ができるな。
いろんな可能性を感じた。
ただ、年内は日程的に厳しいな。

スケジュール・予算含めて、
ルートカルチャーの方針でどうなるかだわ。

六本木交差点で、サッカー日本代表のグアテマラ戦の画像を発見。
今のところどちらも無得点。
がんばって~~。

山岸氏とカフェで打ち合わせ。
年内の公演スケジュールの擦り合わせをしつつ、
大まかに予算を組んでみた。
地方公演の際、ワークショップをやるのもいいね。



9/5(木)雷雨~晴れ

高知の親友、多美ちゃんから虹の画像が届いた。
虹の柱がデデーン!
30分も眺めていたなんて。
なんてステキな時間。。。

サッカー日本代表の「代表活動日記」をチェック。
雨上がりのピッチを走り回る選手たち。
笑顔が伝染している。
練習着は黄色で、背番号がないから
シューズで選手を判別するのも楽しい。
いろんな色、デザイン、機能のシューズがあるのよね。
http://samuraiblue.jp/diary/2013/09/

いよいよ明日はグアテマラ戦。
グアテマラはFIFAランキング93位。日本は37位。
新メンバーといい連携をとって、無失点で勝利を掴めるといいな。

10日対戦のガーナは24位。
日本は、アジアでは一番上だけど、まだまだやね~。
20位台までは、ヨーロッパや南米の国がギッシリ。
(USAやアフリカの国もチラホラ)
日本も再度20位台に割り込めるよう、躍進を期待してるわ。



9/4(水)晴れたり雨だったり

数日前から玄関の外に、ビニール傘を数本置いている。
「ご自由にどうぞ」って紙を貼って。

朝、ゴミを出すときにチラッと見たら、残り一本になっていた。
やったね。
ビニール傘って「あ、雨だ!傘持ってないよ」って時に買うから
いつの間にか増えてるんだよね。。。
あと、友だちの家から帰るときに雨降ってきて
「返さなくていいから」って、ビニール傘を貰ったり。

傘といえば、稽古の帰りにみんなで小さな居酒屋に行ったときのこと。
自分の傘を個室の中に持ち込んだにも関わらず、違う傘になっていた。
緑色だから誰か間違えたんだろうけど、残った傘の方が重くて高そう。
おいらのは、もっと大きくて軽くて気に入ってたのに~。

間違いといえば、善通寺滞在後、帰京したときのこと。
女優の桜井昭子さんとおいらの荷物が逆に送られてきた。
一足早く帰京した昭子さん、大いに困ったそうな。
クロネコさん~!
善通寺の集荷スタッフは「間違えてない」と言うし
東京の配達スタッフは「現地で間違えたとしか考えられない」
って言うし。
内部で調べてもらって、文書にしてもらった。

ちなみに、謝罪担当のスタッフは若いイケメンを派遣するらしい。
うちに文書を持って来た人も、人当たりのやわらかい美男子だった。
(寝起きでそんなに覚えてないけど。。。)



突破口


9/3(火)はれ

今日の雲はモッコモコだね~。

昨日から大阪府内で、サッカー日本代表の合宿が始まっている。
海外組は、昨日クラブの移籍市場が閉じて、
移籍した人、できなかった人、出場の機会がない人と様々。
http://tv.samuraiblue.jp/

動画を観てると、ザッケローニ監督の表情が厳しいのなんのって。
過去4試合で13失点してるので
守備の立て直しに時間を費やしているそうだ。
ダッシュしている選手たちに見とれてしまう。
走っている人や動物って、美しいな。
(空を飛んでいる鳥たちも。海を泳いでいる魚たちも。)

二階のベランダから男子たちが練習を見ている。
U-18の選手たちだって。
将来が楽しみだな。。。

残念なお知らせが。
ドイツ・ハノーファー96所属の右サイドバック・酒井宏樹選手
(23歳)が、右太腿痛で離脱。ドイツに戻ってしまった。
急遽、左サイドバックの槙野智章選手が追加招集された。
代表期間中は、リーグ戦も休み。
幸い、大きな怪我ではないとのこと。
14日のリーグ戦までに回復するといいねえ。

ハノーファー96で、酒井選手がポジションを争う相手は
スティーブ・チェルンドロ選手(34歳)。
アメリカ代表の選手で、在籍14年、チームのキャプテンでもある。
なので、移籍してからもなかなか出場機会に恵まれず、
出場しても、一列前のサイドハーフの起用がほとんどだった。
今季は、キャプテンが6月・8月と左膝の手術を受け、
復帰の目処は立っておらず。
レギュラーの座を得た酒井選手の活躍は、目を見張るものがあった。

左サイドバックの酒井高徳選手(22歳)は、間もなく合流のよう。
彼は右も左もできる選手。
誰かのピンチは、誰かのチャンス。

スポーツ選手と怪我って、隣り合わせ。
親善試合の二連戦を終えると、所属クラブでのリーグ戦が待っている。
突破口を見つけて、みんな無事にクラブに戻れるといいな。



衣裳は大事


9/2(月)はれ

うむむ。溶けそうなり。。。

午後、代々木公園駅へ。
緑がいっぱいの場所はいいなあ。。。
公園の並びの東京衣裳へ。

「しながわ宿場まつり」のパフォーマンスの衣裳を選びに。
担当の中田さんとあれこれ話しつつ、遊女の着物と帯を選んだ。
はじめは「花魁パフォーマンス」ということだったけど
舞台装置は桟敷だから、道中のときのような厚着だと
達磨さんみたいで様にならない。
ギャラリー楽間の天井も低いしね。

なので、身軽な遊女の衣裳で、鬘も簪少なめにした。
二人の出演者で、どっちが姉さん格になるのか、まだ決まっていない。
(白塗りにすると、顔の形で面長の方が姉さんになるのよね。)
二人のどちらが着ても似合う衣裳にした。
桃色と紫色で、上品な取り合わせ。
帯も取り替え可能にしてっと。

よっしゃあ。
いい衣裳が揃ったから、安心して作品のこと考えられる。

中田さん、ふんわりの姉御肌で頼りやすい。
お祭り当日もお世話になります。

そういえば、大学四年のとき、松竹の衣裳部に就職しないかと
先生に勧められたんだったな。。。
就職したら、ハマってただろうな。



9/1(日)はれ

今日は防災の日だね。
自然災害は、地球の営みのひとつ。

ワークショップの資料や、台本の整理中。
いろんな仕事、してきたんだな~~。
台本は、原本以外は思い切って紙ゴミに。

来週の資源ゴミの日、かなりの紙ゴミを出すことになりそう。
紙=木
だもんね。。。

20代の頃、音楽教室でリトミックの講師をしていた。
そのノートの中に、おいらのパーソナルカード発見。
誕生日やら趣味なんかが記されている。
「住みたい場所」って欄に「水のきれいな所」って書いてある。
吹き出してしまったよ。
蛍かい!

まあ、川か海が近くにあるのがいいわね。


環境を変える


8/31(土)はれ

暑さが戻ってきたわね。。。

サッカー日本代表のキャプテン、長谷部誠選手が
五年半所属したウォルフスブルクから
ニュルンべルクに移籍することになったね。
近年、本職のボランチでの出場がほとんどなかった長谷部選手。
今季は右サイドバックの控えに甘んじていた。
清武弘嗣選手が所属するニュルンベルクでは、
ボランチでの出場が期待されている。

選手にとって、ベンチを温め続けることは
試合勘が鈍くなってゆくことでもある。
ザッケローニ監督は、クラブでプレーできている選手を
招集するとしながらも、絶対的な信頼を寄せる長谷部選手は
例外としている。
新天地で長谷部選手がボランチとしてスタメンになれば
日本代表全体のパフォーマンスも向上してゆくわね。

環境を変えるって勇気のいることだけど
新たな出逢いの中で見えてくることがいっぱいある。
清武選手も長谷部選手の合流を心待ちにしているとのこと。

CSKAモスクワ所属の本田圭祐選手は、会長の承諾が降りず
ACミランへの移籍が難しい様子。
あと三ヶ月モスクワで個を磨いて
フリー移籍に備えることになりそう。
残念だな。。。
ま、冬の移籍で、ミランよりいいクラブから
声がかかるかもしれないし。

9/6,10のサッカー日本代表の親善試合は、
グアテマラ(中南米)、ガーナ(アフリカ)と連戦。
選ばれた23人の選手は、国内組と海外組が半々。
国内組は、東アジアカップで活躍した若手が招集されている。
http://samuraiblue.jp/newscenter/press_release/news_000594.html

個人的には、鹿島アントラーズの大迫勇也選手に注目している。
身長183cm、長身のフォワード。
限られたチャンスをものにするのは誰かな。。。


プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。