スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガレット


3/29(金)くもり

銀杏の芽の黄緑がまぶしい。
小さな小さな三角の芽たち。

今月中に、どこまで書けるか。。。
図書館でうとうと。
今日は頭の中がぼんやりしている。
そんな日もあるさ~。

京都の友人の執筆体勢は
「ヤンキー座りで、踵を上げて書く」
って言ってたのを思い出す。
それって、キャッチャーがミット持って構えてる姿勢だよ。

著名な外科医が
「手術中はずっとつま先立ち。」
って言ってたな。
(時には8時間に及ぶ)

どちらも高い集中を持続している状態だわね。

え。隣のおじさんのノートパソコンのスクリーンセーバーが
マーガレットじゃないですか。
花言葉は「真実の愛」だよ~!
テンション上がってきた。

ちなみにおいらのは、空と海の境目が溶けてる画。

がんばれ!自分!

スポンサーサイト

ブルース・リー


3/28(木)はれ

ちょっとずつ葉桜になってきた。。。
桜の木を見上げて歩く人にキュンとする日々。

図書館のパソコン席を確保。
座る前に隣のおじさんをチラッと見て
大きな音出しそうな人だなと思ったら
やはりキーボードを叩く音が激しかった。

そういえば、友人が
「デートのときに、珈琲カップをどう扱うかで
 その男性が女性を大事にするかどうかが分かる。」
って言ってたな。

どうしてそんなに大きな音が出るのか、チラ見してみた。
両手が浮いていて、上から叩いている。
机が繋がってるので、振動がボンボンくる。。。

太鼓だと思うことにして、自分の作業にとりかかる。
おじさんがトイレに行った隙に、机上の書籍をチラ見。
『日本人はなぜ貧しい人が多いのか』
ふ~ん。。。
どんな貧しさについて記されているんだろう?
http://www.ringolab.com/note/daiya/2010/03/post-1192.html

そういえば祖母が「袖擦り合うも多生の縁」ってよく言ってたな。
おいらは、今、見知らぬおじさんに影響を受けて
心の豊さについて想いを巡らせている。

と、おじさん、今度はシャーペンでカンカンと文字を量産。
小さなブルース・リーが技を繰り出し続けている姿を想像。

30分くらいすると、おじさんが帰り支度を始めた。
ラッキー。
最後に椅子を戻したとき、ゴーンと机がゆれた。
(ボクシングのゴングみたいな終わり方で)



プレイヤー


3/27(水)雨~くもり

桜が雨の重さで散ってゆく。。。

昨夜はサッカー日本代表のヨルダン戦だった。
日本は、同点でもワールドカップ出場が決まる状況だったけれど
ヨルダンに二点先制され、一点返したものの、時間切れで負けた。
(それでもB組の中で、日本が首位。)
http://www.goal.com/jp/results-standings/169/w杯アジア予選/group?ICID=TOP_4-4

シュート数は日本が多かったけれど
少ないチャンスを確実に決めたヨルダンの勝利だった。
(イエローカードはヨルダン5枚、日本0枚)

お祭り騒ぎのヨルダン国民や選手たち。
中には、うれしさに涙を流してピッチにうずくまる選手も。
そして、肩を落としてサポーターの元へ歩き出す日本人選手たち。

アウェイのピッチは、足元の状態の悪さや
ヨルダンサポーターの煽りは想定内として
日本の国歌斉唱のときのブーイングや
試合中に、日本の選手の顔にレーザービームを当てたり
する行為には残念な気持ちになった。

ヨルダンの選手が、ザッケロー監督に首を切るポーズで挑発したことや
香川選手とユニフォーム交換をしたときに
同じポーズをとったことには驚いた。
互いに力を出し切り合ったとき、
結果はどうあれ、互いを尊重する関係が生まれるのがスポーツ。
ユニフォーム交換は、まさにその象徴なのに。

今回、日本が圧倒的な強さで
相手を黙らせるということはできなかったわけで。

ヨルダンの国民から
「ワールドカップに出場したい。どんな方法を使ってでも。」
そんな声が聞こえてくる思いがした。

世界中の人々が、選手たちが、その気持ちをどんな風に表すのか。

強くなることって、巧くて美しいプレイをすることだと思う。
ワールドカップ本戦で勝ち上がってゆくチームは
そんなチームばかり。

香川選手は、ユニフォーム交換時に屈辱を受けた後も
その選手のユニフォームを肩にかけたまま移動し
練習着を着た後も、手に持って日本人サポーターに挨拶していた。

彼は、もっともっとしなやかで美しいプレイをする選手になる。
きっとなる。
ピッチを歩きながら、天を仰いだ彼の瞬間の生を、記憶した。


ここが好き


3/26(火)はれ

早起きして川越市駅へ。
例の物語を書くには、やはり川越を感じるのが一番。

去年の浴衣ワークショップで知り合っためぐみさんが
車で迎えに来てくれた。
前から家に遊びに行くと言い合っていた仲。

めぐみ「どうしたい?」
みょ「まだ頭が働かない。。。」

めぐみさんがお気に入りの場所に連れて行ってくれた。
まだ耕されてない畑が広がっている。
菜の花が金色に輝いてる。
向こうに秩父連峰が霞んで見える。
そして、大きな池のある屋敷に到着。

遠山記念館
http://www.e-kinenkan.com/

すすすすすす素晴らしい!
立派な門。
砂利を踏みながら展示室の蔵へ。

日興證券の創立者、遠山元一氏のコレクションの数々。
今はオリエントの美術品を展示中。
手のひらよりも小さくてキラキラ光る壺がいっぱい。

庭で抹茶をいただいてほっこり。
桜を愛でつつ。

いよいよ邸宅へ。
和の空間の魅力を存分に堪能。。。
自然光の取り入れ方、天井や欄間、障子の意匠や襖の絵、
お部屋毎に世界があって、ワクワクした。
ここで台本、書きたいな。

庭も散策。
池の隅のあちこちで、つくしが生えてる!
もうだいぶスギナになってる。
五月は池にショウブが咲くんだって。
葉っぱが順調に成長中。

敷石をポンポン踏みながらお庭を一周。
クマザサ大好き。
茶室は只今修理中。

京都生まれのめぐみさんは川越に住んで20年。
引っ越してきたばかりの休日、旦那さんと一緒に
交番のお巡りさんに「いいとこありますか?」って訊いたら
「ここが好き」って教えてくれたんだって。

「好き」って、こうやってつながっていくんだね。。。
また来たいな。


新しい歌舞伎座


3/25(月)雨~くもり

雨の音を聴きながら考え事。

4/2(火)からnew歌舞伎座でこけら落とし公演が始まる。
http://www.kabuki-za.co.jp/
http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/2013/04/post_46-ProgramAndCast.html

市川團十郎、中村勘三郎を欠いた歌舞伎界。
淋しいなあ。。。
とはいえ、オールスターが顔を揃えている。

個人的には夜の部の『盛綱陣屋』が観たい。
片岡仁左衛門の盛綱、どんな葛藤を魅せてくれるのか。

あらすじはこちらから。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~freddy/watching55.htm


シンバル


3/24(日)はれ

洗濯して
駅までてくてく。
近所の売地が売約済みになっている。
といっても、半分のエリア。
前は一軒家だった土地に、二軒がぎゅっと建つんだな。
東京は土地が高いからね。。。

電車で新宿へ。
ソウルの劇団の公演を観に。
演劇集団反(バン)『シンバル』
http://www.tinyalice.net/scu3_diary/scu3_diary.cgi?action=article&year=2013&month=3&day=22

劇作/演出のパク・ジャンニョル氏の作品は
昨年『お母さんの十八番』を観て
とってもよかったんだよね。。。
日本人の俳優さんとじっくり創った物語だった。
(下総源太朗氏が出演してたので、観に行った。)

今回は劇団員とがっちり組んだ作品。
自殺を図った男が意識を取り戻すまでの記憶の曼荼羅。
歌あり、踊りありの濃密な90分だった。

「シンバル」とは、履物のこと。
韓国でも自殺するときに靴を脱ぐんだって。
そして、韓国では自殺することは「罪」なのだそうな。
ラストシーン、感涙ものだった。

源太朗氏、イ・ジヨンさん(高知公演の通訳で
お世話になった)と再会。
ジャンニョル氏に、一緒にお茶しようと誘われて
夕方前だけど居酒屋へ(笑)。
『お母さんの十八番』に出演していた伊比井香織さんとも色々話した。
ジャンニョル氏はソウル演劇協会の会長。
演劇人の保険制度や様々な手当の向上に勤めているそうな。

『シンバル』は、日本が初演で、六月にソウルで公演するんだって。
大きな舞台セットを組まないのは
その予算を取るなら俳優にペイしたいというジャンニョル氏の方針。
「俳優の存在とエネルギーで、充分に魅せることができる。」
とジャンニョル氏。

いっぱい刺激を受けました。


親善試合


3/23(土)はれ

今日もカフェで悶々と。。。
結婚式の二次会の帰りっぽい女性が三人、
ず~~~っと滞在している。
もちろん、かしましいエリアからは距離をとっている。


昨夜は、サッカー日本代表のカナダ戦を観た。
前半が香川選手がトップ下に。後半は中村選手。
ディフェンスの要、今野選手はヨルダン戦までに体調を整え中。
親善試合は選手を6人交代できる。

カナダは2014年のW杯出場権を逃し、2018年を見据えて
若手に世代交代したメンバーで臨んでいる。

カナダ、いいじゃん。
日本のパスサッカーがうまくつながらない。

後半35分。最後の枠で交代する瞬間、ドキリとした。
ボランチの遠藤選手を出して、細貝選手を入れようとした瞬間、
ザッケローニ監督が別の指示を出した。
やる気満々の細貝選手とチェンジしようとしていた遠藤選手は
「?」状態。

と、ピッチの奥で、左サイドバックの酒井高徳選手が
太腿を押さえていた。
急遽、高徳選手から、酒井宏樹選手へとチェンジ。
宏樹選手は右サイドバック専門。
右サイドバックを務めていた駒野選手は両方OKなので
宏樹選手が右に入り、駒野選手が左に移動した。
(ちなみに高徳選手も両方OK)

幸い、高徳選手は大事ないとのこと。
ヨルダン戦に向けて、頼んだよ。
(ピッチはゴムみたいにゆるいらしい。。。)

各選手の採点はこちら。
仕事内容が簡潔に記されてます。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130323-00000001-footballc-socc


二拍子


3/22(金)はれ

桜が満開だね。。。
お祭りやイベントは一週間早めているそうな。

今日滞在しているカフェは、ちょっと暗くていい感じ。
残念なのは、地下なので WiMAX の電波が入らないこと。

来週の半ばに締め切りの原稿に取りかかっている。
初めて踏み入れて行く領域なので、どうなるのか自分でも分からない。

いくつか遊びの誘いを受けているけれど
そっちに心が動いていかない。。。

今日のカフェは、鼻をすする人が多い。
二拍子だな。。。
農耕民族のリズム。

帰りに、薬局でティッシュボックス「鼻セレブ」を購入。
これ、いいよ。
全く鼻にストレスかかりません。
パッケージも愛らしくて。
http://www2.nepia.co.jp/homeuse/product/celebrity.html


のほほん


3/21(木)はれ

これから日が長くなってゆくんだな。。。

カフェで考え事。
あちこちからキーボードを叩く音が聞こえてくる。

長くひとところにいると、いろんな人の声を聞くことになる。
喉が閉まっている人の声は、気持ち悪く感じる。

サッカー日本代表の背骨である、遠藤保仁選手は
試合開始の笛が鳴る瞬間まで、もへ~っとOFF状態のお方。
チーム最年長の33歳。

もちろん、普段の表情もやわらかいし、声もテンポものほほ~ん。
聴いてて、とっても気持ちいい。
(子どもの頃から、そうだったんだって。)

ゆっくり喋れる人って、呼吸が深いってことなんだよね。。。
耳もいいし、視野も広い。
(若い俳優さんは、ゆっくり喋れない人が多い。)

遠藤選手は、所属クラブ(ガンバ大阪)がJ2落ちした中
キャプテンになって、チームを牽引している。
のほほんなお方がどんな風にメンバーを引っ張って行くのか
注目しているわ。


鷹のように


3/20(水)春分の日

日比谷図書館に行ったら休みだった。
今週は館内整理なんだ。。。
公園の桜を愛でながら歩く。


サッカー日本代表が18日からカタール入りして
練習の日々を送っている。
http://tv.samuraiblue.jp/

気温30度。
選手たちは笑顔がいっぱい。
ザッケローニ監督の表情は鷹のように鋭く厳しい。

主力選手が二人欠けるため、誰をどう配置するか。
26日のヨルダン戦まで、親善試合も含めて、いろんな布陣が試せる。

ちょっと心配なのが
カタール入りしてから不調を訴えている選手たち。
現在、今野選手は発熱の後、栗原選手と宿舎のジムで調整中。
清武選手も、別メニューで調整中。

いいコンディションで試合に臨むのがプロ。
とはいえ各選手、所属チームでみっちり戦っている合間の合宿。

ザッケローニ監督は、よいコンディションの選手を起用するとのこと。
23人の選手のうち、ピッチに立てるのは11人。
競い合い、日本サッカーのレベルを上げてゆく若者たち。

ピッチ状態も悪く、審判の判定も中東寄りのアウェイ。
何が起きても、皆で立ち向かってゆく姿を、日本から応援しているわ。


立ち稽古


3/19(火)はれ

暖かいを通り越して暑いよ。。。
コブシの花が満開だ~。

午後、青山のデザイン事務所へ。
(あるパンフにちょろっと物語を書くことになりまして。)

天井高くて、いろんなプロダクトがあって、
わくわくするのに落ち着く。。。

主の永田氏が
「いつでも考え事しに来てね。」
って。
ありがとうございます。


夕方、六本木の区民施設へ。
『花音-カノン-』の立ち稽古開始。
実寸とれないよ。。。

空間がちょっと特殊なので
二人の距離感を絶妙に計算しつつ、進めてゆく。

ドラマトゥルクの山岸清之進氏が登場。

ある程度動線ができたので、テンポを上げていく。
真由さん、光の人だな。。。
幸太郎さんは、彷徨える旅人。

稽古後、カフェでおしゃべり。
密室の少数空間なので
遅れたお客さんを入れたくないと主張するおいら。
ルートカルチャー(主催)としては遅れたお客さんを入れたい。
よって、開演後7分くらいのシーンでお客さんを入れる部分を作った。
舞台の構造上、立ち見になるけど。
それも、50%しか見渡せないけど。

もうねえ‥‥開演30分前には到着して
お寺でゆっくりお散歩を楽しんでいただきたいです。


四国学院大学


3/18(月)はれ

ゆっくり寝た~。
お洗濯は部屋干し。

山下昇平氏から購入した写真を目覚めに眺めると
ふっと意識が海とつながる。

五月末から、四国学院大学に一ヶ月以上滞在して
学生たちと公演することになっている。

どんな作品をやってもかまわないとのこと。
参加者は1年生から4年生まで。
オーディションしていいんだって。

何やろうかな。。。
いろいろ考えてみようっと。


花の命

3/17(日)はれ

『花音-カノン-』公演情報が Realtokyo に掲載されました。
http://www.realtokyo.co.jp/events/view/37080


図書館で台本の推敲作業中。
隣の女子高生、小論文の作成が一行も進んでいない様子。

そんな日もあるよね。。。

最近よく、おいらの心の中に、葛飾北斎の絵が想い浮かぶ。
農夫が、牡丹の花にうっとり見とれている姿。
花の命に共鳴している農夫のほんわりした表情。
己の生をただ全うしている花と情を通わせるおじさん。

また、小布施の北斎館に行きたいな。
山と花に囲まれた町。
北斎が晩年を過ごした町。。。


メッセージ


3/16(土)はれ

弥生三月。
もう半ばを過ぎたのね。

午後、電車で友人の美香さんちへ。
高架になった路線からの景色を眺めていると
父親と息子が自分たちの住んでいるマンションを指差していた。
ぐっときたよ。。。

「かまって欲しい人」について話した。

以前、友人の家に遊びに行ったときのこと。
小型犬が事件を起こした。
自分にかまってもらえる時間が減ったことが不満だったようで
主人に向かって吠えながら、廊下で放尿していた。

可愛いんだけど、苦笑してしまったよ。
一緒に遊ぼうよって、歩み寄るのではなく
心配させるという方法をとるんだよねえ。

いろんなメッセージの発信の仕方がある。
メッセージの奥にあるものは何か?

おいらは
見ず知らずの人と隣り合わせになったお客さん同士が
一期一会を噛み締められる時空を創りたい。


抽象度


3/15(金)はれ

桜の蕾がふっくらしてきたわね。
鼻唄ふんふん。。。

図書館で『花音-カノン-』台本の推敲作業中。
隣のお兄さんのキーボードを打つ音が軽やか過ぎて
尊敬の念を抱いている。
姿勢もすっとしてて。
どんな言葉を紡いでいるのだろう。。。

本に関しては、だいぶ落ち着いて作品世界を眺められるようになった。

上演時間は60分以内にしたいので、これ以上盛り込むことは避けたい。
キラッと輝くフレーズをいくつか入れたかったけど
無理して入れるのもなあ。。。

ラストシーンは「棚からぼた餅」状態で
書いているうちにすいっと出てきた。

読み合わせ後、鶴田真由さんが
「抽象度がアップしたね。」って言ってたな。
こんなに言葉遊びにこだわるのって、初めて。
そういう意味でも、野田秀樹氏を心から尊敬します。。。

言葉遊びといえば、和歌。
和歌は、まさに言葉遊びが洗練された形式でもある。
奈良時代にタイムスリップして、恋歌のやりとりをしたくなった。
るるる~。


オレはやるぜ


3/14(木)くもり~はれ

図書館で『花音-カノン-』台本の推敲作業中。

隣のお兄さんのキーボードを打つ音が大きくて気になるよ。。。
ちなみに、おいらは「蝶のように軽やかに」を心がけている。


サッカー日本代表のヨルダン戦に招集された23人が発表された。
3/26(火)@ヨルダン
http://samuraiblue.jp/newscenter/press_release/news_000545.html

怪我で主力の本田選手と長友選手が未招集。
本田選手の代わりに香川選手がトップ下に入るのか、
それとも中村選手か。
ザッケローニ監督も思案中だとか。
長友選手の左サイドバックを、ベテランの駒野選手が務めるのか、
伸び盛りの酒井高徳選手が駆け上がるのか。

四ヶ月ぶりに招集を受けた宮市選手は
怪我明けの復帰戦でタックルを受け、再び足首を負傷。
今季の復帰が危ぶまれている。
(悔しかろう。。。)

若手では大津選手が二回目の代表入り。
前回のラトビア戦(親善試合)で
初参加で途中出場したラッキーボーイ。

これで勝てば、ワールドカップ本戦出場が決まる!
とはいえ、中東アウェーでの試合は何が起こるか分からない。

前の週の3/22(金)にカタールでカナダ代表と親善試合が行われる。
そこでザッケローニ監督が何を試すのか、注目しているわ。


漫画『動物のお医者さん』のあるシーンをふと思い出した。
犬ぞりレースの開始前、リーダーのシーザーがいつも呟いている台詞。

「オレはやるぜ オレはやるぜ」

http://www.bing.com/images/search?q=動物のお医者さん%E3%80%80犬ぞりレース%E3%80%80オレはやるぜ&FORM=HDRSC2#

(画像をクリックすると大きくなるよ)

団体競技っておもしろいな。。。
(演劇も。)


土地勘


3/13(水)くもり~雨

すごい風なので、外出するのをやめた。

『花音-カノン-』公演のプレスリリースを作成中。
で、開演時間について、おいらの考えを皆に伝えた。

土曜の公演開始時間を19:30から19:00に早めること。

実は先週、浄智寺に携帯電話を忘れてしまい
夜に取りに行ってきたの。
道は人影ゼロ。
辺りは真っ暗で、お寺の曲がり角が分からない。
階段も上れず、道路の方から遠回り。
そして、こ、怖かった。。。

土地勘のない人が、日没後に初めて来たら
迷う、危ない、景色が楽しめないってことになる。

日の入りは19時前。
まだ辺りが明るいうちにお寺に着いて、境内を楽しんで
観劇後、夜の帳の中を帰ってゆくのがいいよ。

で、開演時間を早めることになった。
携帯電話、忘れてよかったな。。。


ブラジリア


3/12(火)はれ

高知から文旦と生椎茸が届いた。
ありがとうございます!

午後、美容室へ。
髪を切って、ヘナ染めをしてもらった。
担当のお兄さんが、七月のサッカー観戦チケット、
マンチェスターUと横浜マリノス戦をゲットしたそうな。
いいな~。

こちらは、20年弱前に知り合ったブラジル人女性と
Facebookでつながったことを報告。
来年、サッカーのワールドカップ観戦に行きたい旨を伝えると
「うちに泊まってけ」って。
開催都市は12カ所あるから、どこで日本代表戦があるのか
まだ分からないけどね。
夢をことばにしていると、開けてゆくのね。

地球の反対側に、行きたいよ。。。


終わりのない物語


3/11(月)快晴

たっぷり寝た~。

懐かしい人が夢に出てきた。
ポかリンで中心的な俳優だった彼女。
やさしい微笑みだった。
先日、故郷に帰ったと人づてに聞いていた。
次の扉を開けた彼女に、幸多い日々が訪れますように。

震災から丸二年が経った。
たくさんの人の命日であり、世界中で誰かが生まれた日でもある。
故郷に帰れない人々の思いを想像し、戯曲に託した。
自分に出来ることで「魂が落ち着く場所」を広げてゆこう。

美香さんちへ。
今日はボディトリートメントをしてもらいに。
がんばった自分へのご褒美。
白樺のオイルで整えてもらった。
ふは~~背が伸びた。

その後、香菜軒でカレー三昧。
ワイン好きの友人と談笑。
親のありがたさについてしみじみ話した。

この動画、ぜひ観てみてね。
ことばにならない、やわらかいつながりで巡ってゆく
終わりのない物語です。
http://www.facebook.com/photo.php?v=10151160952922820


春生まれ


3/10(日)はれ

春だね~。
電車で北鎌倉へ。
観光客でにぎわってる~。

浄智寺の門をくぐると、マスクの人たちがぞろりと立っていた。
あ。ルートカルチャーの面々だったあ。
(ルートカルチャーのサイトに
『花音-カノン-』公演の詳細が載ってます。)
http://www.rootculture.jp/

書院で打ち合わせ。
今回、キャンプファイアーというクラウドファンディングのシステムで
公演資金を援助してもらうことになっていて。
WEBに載せる映像の撮影をしたり。
http://camp-fire.jp/

チラシデザインの近藤氏が、書院の空間をおもしろがっている。
でしょでしょ。

真由さん、やわらかくて凛としてて。
美しいな。。。

舞台と客席の配置を決めたり。
台本の読み合わせをしたり。
読んだら33分。
上演したら、60分弱の予定。

近くのカフェ「ミンカ」でお茶。
今日は幸太郎さんの誕生日!
生まれて来たことを皆で喜べる日。

近藤氏のチラシデザイン案をいくつか見せていただいた。
10パターン以上あったよ!

いよいよ、五月の公演に向けて、動き出す。
三月、四月は週一回の稽古で
公演直前の一週間ベタ稽古で仕上げる予定。

まずは、今日を迎えられてよかった。。。


推敲中


3/9(土)はれ

あ。
JALのマイルが一万マイル貯まったんだ。
キャンペーン期間中にうまくハマれば
ビュン!とどこかに飛べるじゃないか!
北海道に行くか、韓国に行くか。。。

花粉が飛んでいるね。。。
黄砂と混ざってるんだってね。。。

カフェで『花音-カノン-』台本の推敲中。
お供は珈琲とシュークリーム。
昨日、一応脱稿したけど、このバランス、どうなんだろ。。。

睡魔が襲ってくるよ。。。
だんだん辺りが暗くなってきた。

韓国語が飛び交っている。
「イロッケ」「オットケ」とか、気持ちいいな。。。

明日の午後、北鎌倉の浄智寺に集合!
がんばれ自分!


夫婦喧嘩


3/8(金)はれ

なんか、暖かいというより、暑いよ。。。

今日も図書館へ。
隣のおじさんのいびきがうるさいよ。。。
(おじさんは「原発事故の真相」という本を読んでいる。)

図書館の地下に「PRONTO」と「まい泉」の
合体したレストランがある。
そこでヒレカツ重を食べて、さらに台本執筆を進めていたところ。。。

お会計も終わって、後はお客さんが帰るだけの静かなフロア。
近くの席の老夫婦が喧嘩を始めた。
始めは妻が一方的に話していて、最後は二人で怒鳴り合い。

お店のスタッフは無視。
あまりにもうるさいので、声をかけた。

「声、大きいですよ。」

夫婦は、ハッとして声を落としたけど、すぐにバトル再燃。
もめながら席を立って行った。

「分かって欲しい」ってエネルギーの声をずっと聞いているのは辛い。
なので、そこから得られることがあるか、考えた。

おいらはお客さんにいろいろ想像してもらえるような本を書くよ。


田分け


3/7(木)はれ

暖かいにゃ。。。
メガネとマスクと帽子で、怪しい人になっている。
ゴールデンウィーク終わるまでね。
この時期に台本書くのは、辛いっす。。。

午後、図書館へ。
『花音-カノン-』台本、四分の三まで書いて、悶々としている最中。
やっぱり眠くなる。。。

でも、気分転換でネットサーフィンできるから、大丈夫。

「たわけ!」の響きが妙に気に入って、台本に組み込むか思案中。
語源がおもしろい。。。
http://gogen-allguide.com/ta/tawakemono.html

あ。
WiMAXのルータの電池切れ。
しょぼん。。。


VOYAGER


3/6(水)はれ

フジファブリックのニューアルバム、届いた~。
http://www.fujifabric.com/special/voyager/

寝ぼけた頭で聴く。。。
ええやんか。

五月のライブ、行きたいけど、二人芝居とドンかぶり。
追加公演を期待しているよ。。。


午後。
地下カフェの隅っこの席で、台本を書いている。
お供は、ジンジャーハニーティーと、紅茶味のラスク。

『花音-カノン-』台本は、折り返し地点に入っている。
ラストは見えていない。
少しずつ進む。。。

地下のお店で困ったこと。
WiMAXの電波、入らない。
気分転換でネットサーフィンできないのは辛い。。。

(ちなみに、鎌倉も入らない!)

鎌倉時間2


3/5(火)はれ

稲村ヶ崎の墨屋さんちの二階で目覚める。
窓から凪いだ海を眺める。
なんてなんて幸せな時間。

海岸を歩いて稲村ヶ崎温泉へ。
つるっつるになってから浄智寺へ。

春が~春がやってきた~。

台本は進んでいるようでそうでもなくて。
ちびりちびりと。。。

感じること。
いろんな人に親切にしていただく。
その人と、その人の奥にある、大きな泉のようなものに
感謝の気持ちを伝えている、そういう感覚で鎌倉に居る。


鎌倉時間1


3/4(月)くもり

梅の花が一気に開いてきたね。。。
いい香り~。

今日から二日間、北鎌倉の浄智寺で『花音-カノン-』台本書きます。
公演会場で台本書くって、なんて幸せなことなんざんしょ。
ルートカルチャーのメンバー、墨屋夫妻の家に泊めてもらいます。
海の見えるお部屋で寝ます。

鎌倉時間の中で、言霊をつなぐ作業。
午後の日差しの中、地中の水脈を感じつつ。。。

お尻に火がついてるので、この辺で。


領域


3/3(日)くもり~小雨~くもり

午後、電車で神楽坂へ。
赤城神社内のホールで、ポかリンメンバーの中島美紀が
新内の発表会に出演している。

声が太くなっていた。
生命力たっぷりの音色。
この先、ふっと身を任せる領域に入って行くんだろうな。
これからが楽しみ。

中島は進行のアナウンスもしているので
面会はせず、会場を後にした。
境内でおしゃれ小物の露店がいっぱい出てる。
ミクロコスモスをしばし堪能。

参拝してから街をぶらり。
お化け大学校のギャラリーとカフェとな?
http://www.facebook.com/yasu.myojin?ref=tn_tnmn

入ってみた。
落ち着く~~~。

地下なんだけど、地上の景色と光りに包まれている。
天上も高いし、べらべら喋りたい人たちがいない。
考え事をするのにいい場所だ。

ギャラリーでは、妖怪の出そうな場所の写真が展示されている。
見えないものを大事にする人たちって、足音がしない。。。

山下昇平氏(イラスト造形舞台美術係:自称)に遭遇!
久しぶりの再会。うれしいな~。

つながっていく。
その流れの中に、いる。


花の音


3/2(土)くもり

Jリーグ、開幕だね。

午後、電車で富士見台駅へ。
友人の美香さんちでゆったり。

「淋しさ」について話した。
人は誰もが淋しさを抱えて生きている。
おいらの中にもある。

淋しさと意固地がタッグを組んでいる人について話した。
笑顔がないし、ギスギスの状態。
周りの人の声も、聞こえない。

春は、光とぬくもりが包んでくれる季節。
心身がゆるんでくる季節。
ゆるむと、笑顔になるんだよね。。。

ポかリン記憶部の佳奈子ちゃんも合流して、美香さん夫妻と香菜軒で夕食。
佳奈子ちゃんは、先日のリーディング公演観に来てくれた。
ありがとう。
そこから、深い深い話をいっぱいした。

そして「秘すれば花」というキーワードを得た。
戯曲『花音-カノン-』がどんな花を咲かせるのか、一歩ずつ見えてきたよ。


3/1(金)くもり~雨

弥生三月~。

友人が貸してくれた、あるミュージシャンのDVDを観ている。
彼がインタビューで話している「言霊」の中に
ひっかかるところが沢山あった。

いろんな感覚を水に例えて話している。

いい時期に観たな。。。
このまま進んでいいんだなって再認識したよ。

雨の音っていいな。
やさしい気持ちに包まれる。

ふにふに


2/28(木)はれ

二月が終わる。
リーディング公演の疲れがとれないよ。。。
切り替えするために、岩盤浴へ行くことにした。

お気に入りのさやの湯処へ。
http://www.sayanoyudokoro.co.jp/

まずは露天風呂。
かけ流しの温泉で、めっちゃしょっぱい。

ミストサウナで塩を擦り込んで禊ぎをば。

岩盤浴でたっぷり汗をかいて、身体をゆるめた。

広間で日本庭園を眺めながら、足を投げ出す。
みんな、やわらかい話し声。
は~~~来てよかった~。

あ。
友人の松本典子さんがおいらを発見してくれた。
この温泉を教えてくれた張本人に逢えてうれしい~。

リーディング公演の感想を聞きつつ
鎌倉公演へシフトしてゆくよい日になったよ。


プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。