沸点


4/29(日)はれ

シャワーを浴びて、目を覚ます。
は~~。五台山に登りたい。


>ひろ君、コメントありがとう。
 脳内旅行、ワクワクしました。
 再会を楽しみにしています。


午前の講座「母音を骨に響かせる」を始める。
う~んと、
今日は周りが見えてない&人の話を聞けてない人が七割を占めている。

ぽろぽろと遅れてくる人を待ちながら作業を進める。
昨日は一コマ三時間あったので、ゆったりできたけど
今日は二時間。
繊細な作業なので、ややSのエネルギーで緊張感をもって進行。

座骨、肩甲骨、仙骨に声を響かせてゆく。

一時間遅れて来た人を合流させるか、一瞬考えたけどOKした。
(高知県人、ゆるいからね。。。)

最終的には、大きな声を出さなくても
体内に声を響かせられることを全員が体感できた。
笑顔で変化の歓びを語る人々。
は~~、よかったよかった。


昼食後、着物に着替えたら、他の講座を見学。
熱気ムンムンやねえ。。。


夜の講座「和事のすすめ」開始。
帯を締めて、腰幅の感覚を体感。
体内浮遊力を使えるようになってゆく人々。
二週間後に着物芝居を控えている人たちがいて
細かい質問が出た。

発表会では『野田版 夏の世の夢』三十分バージョンを高都氏が演出。
『ロミオとジュリエット』の朗読
(中高生女子三十人)を高杉氏が演出。
どちらも大きなうねりの見える作品だった。

閉会式は、講師を勤めた演出家たちのトークが展開。
参加した方々の質問や感想も次々と出た。
いろんな環境の中、演劇に飛び込んで来た人たちの想いが溢れ出して。
熱い三日間(おいらの担当は二日間)が終わった。


ホテルで洋服に着替えて打ち上げ会場「葉山」へ。
土佐料理を堪能しながら高知のスタッフさんや参加者の方々と談笑。
京都、兵庫から参加してくれている方々もいるのね~。
演劇大学開催を経て、四国の演劇人がつながり始めたのを実感する。

二次会では
マンドリンをもっていた参加者の方にお願いして演奏&合唱。
(明日から足摺岬でポロポロ弾くんだって~)
店を出てもなかなか歩き出そうとしない人たち。
来年も開催される模様。
この出逢いは、さらに発展してゆく予感。。。

燃え尽きたから、寝る。


スポンサーサイト

再会

4/28(土)はれ

高知の紫外線はヒリヒリ刺さる。
ホテルからてくてくとかるぽーとへ。
http://www.bunkaplaza.or.jp/

大ホールで開会式。
演出者協会が各地で開催している演劇大学。
去年高知で開催したとき好評で
今年も参加してくれてる人が多いみたい。

協会の高知支部のかず君(高校の後輩)が補佐なので安心。
午前の講座「身体の軸を育てる」をゆるゆる始める。
香川、愛媛から来てくれてる人もいて。

何度もみんなの手に触れて、体温の変化を確認する。
発散型の女性の「型」になっていた笑顔がふわっとゆるんで
ナチュラルになった。
16歳の少年の背筋がすっと伸びた。
高校を卒業したばかりのひろ君も参加してくれた。
(彼は二年連続「夏の高校演劇ワークショップ」に
 参加して、頭角を現してきたコ)

みんなのことが愛しい。

控え室で、ひろ君と昼ご飯食べつつ近況を話した。
深い瞳に吸い込まれそうになった。

夕方の講座まで時間があるので、他の講座をはしごして見学。
めっちゃ刺激受けたよ。。。

ガレリアで16歳の少年を発見。
話しかけると、演劇大学のチラシにいっぱい○をつけてある。
「どれ受けるか、悩んだんですよ。。。」
明日は、おいらの講座を二つ受講する予定だそうな。
ありがとう。


夜の講座「演技者としての身体」を始める。
しなやかに動くには、自己主張から離れて
その場で起こるエネルギーに乗るのが近道。
視覚に頼る習慣から
他の感覚もまんべんなく使うようシフトしてゆく。

高校生たちは頭がやわらかいので、シフトがスムース。
「こういうものだ」と決めてしまっていることに気づく大人たち。
眉間にしわを寄せて、足音をたてて歩いていた男子が大変身。
今まで、演技がぎこちないと言われてきた彼。
今後が楽しみだ。

飲み会は、地元の若い演出家の方々も参加してわいわいと。
愛媛から来てくれてる三人の演出家の中に
おいらが書いた市民劇『くもりなき』に出演した女性もいて。
うれしいな~。
今日はいろんな再会を味わえた。

高知のスタッフさんが、二次会に誘ってくれたけど
明日のために寝る。


雲の上 


4/27(金)雨

美容院へ行って髪を切った。
軽くなった~。
その足で空港へ。

ゴールデンウィーク前だから混雑してるよ。
飛行機、好きだ。。。

雲の上を飛んでゆく。
上空で、星以外の光を発見。
別の飛行機が東へ向かっている。
おいらは西へ。

雨の東京から、星空の高知へ到着。

お迎えの車でホテルへ。
近道はおもいっきり田んぼの中。
カエルの大合唱に心ざわざわ。

一日目のワークショップが終わり、飲み会から参加。
演出者協会の先生方、高知のスタッフの方々と談笑。
みんな、冷酒ガンガン飲んでる。。。
おいらは控えめに。

明日は初めて会う人と、命のやりとりするからね。
早く寝ましょ。


さんさき坂にて


4/26(木)くもり~雨

夜はちょっと冷えるね。雨降ってきたし。

さんさき坂カフェへ。
店主の孝子さんに挨拶。

そして、乃池寿司へ。
丁度、頭領の野池さんが外出するところだった。
(楽日に観に来て下さった)
挨拶して、背中を見送る。

制作のあずみちゃんと穴子寿司を堪能。
命、いただいているのを実感。
お客さんも、みんな笑顔。

『宙の色』公演の色々を振り返った。
受付からいい流れ、つくれたな。

さんさき坂カフェでデザートタイム。
うご!
徳島にいるはずの吉田絵美さん(MIYOSHI CITY 地域おこし協力隊)がいる!
友の結婚式出席&一箱古本市出店のためだって。
http://d.hatena.ne.jp/shinobazukun/

ほんとは公演を一箱古本市の週に合わせたかったんだけど
高知での仕事が入ってしまったからね。
それでも今日、会えた。

吉田さんが
「好きなことやっていると、こうやって会えるのかな。」
って微笑んだ。

あずみちゃんが「日本舞踊を習いたい」とのことで
大学時代の先輩を紹介。
日舞も洋舞も踊れるから、頭が柔らかいお方。
さっそく電話して、会う段取りをつけた。
うれしいな。

おいらも歌舞伎のこと、勉強せねば。
っていうか、荷造り、せねば。



髪伸びて時を知る


4/25(水)くもり

WEBにアップするための舞台写真をピックアップ中。
にやにやしちゃうな。

小雨が降ってきた。
満開の桜草、そこだけ晴れてるみたい。

身体をいたわる週間のため、接骨院へ。
先生が公演を観に来てくれたので、お礼を言った。

「こちらこそありがとう。観に行ってよかったよ。」

うれしいな。
ドイツ語で「ありがとう」は「ダンケシェン」。

先生は、ドイツ人俳優のスラさんが外から覗いているのを
通りすがりの人と勘違いして、入ってきたらどうしよう~
と、ヒヤヒヤだったのだそうな。

今回、観に来て下さった方々がとっても満足しているのを
この肌で感じた。

おそらく、幸せは手のひらで包めるくらいの大きさで
(器を両手で持ったくらいの)
小西良さんの器が、目に見えて、触れられる形でそれを示してくれた。

小西さんとの出逢いに感謝。

そういえば公演中、小西さんは「髪、切る時間なくて」って
髪を後ろにまとめていた。
おいらもそろそろ髪、切りたいな。


忘れないで


4/24(火)くもり

葉桜を見上げながら自転車を走らせる。
南の島でゆっくりしたいな。。。

友人の美香さん宅で、のんびり。
先日の『宙の色』公演で、夫婦茶碗を購入してくれた。
さっそく使っているそうな。

流れでDVDを一緒に鑑賞。
『リメンバー・ミー』
http://www.cinemacafe.net/official/rememberme/index.html

主人公はもちろん、どの年代の人物も、それぞれが成長をとげてゆく。
人は変わることができる。
いい映画だった。

香菜軒でエビカレーをいただく。
うまうま~。
美香さん夫婦も合流。
店主の三浦さん夫妻の息子の大学生活 in 京都話を聴く。
縁によって、人はつながっているのね。。。

雨が降ってきたので、ビニール傘をいただいた。
ありがとうございます。

岩盤浴へ。
さっきの映画のシーンが浮かんできて涙がにじむ。
命について、しみじみと想いを巡らせる。

雨は止んでいた。


日記再開

4/23(月)小雨

は~~~いっぱい寝ました。

『宙の色』公演、無事終了しました。
小公演では、私が音響・照明の操作もするので緊張の連続。
終わってホッとしました。

ご来場、ありがとうございました。
支えて下さった方々、見守って下さった方々
ありがとうございました。

ギャラリーに陶芸作家・小西良さんの器やオブジェが並び
ガラス窓の外を行き交う人々を背景に、物語は展開しました。

一番心配だったのは、雨。
雨が降ると、俳優の出入りの際、傘を畳んだりで
上演時間が延びますねん。
雨、降りましたが、公演中は止んでいたので
自転車で登場するシーンを全回実施することができました。

夜公演と昼公演では雰囲気が全く違いましたが
俳優たちの織り上げた物語は
お客様ひとりひとりの物語へとつながっていったようです。

小西さんの器、好評であちこちに旅立ってゆきました。
友人夫婦がお茶碗をペアで買ってくれたり。
みなさんが瞳をキラキラさせて器を愛でて下さる姿
うれしかったです。

お茶会、好評でした。
女優の桜井昭子さんがお茶を点て
小西さんの器でゆったり楽しんでいただきました。

知人がお茶会に参加し、語ってくれたエピソード。
はじめは、自分用にマグカップを買うつもりだったのが
お茶会で茶碗を手にしてみて、気持ちが変わったとのこと。
母の日に、茶碗を贈ることにしたんだって。
震災で家が流されため、茶道具も無くなってしまった母に。

小西さんの器が、岩手へと旅立ってゆく。。。
息子さんの気持ちを形にして。

小西さんの器は、誰かの人生にそっと寄り添ってゆくのね。

自分は、ことばにできないことを体現したくて演劇をしている。
それを再認識する公演でした。

公演中の様子はこちらからどうぞ。
舞台写真はもう少しお待ち下さいませ。

http://pocarine.blog17.fc2.com/




お休みします


4/7(土)はれ

今日は稽古休み。
なのでお昼寝たっぷり。

桜並木を散歩したいと思いつつ、家でゴロゴロ。
花よりゴロゴロ。

好きな音楽を聴いて、脳みそトロ~ン。

やっとやる気になってきたので、これから台本の手直し。
それが終わったら、近くの公園で月光浴しようかな。


明日から終日稽古。
怒濤の一週間です。
日記を書く時間を『宙の色』公演の中身に使いたいので
またしばらくお休みさせていただきます。

公演終わった4/23以降に再開します。
それまではtwitterでつぶやきます。
チェックよろしゅう。
http://twitter.com/aoni_yoshi


稽古場日誌、毎日更新しています。
そちらもお楽しみ下さい。
http://pocarine.blog17.fc2.com/


そうそう。
携帯電話の待ち受け画面を『宙の色』写真にするのが流行ってます。
http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=24462


チケット予約はこちらから。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=t0b7uly2yfjdrrjo


それでは、ギャラリーKINGYOでお待ちしてま~す。
忘れられない体験をお約束します。

バースディ


4/6(金)はれ
 
世の中、お花見モードだな。
 
桜の花が、椿のように形を留めてそのまま落ちているのは
小鳥が蜜を吸う時に、茎を千切るからなんだって。
桜は茎が長くて下向きに咲くから
枝に停まっている小鳥からすれば、技を使う必要があるのね。
 
稽古場へ。
今日は日下部の誕生日なので、ケーキを買ってっと。
この作業、ワクワクします。
 
友人の石川直子さんが遊びにきてくれた。
毎年娘さんと公演観に来てくれますねん。
さしいれの箱にみんな注目!
食いしん坊が揃ってます。
 
休み時間に灯りを消して、日下部の誕生日を祝う。
やや照れつつ、撮影会に応じる彼。
彼が19歳のときから共に作品を創ってきたので、感慨深い。
いろいろあったし、お互い成長したなって思う。
 
そして、誕生日って周りのみんなが楽しくなる日でもある。
ケーキ食べれるし。
 
直子さんの差し入れは、チョコエクレア。
おいしかった~。
ありがとうございました。

稽古は、ラストシーンを中心に。
今日のさとちんは不思議スイッチが入っているので
肝心なシーンでもおもしろい人になってしまう。
そんな時は、別の日にやることにしている。
すると、するっといい処に収まったりする。
 
オーナーの存在をもっと濃くするための提案が出た。
ふむふむ。いいね。
明日は稽古休みだから、書き足してみよう。
 
日下部の誕生日なので、稽古が終わると呑みへ。
煙草チーム(日下部、髭さん、スラさん)は日本語半分、英語半分。
うちらは食い気。
お酒の呑めないさとちんと直子さんも、ちょっとアルコールを摂取。
夜は更けてゆくのでした。。。


生放送!


4/5(木)はれ

まだ風が強いね。

今日もラストシーンに手を加えてっと。

電車の中で、少女がビニール袋を大事そうに両手に乗せている。
中身は桜の花がほわほわと詰まっている。
少女はおばあちゃんと終始笑顔で話している。

桜の季節、みんな心に色がつくね。

稽古場へ。
今日は稽古後にワークショップの仕事があるので
身体をほぐす時間を削って、シーン稽古から始めた。

日下部そうと笠井里美嬢(さとちん)のシーンをじっくりやります。
さとちんはコケティッシュな魅力あふれる女優さん。
今回はエレガントさに挑戦しているので、いつもよりパワー抑えめ。
それが彼女のエネルギーの低下にも関わっているみたい。
なので、今日は奔放にアホやってもらうことにした。

生き生きと物語が動き出した。

ラストシーンは、もろもろの段取りが大変。
あーだこーだ言いながら、すっきり収まる流れをつくった。
ほっ。

おいらは一足先に稽古場を出た。
WALLOPというスマフォ向け放送局に出演のため。
「今夜もDAISUKI!!~ワークショップの時間だよ~」
司会は田辺茂範氏。
http://www.wallop.tv/listen/program/pg20120114.html

毎週放送するとのこと。
チェックしてみてね。

22時からの45分番組、生放送なり。
電車が遅れてちょっと遅刻。
松尾マリヲ氏が駅まで迎えに来てくれた。
ありがとうございます。

レギュラー出演の俳優さんたちと早速動いてみた。
ポかメソッドのエクササイズの指標は
「目指せ!ムーミン谷のニョロニョロ!」
です。

俳優さんたちは、以下の方々。
松尾マリヲ氏 高木珠里嬢 森田ガンツ氏 清水俊樹氏

みなさん、しなやか~。
マリオ氏はポかリン公演に出演したことあるから、すいすいできる。
番組としては、もっと不器用だとおもしろかったかも。
あっという間に終了。

珠里嬢の可憐さにキュン!
そして、ガンツ氏の朴訥な魅力に感動。
彼のことがもっと知りたい。。。

田辺氏が進行を振り返り、次回への改善点をピックアップ。
リハーサルなしの生放送、第一回目が終わった。

は~~~。
肩の荷が下りたぜ。

懐かしい方々との再会。
ステキだなと思ってた人と間近に話せる歓び。

時間も遅いし、呑みに行ったらタクシーで帰宅だな。。。
と覚悟してたら、呑まない人たちだった。

うれしいような、そうでないような。


器の魅力

4/4(水)快晴

桜が一気に咲き始めたよ。

電車の中で台本の手直しをしていたら、降りる駅を間違えた。
一応、最後まで手を入れた。
やったね!

昭子さんが器の写真集『現代の茶』をもってきてくれた。
みんなかぶりつき。
そして、いちいち感嘆の声をもらす。
宇宙を感じたり、エロスを感じたり。
すすすすすす素晴らしいですね。
(借りて帰ることにした)

すっかりみんな器の魅力にハマってる。
うれしいな。

中島のいるシーンを中心に進める。
役の出入りの仕方をコロコロ変えているので
俳優さんたちもそれを忘れていて
「あれ、どうだっけ?」
と思い出しつつ。

今日、付け足したセリフの部分を試す。
うん。しっくりきた。

制作のあずみちゃんが到着。
桟敷席で観劇。
「かなりいい席ですね。」
と犬目線の世界を楽しんでくれた。

稽古の後、あずみちゃんと受付周りの打ち合わせ。
今回、小西良さんの器を販売するので
その場所やら、もろもろの確認をば。

公演初日、晴れますように。。。
(おいらは雨女。)



雨にも風にも


4/3(火)強風~雨

ポかリンメンバーの日下部のメールで目覚める。

「天気大荒れで電車が止まるかもしれません。
 状況によったら、稽古を休みにすることも考えねばなりませんね。」

とな。
う~~ん。稽古したいな。
日下部、さとちんの二人のところだけでもしたい。
様子をみてみよう。

傘は持たずに、ポンチョを用意して外出。
友人の美香さんちへ。

「昨日から気圧がおかしいから、かなり大きいのが来そうね。
 地下鉄以外の電車は止まるから、稽古は休みにした方がいい。」

動物的な勘の鋭い美香さんのアドバイス。
休みにしようっと。
台本の手直しできるし。

嵐の前の静けさの中、稽古場の進み具合や、春の花の力を語り合い。
身体の中の水分は、二週間で完全に入れ替わるんだって。
新月~満月~新月のサイクルと同じね。
生まれ変わる心地がするわ。


その後、岩盤浴でほへ~~ん。
汗が吹き出る直前に、全身がしっとり銀色に輝く瞬間があって。
そのとき、おいらは小さな動物になって
銀色の野原を駆け巡るような心地になるのです。
自分の身体は、大地になっていて。


デパートでキラキラするものを眺めて気分転換。
(高知県人は台風の前とか、テンション上がるのよね。)


電車に乗り、駅からはポンチョを着て無事帰宅。

やっぱり家は落ち着くね。
雨の音が大きくなってきた。

これからラストシーンの手直し行きます!(アムロ風に)



工房一粒


4/2(月)はれ

暖かいな。。。
桜並木を見上げながら日暮里の生地街へ。

『宙の色』公演の器展示で使う備品の下見。
時間があれば、ゆっくり回りたくなるね。

電車に乗っている人の服装が春だ。

下北沢の工房一粒へ。
陶芸作家の小西良さんのお店。
作家役を務めるさとちんは先に到着。
変更した台本のチェックをしていただく。
展示する陶器の数や配置を再確認。

小西さん、キラキラしてる。
彼女の潔いコメントに痺れます。

さとちん、懸命に陶器を磨く磨く。
そのひたむきな姿にキュン。
楽しいひとときでした。

稽古場へ。
さとちんが撮ってきた器の写真をみんなで見る。
稽古中に謎だったことも、さとちんの説明で解決しました。

昭子さんの存在がぐっと出る瞬間が今日も生まれました。
ギャラリーのオーナーなので、若者を見守るのが大事な役目。
さりげない見守りは、本人が知らないところで起きてます。

日下部のエロ話にさらっと乗るさとちん。
いいコンビ。

帰りの電車内で、ドブネズミが出現!
すごい勢いで走ってきて、おいらの傍でUターン!
車内騒然!
ドブネズミのその後やいかに。。。
そして、車両の人たちに一体感が生まれている。

過去、車内に迷い込んで来た蝶やバッタのことを想い出しつつ。
春だね。。。


エイプリル


4/1(日)はれ

四月だよ!新学期、新年度だよ!
眠いよ。。。

水晶文旦が届いた。
南国高知の恵みに感謝。

桜の花が開き始めた。少しね。
重そうな蕾。

今日は昼夜稽古。
昼は少人数で稽古。

演出助手の風君、川ちゃんの出演シーンをやってみる。
風君の押しの強さを、重心のバランスを変えることで中和。
内なる情熱が見え隠れするようになった。

川ちゃんはエナジーの元が見えにくい。
次回、じっくりやってみよう。

日下部、さとちんのシーンをやってみる。
まずは、変更した台詞の読み合わせ。
そして、つじつまの合ってない部分を修正。
空間を大きく使って、スムーズに動けるようになった。

夕食休憩。
近くにある話題のラーメン屋へ。
満席。こってりやな。
そして、お店のお兄さん三人の目がエロい。
「ありがとうございました」とお客さんを見つめる時間が濃い。
こりゃ繁盛するわ。

夜稽古開始。
前半に、新しい役を登場させることに。
風君と川ちゃんの役はWキャストなので
ひとりが出演してないときに、新しい役をやることになった。
それによって、夫婦の登場に奥行きが出た。

他のシーンもひっかかりをほぐしつつ、密度を上げてゆく。

長い一日だったな。

「呑みに行く」と俳優陣。
呑み助が揃ってるからな。。。
おいらは家に帰ります。


寝だめ


3/31(土)くもり~雨~くもり

今日は稽古休み。
遠方の知人と映画を観に行く予定だったけど
強風のため、外出をあきらめたとのこと。

知人と会う前に岩盤浴の予約をしていたけど
キャンセルして寝だめをすることにした。
久しぶり~。
く~っと深い眠りに突入。
この辺りで起きようと思って目覚ましをかけていたけど、それもぶっちぎって。

脳みそは創作に向けて動いていても、身体は正直。
眠いのは「寝なさいよ」のサイン。
病気や怪我は「休みなさいよ」のサイン。

自分を正当化したところで、台本の手直しを始めるなりよ。

明日からは四月。
そして、公演の月。
一期一会の歓びに向かって進むべし。




プロフィール

myojin-yasu

Author:myojin-yasu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード